遊びに行った友達の家で、友達のお姉さんとSEXしちゃいました


僕の名前はヒロシ。高校を卒業して専門学校に通ってます。
高校時代に起きたエッチな出来事を少しだけ話そうと思います。
高校時代、僕は卓球部だった。あまり強くはなかったけどほどほどに頑張っていたと思う。
卓球部には直樹という中学の頃から仲が良かった友達もいた。
中学の時から部活終わりに直樹の家で遊んでから帰るのが僕たちの日課だった。

その日も部活が終わり疲れた体で直樹の家に向かった。
直樹の家は4人家族だが、あまり家族が揃ったところは見たことがない。
というのも直樹の父親は出稼ぎであまり家にはいなく、姉も夜遅くまで友達と遊んでるらしい。

母親も働いていて夜まで帰った来ないらしい。
父が公務員で母が専業主婦の僕は時々、寂しくないのかと心配するが、本人からするとまったく寂しくないらしい。

直樹の家に着くと珍しく家の電気がついていた。家に入ると仕事が早く終わったらしく直樹の母がいた。
軽く挨拶をして直樹の部屋に向かった。

直樹の家は二階建てで一階にはリビングや両親の寝室があり、二階には直樹の部屋と姉の部屋がある。
いつもはリビングで遊ぶのだが直樹の母がいるということで二階の部屋に行った。

直樹とゲームをやり少し時間の経った頃、お腹が鳴り始めた。時計を見るともう7時だった。
僕がそろそろ帰ろうとすると「飯食ってけよ」と直樹が言った。
部活終わりで腹が減っていたこともありお言葉に甘えることにした。

リビングに行くと直樹の母親の節子さんが夜ご飯を作っていた。匂いからして今日はカレーらしい。

節子さんは年の割に若く、割と美人な方だ。
節子さんはテーブルにカレーを並べて僕と直樹を呼んだ。少し緊張したが世間話などもして楽しい夜飯だった。

食べ終わった後、親にラインを送りもう少しだけ遊んでいくことにした。
直樹の部屋の戻りゲームの電源を入れた。しばらくゲームに夢中になっていると後ろからいびきが聞こえてきた。

気づかないうちに直樹は寝てしまっていた。起こそうと思ったがあまりに心地良さそうなので起こさないことにした。
帰ろうとしたがゲームがもう少しでクリアできるのでクリアしてから帰えることにした。

ゲームの続きをしようとした時、少しだけ尿意がしたのでトイレに行くことにした。
直樹の家のトイレは階段を降りて右側の通路にある脱衣所の中にある。

割と尿意がやばかったのですぐトイレに駆け込んだ。
すっきりした気持ちで脱衣所で手を洗おうとするとある物が目に飛び込んできた。
女性用の下着だ。脱衣所がシャンプーの匂いがするということはさっき節子さんが風呂に入ったのだろう。

僕は比較的、人より性欲が強い方だと思う。しかも昨日オナニーしていないせいか下着を見ただけでムラムラしてきた。
僕はそっとパンツに手を取った。まだ暖かい、脱いでからまだ時間は経っていないのだろう。

そして丁度、女の人の陰部が当たる部分に鼻をつけてみた。
その部分は思ったより濡れていた。もしかして節子さんはオナニーしていたのだろうか?
そんなことを考えるとパンツが破裂しそうなほど勃起してしまった。

そして思い切り鼻から息吸ってみた。
女の人の甘い匂いと、陰部の匂いが絡み合ってものすごくエロい匂いだった。
僕はパンツに夢中だった。
その時だった。後ろから「ヒロシ君?」という声が聞こえた。節子さんにしては声が若かった。

僕はとっさにパンツをポケットの中に入れて後ろを向いた。
そこにいたのは、直樹の姉の陽子さんだった。

陽子さんは男の僕から見てもズボラで家の中でもいつも直樹シャツとショートパンツだった。

しかも昔はただの太った女だったのに僕が高校に入った辺りから少し痩せ始め、色気がすごく出てきた。
今は胸だけは痩せないですごく巨乳だ。

「こんなところで何してんの?」と陽子さんは怪しそうな顔で僕に問いかける。
「トイレですよ〜」と笑いながら僕は答えた。どうやらバレてはいないらしい。

しかし僕の性欲は爆発寸前だった。陽子さんは「風呂に入りたいから、早くどいて」と言ってきた。

僕はチャンスだと思った。そのあと僕は直樹の部屋に戻り、その時を待っていた。

10分くらいした頃、再び僕は一階に降りた。風呂からはシャンプーの匂いと陽子さんの鼻歌が聞こえる。

こっそり脱衣所に忍び込み今度は陽子さんのパンツを手に取りさっきと同じように鼻につけてみた、また濡れている。
しかし今度はどこかでかんだことのある匂いだった。そうこれは精子の匂いだ。
とっさにパンツから鼻を離した。その瞬間手から離れたパンツが勢い良く風呂の扉にぶつかった。

やばいと思った時にはもう遅かった。タオルで体を隠した陽子さんが扉を開けて目の前に現れた。
「なにしてんの?」と陽子さんはキレている。

「いや〜トイレに〜」と僕は言うが、こんなに短時間で何回もトイレに来る方が怪しい。
「直樹に言うから」と陽子さんは言い出した。
これはまずい、非常にまずいと思った僕はなにを思ったかさっきのパンツについていた精子のことを話してみた。

「そのパンツに精子ついてましたよね。もしかして中出しセックスしてきたんですか??」
僕はこの前観たAVの男優みたいな口調で言った。
陽子さんは少し無言で驚いた表情をした後、「さいてー!!」と言って立ち去ろうとした。

僕は、性欲で頭がおかしくなっていたのか。その陽子さんを呼び止めて
「お母さんと直樹に言っちゃおうかなぁ〜」とゲス顏で言った。
陽子さんは動揺して目が泳いでいた。

「言われたくなかったら胸触らしてくれよ」と性欲に飲まれた僕は言った。
陽子さんは「絶対言うなよ」と言いながらバスタオルで隠れた胸を突き出した。
僕はためらうことなくむにゅぅと陽子さんの左乳房を揉んだ。

とてもでかい。手の中に収まりきらない。
陽子さんは恥ずかしそうに下を向いている。僕は両手で少し強めに揉みほぐした。
流れで、陽子さんの陰部にも手を伸ばした。陽子さんは「だめ!」と言って僕の手をつかんだが、直樹と節子さんにバラすと言ったら抵抗はしなくなった。

陰部は濡れていた。「濡れてますよ。感じてるんですか?」と聞くと陽子さんは顔を赤くした。
しばらく触っていると陽子さんの息使いが荒くなってきた。その時だったリビングの扉が開く音がした。



おそらく節子さんだろう。僕はやばいと思って陽子さんに「着替えたら陽子さんの部屋で待ってるから」と言い直樹の部屋に戻った。

直樹はまだ寝ている時計は8時半を回っていた。そろそろ帰らなきゃと思ったがさっきのこと謝らなきゃいけない。
僕は陽子さんの部屋に行くことにした。

少ししてから僕は直樹の部屋の横にある陽子さんの部屋の扉を叩いた。少し間が空いてから陽子さんが中から出てきた。
陽子さんはいつも通り直樹シャツとショートパンツだった。陽子さんの部屋に入ってからしばらく無言の時が過ぎた。

最初に口を開いたのは陽子さんだった。「さっきの続きするの?」と恥ずかしそうに言った。
僕は「さっきはすいませんでした。嫌ならいいんです。でも僕が脱衣所でやったことは誰にも言わないでください」と言った。
直樹の部屋に戻ったことで少しだけ正気を取り戻していた。

陽子さんは驚いた表情で「続きしないの??」と言う。その声はどこか残念そうに聞こえた。
僕は冗談で「してほしいんですか?」と言うと、陽子さんは「うん」と即答した。
ぼくは驚いた。後から聞いた話だが陽子さんはかなりのヤリマンだったらしい。

僕は陽子さんに近づいて陽子さんのでかい胸を揉んだ。ブラジャーはしていないらしく直樹シャツの上からでも乳首が勃ってるのがわかる。
陽子さんは僕に顔を近づけてきた。
キスをねだってきてるのが童貞の僕にもわかった。

最初は軽く唇を重ねた。少しして陽子さんは舌を入れてきた。僕も対抗して陽子さんの舌に自分の舌を絡ませる。

陽子さんは僕の股間を触ってきた。正直僕はもう我慢できないくらい勃起していた。
陽子さんは僕のズボンとパンツをいっきに下ろして勃起したちんこに勢いよくむしゃぶりついた。

人生初のフェラはとても思ったより暖かかった。陽子さんの舌が亀頭を刺激する。
「あーやばいですよ」と僕は言ったが陽子さんはフェラをやめない。
僕はもう射精しそうだった。いつまでたってもフェラをやめないので射精ぎりぎりのところで僕の方から強制的に終了させた。

「もうちょっとだったのに」と陽子さんは言う。どうやら射精させようとしていたらしい。
しかし僕は一回射精すると賢者タイムが長いのでなんとか我慢した。
「次はこっちの番です」といい僕は陽子さんのショートパンツを脱がした。パンツも履いていなかった。

陽子さんのおまんこは毛が無造作に生えておりいかにもムダ毛処理していないのがわかった。
僕は負けずとM開脚している陽子さんのおまんこにむしゃぶりついた。思っていたより臭かったがその臭さにも興奮した。

部屋中にいやらしい音が響き渡る。陽子さんは喘ぎ声を我慢しているらしい。
僕は陽子さんの喘ぎ声が聞きたくなり、舌を思い切り長く出して陽子さんのおまんこの中に突っ込んだ。
その瞬間、陽子さんはなんともいえない声を上げた。

僕も少ししょっぱいおまんこの味だけで射精してしまいそうになる。
陽子さんは「我慢できない。入れて」と僕に向けておまんこを広げてきた。
僕はその姿にものすごく興奮し、陽子さんに抱きついていった。

いざ、陽子さんのトロトロしたおまんこにギンギンに勃起したちんこを入れようとすると、陽子さんは「あ、忘れてた!」と言って机の上のカバンをあさりはじめた。そしてカバンの中からコンドームを出した。

「これしなきゃやばいからね」と陽子さんは言う。
しかし脱衣所にあったパンツには精子がついていたということは陽子さんは誰かと生でやったということだ。
僕は少し不服だったが、陽子さんを妊娠させても僕は責任を取れないと思いコンドームを受け入れることにした。

陽子さんはフェラをする形で僕のちんこにコンドームをつけた。
僕はそれだけで射精してしまいそうだったがなんとか我慢した。
あらためて陽子さんはベッドの上にいきM開脚をして「はやくきて」と甘い声で僕に言った。

僕は陽子さんの体に自分の体を密着させるようにちんこを陽子さんのおまんこに入れた。
ぬるぅっと僕のちんこが陽子さんのおまんこ肉を掻き分けていくのがわかる。

陽子さんはすごく気持ち良さそうだ。
僕はいつも見ているAV男優がやるように腰を振った。卓球をやっていたからか下半身の筋肉には自信があり初めてでもスムーズにやれた。

陽子さんは「アン。いいよ。もっと」と喘いでいる。僕は興奮して頭が真っ白になりそうだった。

しばらくしてから陽子さんは「イっちゃいそう。もう少しでイク」と言った。
僕は今までより少しはやく腰を振った。

「イクッ」という声とともに陽子さんはピクピクと小刻み動いた。
おまんこの中は今まで以上に熱くなり、僕のちんこを刺激する。
僕もはやく射精したくなり、ものすごいスピードで腰を振った。

陽子さんは「イったばかりなのに!やばいよ〜!」と声を上げたが僕はスピードを落とすことができなかった。

僕の尿道に精子が上がってくるのがわかった。
「陽子さんさんイクよ」と僕は言ったが陽子さんさんは気持ちよすぎて聞こえていないみたいだ。

陽子さんはまた体をピクピクさせた。どうやらまたイったようだ。
その瞬間、おまんこの締まりがとてつもなく良くなった。

僕はその締まりに耐え切れず射精した。いつもより長く射精は続いた。
陽子さんと僕は汗だくで少しの間繋がったままだった。

しばらくして陽子さんのおまんこからちんこを抜いた。コンドームの中にはものすごい精液が溜まっている。

コンドームを外すとちんこからは熱気が漂っていた。
陽子さんは「私このまま寝るから、直樹の部屋戻って」と言ってきた。
僕は急いでパンツとズボンを履いて「今日はありがとうございました」となぜかお礼をした。

陽子さんの部屋を出て行くとき「また遊びにおいで」といつものテンションで陽子さんは言ったことを覚えている。

直樹の部屋に戻ると直樹はまだ寝ていた。こいつこのまま朝まで寝る気だなと思いながら僕は直樹の部屋を後にした。

リビングでテレビを見ている節子さんに挨拶して直樹の家を後にした。

自宅に帰り、部活と陽子さんとのセックスで疲れ切った体を癒すため風呂に入ることにした。するとポケットの中から節子さんのパンツがでてきた。
しまった!と思ったが明日の部活の後返すことにした。

タイトルとURLをコピーしました