兄貴に抱かれた事を想像して自分でオナニーしたこともあったわよ…


妹も未亡人になってもう3年。

それが、先月訪ねてきた。

それは友人の子供の結婚式とかで

近くに来たので久しぶりに寄ったとのこと。

偶然、家の嫁も同窓会で

一晩泊まりで他県に出かけていて俺一人だった。

夕食を食べながら昔話や雑談してたら遅くなってしまい、

「どうする?帰るか?」と聞くと

「久しぶりだから泊まってもいいかな?」と言うので

「かまわないよ、明日、嫁が帰るまでいたら」答えると

「ううん、朝に帰るよ」

と言って上着を脱いで、楽な格好になって、また話を続けた。

話してるうちに夜も更けて

「おい!寝るならシャワーでも浴びれば」と妹に勧めた。

「そうね!それじゃそうしようかな」

と言って浴室に向かった。

シャワーの音を聞いてるうちに俺は、

昔のことを思い出していた。

すると俺の股間が固くなってきて

妹ととの関係が蘇り、俺も浴室に行き

「おい!一緒に入ってもいいか?」

と声をかけると

「いいけど」と言うので、

浴室のドアを開けたら妹の裸身が目に飛び込んできた。

もうオッパイは少し下がっていたが、

肌は、まだまだあの頃とさほど変わっていなかった。

妹も俺の股間が屹立してるのに気づいたらしく

「あら、まだ元気そうね、まだ使えるのかしら?」

といたずらっぽい目をして言ったから

「何なら、試してみるか?」

と誘ってみると思いもよらず

「いいわよ。試してあげる」

と答えが返ってきた。

それからは、もう男と女。

シャワーを浴びながら互の裸身を撫でまわし、

キスを繰り返し、

オッパイを揉み、男根をしごき、燃え上がった。

バックから挿入し激しく腰を打ち付けて、

ゆっくりと妹の女体を味わう余裕もなく一気に絶頂を迎えた。

浴室を出て身体にタオルを巻いて

リビングのソファーに並んで座り身体を冷ましながら

「どうだった?俺の男根の味は?お前も久しぶりの男根だろ?それともどこかで、他の男根でも味わったのか?」

と言うと

「そうね、それなりに」

との答えに俺は不思議と少し嫉妬感が芽生えた。

「いつ?どこの誰だよ?」と無気になって問詰めると

「あら?それってヤキモチかしら?それなら嬉しいわ」との答え。

さらに俺が問詰めようとすると

「嘘よ、あの人がいなくなってから、一度も他の男に抱かれたことなんか、無いわよ。だってどうしても男が欲しくなったら兄貴がいるからね。今までに、何度も抱かれたいと欲望があったのは、事実よ。そんな時は昔、兄貴に抱かれた事を想像して自分でオナニーしたこともあったわよ。だから今日は嬉しかった」



その話を聞きながら俺も昔を思い出し、

再び股間が元気になってきた。

「それじゃあ、今日は忘れられない体感を味あわせてやる。しばらくは身体がそれを忘れないくらいにね。」

そう言って妹をテーブルに座らせて

ヘアーバンドで目隠しをし、

両手首と両足首をそれぞれタオルで縛り、

テーブルに寝かせた妹の手足をそれぞれテーブルの脚に固定した。

始めは、嫌がっていたが、固定されてからは観念したようだ。

俺はゆっくりと手足を摩り撫で回してから

巻いてたタオルを開き胸と秘部を刺激した。

撫でたり揉んだりキスをしてると

妹は感じ始めて身体をクネらせる。

呼吸も荒くなり乳首は硬くしこり、

秘部は、愛液でヌルヌルと潤んできた。

「兄貴!早くちょうだい。」と声をあげる妹。

さらに俺は焦らして、体中を刺激、

妹は身体をくねらせ、喘いできた。

「もうダメ、早く、早く?・・・・頭の中が変になりそう・・ねえ・・は・や・く、欲しいよ・・アレちょうだい・・はやく・・ねえ・・アアーッツ・・もう・・アアーッツ」

十分に感じてきたので

「それじゃ、入れてやるぞ。しっかりと味わえよ」

といって男根を挿入。

妹の秘部はヌルヌルと潤み、

俺の男根を吸い込むように蠢いていた、

なかなか気持ち良い感触だった。

十分に秘壷の感触を味わいながら男根を根元まで挿入。

「アアーッツ・・イイーッツ・・」

と善がる妹を見てると俺の男根も最大に膨れ抜き差しを開始。

深く突き入れるたびに、

声をあげて善がる妹、自由が効かない。

妹は犯さるような感覚なのだろう、

昔と違う反応で答えてくれた。

結合したまま手足の固定を外してやると

妹は両手両足で俺にしがみついて悶えた。

俺も限界が近づいたので、

激しく腰を打ち付けて妹の絶頂と同時に男汁を妹の中に放出。

しばらく俺たちは繋がったままテーブルに。

それからソファーに移動。

全裸で抱き合って身体を横たえた。

「どうだった?気持ちよかったか?」

「うん、すごかった。あんなこと奥さんとしてるの?」

と聞くので

「いや、あんな激しいのは、したことが無いよ、お前だったからやれたのかもな」

「私もしばらく忘れられないけど兄貴も、また私の身体を欲しくなるかもよ?」

「そうかもな?じゃあ、今度また会えた時は、もっと激しくしてみよう」

そう言って抱き合ったまま眠り、

翌朝、もう一度激しく交じりあって妹は帰って行った。

今度いつ会えるか分からないが、

これからも妹との関係は、続けたいと思った。

タイトルとURLをコピーしました