友人が仕事に行ってる間に友人のお母さんと初体験


学時代からの友達のお母さんだったんだけど、俺がそいつと仲良くなった頃には離婚してたんだよね。当時まだ30代そこそこで小柄な人だったけど、結構美人で気さくなお母さんだった。俺が大学受かって地元離れる時もパーティー開いたりしてくれて、歳の離れたお姉さんみたいな感じだった。
で、4.5畳の狭い市営住宅に住んでいて、俺はしょっちゅうそいつの家に溜まってたんだが、彼女は昼間の勤めから帰ってくるとよく夕飯をご馳走してくれたりした。
で、そいつは地元の工場に就職して俺は東京の大学に進学したんだが、夏休みに帰省すると帰ったその日にお土産持ってそいつの家に遊びに行った。
友達の家に着くと彼女が出てきたが、そいつは留守だと言う。

そいつの勤めてる工場は三交代制で、夜勤のシフトに入ってるらしく、明け方に帰って来るらしかった。
俺はお土産を渡して帰ろうとしたが、「せっかく来たんだし、大学のお話も聞きたいから上がって」と引き留められた。

帰っても暇だった事もあり、お邪魔する事にした。
部屋に上がると、彼女はお茶を持って来てくれた。
しばらく居間で座ってテーブルを挟んで話し込んでたのだが、彼女は「暑いからちょっと着替えて来るわ」と言って席を立ち、隣の部屋に行って着替え始めた。

隣の部屋で彼女が着替えてる衣擦れの音が聞こえてきた。
「ゴメンね、待たせちゃって」
彼女は薄いピンクのタンクトップにショートパンツで現れた。
・・・目のやり場に困った。
何しろ足も露わでタンクトップの脇からはブラがちらっと見えるし。

当時童貞の俺にしてみりゃもう勃起モノの光景で、話もしどろもどろになりかけてしまう。
「向こうで彼女出来た?」不意に彼女が俺に訊いてきた。
「まだそんな相手いませんよ」と俺が返す。
ここで今までなら冗談話が弾むとこだったのだが、何故かそこで沈黙。

しばらくして彼女が口を開いた。
「じゃあ、あたしみたいおばさんでもこんな格好してると興奮しちゃうでしょ?」
「・・・しますよ、凄く・・・」
俺は予想外の質問に言葉も詰まりがちに返答した。
「・・・・抱きたい?あたしを」
彼女は俺に畳み掛けるように訊いた。
「・・・・・抱きたいです」
俺は半ば混乱していた。
何しろ普段オナニーのネタにしてた彼女からそんな言葉が出るなんて想像も付かなかったからだ。

夢を見てるようだと言うのは、こういう事なのだろうか。
また少しの沈黙の後不意に彼女は立ち上がった。
そして部屋の窓を閉め、玄関の鍵を掛けると居間に戻ってきた。
そして俺の横に座ると真っ直ぐに俺を見つめて言った。
「抱いて・・・」
次の瞬間俺は反射的に彼女を畳に組み敷いていた。

だが、彼女は目を逸らさず俺を下から見つめて微かに笑みを浮かべ優しい口調で言った。
「キスして・・・」俺は促されるまま唇を重ねた。
長い初めてのキス・・・。
「いいんですね?俺本気ですよ?」彼女は頷いた。
俺は熱に浮かされてるような気分だった。
現実感が沸かないまま彼女のタンクトップをたくし上げる。
薄いピンクのブラが剥き出しになった。
「待って・・・外すから」俺は内心救われたと思った。
何しろブラなんて外した事が無いのだから。

彼女が少し身体をよじるようにして背中のホックを外すと途端にブラが緩んだ。
俺は無言でブラを取り去った。
そこには小振りな彼女の乳房があり、小柄な彼女の身体は思ったよりも華奢だった。
俺は彼女の乳房に顔を埋め乳首を咥えた。

俺はエロ本で見たように咥えたり舌で彼女の乳首を転がしてみる。
しばらく続けていると、段々彼女の呼吸が乱れて来てるのに気付いた。
やがて彼女が息を吐く毎に切ないような、溜め息にも似た声が俺出した。

「・・・こっちも見せて」
俺はもう辛抱出来なかった。
彼女の一番感じる処を見たくてショートパンツに手を掛ける。
彼女が腰を浮かせて無言の同意を示した。
難なく脱がせると上と揃いではないが、ピンクのパンツが目に入った。
やはり最初に目が行く場所は決まってるが、その部分はもう彼女の愛液が染みてるのが一目で見てとれた。

俺は更にパンツも脱がせにかかる。
再び彼女が腰を浮かせてくれた。
足首からパンツを抜き取ったらもう彼女の身体を覆うものは何も無かった。
改めて見ると、彼女の身体は友達のお母さんと言うよりせいぜい上級生の女の子の様な雰囲気だった。

彼女はさすがに恥ずかしいらしく、両手で顔を覆って息を殺している。
俺はゆっくりと両手で彼女の脚に手を掛けて開いた。
初めてみる彼女のヴァギナ。
愛液で濡れそぼってる毛の間にぽってりと小陰唇が見える。
俺は彼女のヴァギナに触れてみた、とは言っても童貞の悲しさ、初めて触るのだからまず形や構造がよく理解しきれてない。

とりあえず指で開いてみるのだが、俺の知識では保健体育の断面図しか知らないのだ。
だが、更に拡げてみたところ膣が確認できた。
「乱暴にしないでね」彼女が恥ずかしそうに言った。
俺は取り合えず舐めてみる事にした。
舌を割れ目に沿わせ、ゆっくり上下に舐めてみる。
初めて味わう愛液の味は少し塩味っぽい不思議な味だった。

しばらく外側を舐めていたが、徐々に割れ目に舌を入れてみる事にした。
やがて俺は割れ目の一番外れの部分に突起を探り当てた。
初めてクリトリスを見つけた訳だ。
クリトリスが女性の性感帯だという事だけは知っていた俺は、そこを舌で執拗に舐め始めた。

俺がクリトリスを責め始めると彼女は明らかに反応し始めた。
「んっ・・・ん・・・」控えめだが彼女は声を漏らし始めた。
俺は注意深く舌の動きを調整しながら反応を観察した。
どうも舌で周りをねぶったり変化を付けたほうがいいらしい。
「はぁぁ・・・・・そこ・・・感じちゃう」
感極まったように彼女は上ずった声で俺に訴える。



「もっとされたいの?」俺が聞くと彼女は潤んだ目で頷いた。
再び俺は彼女のヴァギナを激しい舌遣いで責める。
「はぁぁぁ・・・欲しくなっちゃう・・」彼女は腰をもじもじと動かす。
「待って・・・」不意に彼女は俺を制止する。
「?」彼女は身体を起こした。
俺も上体を起こして彼女の前に座った。
「あなたも脱いで・・」
「うん、じゃあ・・」

俺は彼女に促され立ち上がるとTシャツを脱いだ。
彼女は目の前に立ってる俺のベルトを外し、張り詰めた股間を撫でる。
ズボンの上からとは言え、充分怒張してるのだから思わず腰が引けてしまう。
「脱いじゃおうね」彼女は俺のジーンズのボタンを外しファスナーを下ろした。
そして片足ずつズボンを脱がせてもらう。

「あぁ・・・凄いね・・・加藤君のこんなになってるんだぁ・・・」
感極まったように俺の張り詰めたトランクスを凝視しながら彼女は呟くように言った。
「見せて・・・あなたの・・」トランクスを下げられ上を向いて怒張してる俺のペニスが露わになる。
彼女は愛しむように俺のペニスを両手で包み込んだ。
「何て硬いの・・・凄い・・・」
感嘆にも似た口調で、溜め息混じりに彼女は俺のものを見つめながら言った。

彼女は愛おしそうに俺のペニスを見つめる。
そしてゆっくりと包皮を剥き亀頭を露出させた。
(俺仮性w)「・・・・・」無言のまま俺のペニスに顔を寄せる彼女。
そして亀頭にそっとキス。
俺は敏感な部分を無防備に彼女に任せる。

彼女は舌を出し、ゆっくりと先の割れ目をなぞる。
「うぁっ・・・」彼女がクスッと笑った。
「初めてだもんね、こういうコト・・・」そう言うと彼女の舌は再び俺のペニスにまとわりつく。
カリの裏側を丁寧になぞるように舌が這う。

執拗な舌技は予想を遥かに超えるもので、初めて経験するフェラチオに俺は身悶えしかる。
だが、彼女の舌は容赦なく俺のペニスを弄ぶように裏筋を責めたてる。
膝がガクガクする。
俺は言葉もなくただ喘ぐだけだった。

やがて不意に温かい感触・・・彼女は俺のペニスを口に含んでいた。
彼女は口の中で俺の亀頭を舐め回す。
信じられないくらいの快感。
彼女は俺のものを愛しむようにゆっくり首を動かしねぶり続ける。
だが俺は急激に限界を感じた。
「あ、待って・・!」そう言うのがやっとだった。

彼女の口から、俺はペニスを慌てて抜いた。
「イキそうになったの?」
「うん、出ちゃうとこだった・・・」
「ふふふ・・・出しても良かったのに」彼女は悪戯っぽく笑った。
予想外の彼女の答えに思わず照れが込み上げる。

「もう大丈夫だよ」俺は照れ隠しに彼女を抱き寄せた。
彼女を抱きすくめると、俺は照れ隠しにわざと少し荒っぽくキスをした。
「んん・・・くぅ・・・ん・・・」俺に抱き締められながら彼女が漏らす甘い声に切なくなるくらい愛おしさが込み上げてくる。

しばらくして唇を離すと彼女が囁いた。
「加藤君の・・・ちょうだい」俺は彼女をそっと畳に寝かせ、彼女は俺を受け入れる姿勢を整える。
俺はゆっくりと彼女の膝を両手で押し開いた。
彼女の潤んだヴァギナが僅かに開いて俺が入って来るのを待つ。
俺は腰をゆっくりと沈めながらペニスを彼女にあてがった。

彼女はそっと俺のペニスに手を添えて導く。
「来て・・・」彼女は俺を見つめる。
「・・・・・」俺は彼女の割れ目に向かって静かに差し入れてゆく。
亀頭が彼女の割れ目に呑み込まれ中へと入ってゆくのを俺は息を飲んで見つめた。
入り口で少し抵抗を感じたと思った瞬間、ぬるっと半分まで一気に入った。

「んん・・・んっ」彼女が思わず声を漏らす。
「入った・・・・」俺は続けて更に根元一杯まで一気に腰を落とす。
「んあっ!」彼女が仰け反った。
「え、痛かった?大丈夫?」あまりに鋭い反応に俺は思わず彼女の顔を覗き込んだ。
「違うの、久しぶりに男の人のが入って来たから感じちゃったのよ」バツが悪そうに彼女は苦笑した。

彼女の中は暖かで柔らかく滑らかだった。
そして俺のものにまとわりつくように密着してくる。
「加藤君のが入っちゃったんだぁ・・・・」
彼女が不意に感慨深げに呟いた。
確かに友達のお母さんだと言う事を考えれば普通では考えられない。
俺自身もオナニーする時、彼女とセックスする事を想像してはいたが、こうして彼女を抱いているという事自体、こうしてても夢みたいな心境だった。

「動いてみて・・・」彼女に促され、俺はゆっくりと腰をグラインドする。
思わず彼女のヴァギナからペニスが出入りする様を思わず凝視してしまう。
彼女の愛液にまみれながらその感触に俺のペニスは更に硬さを増す。
だんだん感覚が掴めてきたところで動きを大きくリズミカルにした。
それにつれ、彼女の反応も徐々に顕著に現われ始めた。

「あっ・・・んっ・・・んっ・・・あん・・・」
俺に突かれる度に彼女は声を上げた。
既に俺は絶頂に達しそうだった。
「もう出ちゃうよ・・・」
俺の腕の中で目を瞑って喘いでいた彼女は頷いた。
「うん・・・いいよ・・・中でいって・・・・大丈夫だから・・・」
切れ切れにそう言う彼女の愛おしさに、思わず俺は力を込めて抱き締めた。
突き抜ける様な快感共に俺は身体を震わせた。

彼女の中で・・・・・夏の盛りに夜とは言え締め切った部屋で抱き合ったせいもあって2人共汗まみれだった。
気が付くと夜半に近い時間。
彼女は照れくさそうに立ち上がると下着を付けてトイレに行き、台所からビールを持って来てくれた。

「大人になっちゃったね、今日で・・・乾杯」
そう言って彼女はクスクスと可愛く笑った。
そういえば彼女と乾杯するのはこれで2回目だった。
俺は彼女に貰った缶ビールを一口飲んで友人の事を思い、苦笑いした。

この後、夏休みが終わるまで猿状態でした。
1年後別れたっていうか、俺に彼女が出来たら関係は解消する約束でしたから、そこで終わりました。

なにしろ田舎な上に市営住宅ですから、彼女も不特定な男性との交際が噂になりやすいせいもあって離婚以来セックスを殆どしてなかったそうです。