姉が17歳の女子高生の頃に「付き合って欲しい」とリアルに告白された弟


今から10年以上前

姉が17歳の女子高生で
俺が15歳の時のプチ近親相姦体験です

ある時、姉がなんかレンタルビデオを借りてきた。

ビデオ屋から帰ってくるなり、
俺の部屋に入ってきてこれ一緒にみようと
無理矢理ビデオデッキにセット。

当時ウチにはビデオが
俺の部屋かリビングしかなかった。

「リビングで見ろよ!」

といったけど、

「お父さんがいるから」

と、とっとと上映会を始める姉。

なんだか詰まらん恋愛ものっぽくて
俺は興味をなくしてベットに寝そべって
漫画を読み出したんだけど、
いつの間にか姉も横に寝そべっていて、
ビデオを見ていた。

ふと姉の横顔を見るとなんか
感動して泣いてる

そんで、映画も終わり、
エンドロールが流れてたときの会話。

本当はもっと長ったらしかったけど、こんな感じ。

「あー、いい話だった。」

「姉ちゃんさぁ、
こんなベタな恋愛ドラマで泣けるの?」

「恋愛経験の無い子供にゃわからんのよ」

「姉ちゃんだって彼氏とかいたことねーだろ?」

「好きな人はいるよ」

「片思い?」

「うん」

「ふーん」

「絶対実らない片思いだけど」

「はぁ?」

「まー、アレだ、そういうこと」

「なんで?とりあえず告白しゃえばいいじゃん」

「そー簡単にはいかんのだよ」

「なんで?」

「うっさい」

「チキンが」

「大人の事情ってもんがあるんだよ。」

「よくわからん。」

「だからこういう恋愛映画は好き」

「ふーん」

「決して結ばれないもの同士が
心を惹かれあう系なやつね。」

「でもこれは所詮映画でしょう。」

「何がよ?」

「姉ちゃんはちゃんと好きな人には
告るだけ告っちゃえるじゃん」

「だから・・・」

「あたって砕けろっていうじゃん。」

「それができたら苦労は」

「大丈夫だって、
姉ちゃん可愛い部類の顔してるから。」

「・・・」

「姉ちゃんに告られて振るやつなんていないよ。」

「・・・」

「大丈夫だって。」



「そうかな?」

「そうだよ」

「そっか」

「うん」

「・・・」

「がんばって。」

「じゃあさ。」

「何?」

「付き合ってよ。」

「ん?どこに?」

「そうじゃなくて。」

「何を?」

「あたしと付き合ってっての。」

「どこに?」

「だからー・・・」

「え?俺?」

「そうだよ」

「え?」

「姉ちゃんを振るやつなんていないって
言ったのはアンタなんだからね。」

「ええ、、え、」

「・・・」

「・・・」

「ほらみろ、やっぱひいてんじゃん。」

「あ、いやひいてないよ」

「だから無理だって言ったのに。」

「ごめんごめん、その、なんていうか。」

「嘘だよ、冗談。」

「え?」

「からかってみただけだよ。
そんなまじめに謝らなくて良いから。」

「冗談?」

「そうだよ、じゃあね。」

「あ、うん。」

そのままビデオテープを取り出し、自分の部屋に戻る姉。

しばらく姉とは気まずい関係が続いた。

その2年後くらいに姉の大学合格の記念に
家族旅行行くことになった。

旅館で両親がくつろいでいる間、
姉と二人っきりで付近を散策してて、
海が見渡せる絶景なところのベンチに並んで座った。

その時に何気に

「あのときに話は本当に冗談だったのか?」

という話題をした。

やっぱり冗談ではなく、
俺のことが好きらしくて、付き合ってもいいよと返事をした。

ベンチに座ったまま姉弟でキス。

なんかすごくお互い照れくさくなって、
姉がずっと俺にしがみついたままだった。
 
旅館に戻って両親に

「遅かったじゃないか」

といわれて、なんとか誤魔化した。

Hした話は省略するけど、
その後本当両親から家族構成についての真実を告げられ、
俺と姉は、それぞれ再婚の母と父の連れ子で、
血がつながっていないことが判明。

じゃあ、ってことでついでに
カミングアウトした。

まぁ法律上結婚できなくもないからいっか、
ってことで両親公認の恋人同士になっている