泥酔した巨乳の女友達をお持ち帰りwww


泥酔女かー。去年の夏のいつかの金曜日、高校の時に仲良かった奴らと小さい飲み屋で飲んでいた。19時から飲みだして、つもる話は続くようだったが、俺は郊外から来ているので終電がやばかった。惜しみながら「俺、電車があるから先かえるな。いくら?」ときりだした。

金を払って、店を出ようとすると、ひとりの女友達が、「○○○線だよね?同じ方面だし、明日、仕事あるから私も帰るわ。」と一緒に帰ることになった。外に出て駅まで歩き始めると終電まで少しだけ時間があるし、夜風にあたろうという感じで、ハチ公のベンチに二人腰掛けた。

居酒屋で飲んでいる間は、あまり酔っているようではなかったのだが、結構酔っている様子。ろれつが周ってない。肩にもたれかかったきた。ガム噛むか?と差し出したが反応がない。俺は一人でガムを噛みながら、土曜競馬の予想していた。

すると右肩にもたれかかっていた女友達がいきなり「ねぇ、ガムくれないの?」と顔を近づけた瞬間キスをしてきた。週末でハチ公なんて人通りも多いのに困ったもんだと思いつつ舌をとりあえず注いでおく。口でガムをうつした後、彼女はまた目を閉じ眠る素振りを見せる。

終電の時刻が近づいてきたので、駅へとおんぶする。階段がキツい。駅の中は混んでいて人が多く、ベンチも空いていない。ちょっと乱暴に起こして、売店で買った飲料水を飲ませた。とにかく歩いてもらうようにして、電車に乗り込む。リバースしないかが心配だった。

ちょっと電車に揺られ、違う会社の電車に乗り換える。・・・・最終電車は、通勤列車なみに混んでいた。接続待ちだったのか、花火大会でもあったのかしらんが、ぎゅうぎゅうだった。彼女は、半分寝つつも自力で立てる状態だった。二人で電車に乗り込む。

しかし、夏の車内は汗くさくて蒸し暑い。電車に揺られていくうちに、彼女の体と自分の距離がさらに密着する。さっきキスしているだけに、向こうは大胆にも、こっちの股間を手で探ってきた。彼女の目は閉じたままのような気がする。そもそも、俺の胸に顔をうずめているのでわからない。

隣の人が気付くような激しさで、股間を服の上から激しく触りだしてきた・・・さすがに勃つ。周りの目を気にしながら、しばらくそんな状態が続いた。駅に停車するにつれ、乗客が減っていく。さすがに、股間を触ってもらうのは、まずいので、俺はドアーの脇にもたれて、彼女が俺にもたれるという状態。

もう、擦ってもらっていないのに、俺の股間は勃っていた。彼女はこっちをむいて、「ねぇ、今度は最後までしようよ。」と、囁いてきた。「今度は」って、なんだ・・・?今までしたことねーぞ、なんて思いつつ、明日、仕事だろうから早く起こしてやっから家に連れて行くことになった。



駅から自宅に向かう足取りを見るには、彼女の酔いは全然覚めていない。また、おんぶをして、俺の家まで向かう。とにかくベッドに横たわらせ、それから靴・パンストを脱がし、とにかくラクにさせる。彼女は眠ってしまったようだ。

俺はややガックリしつつも、シャワーを浴び、PCで競馬板を見ていた。するとベッドからごそごそとする音が聞こえてきた。振り返ってみると、どうやらYシャツを脱ぎたい様子。しかしまだ酔っているので、うまくボタンをはずすことができない・・・。

「おい、脱ぎたいんか?」目を閉じたまま「うん、暑い。はやく。」と、わがままを言う。そんな様子に俺の理性が崩壊して脱がすのもいいのだが、Yシャツの上から揉みほぐしたいと思って実行した。下から上へと、突き上げるように、いきなり彼女の乳を揉んだ。

彼女は、手を俺の首の後ろに回して、舌で口唇を舐めている。キスをしながら、しばらくYシャツの上からEカップぐらい?の乳を揉む。「はやく、突いてよ」と、彼女は腰を振って、求愛のポーズをしてきた。これには応じず、ひたすら、股間を指で攻める。

しばらくするとYシャツもブラも脱がすことなく、彼女はいってしまったようだ。俺も男で、はやくいれたい。彼女が放心している間にコンドームをとってくる。そうしたら「ねぇ、俺君。今度は最後までしてよ」(だから、「今度」ってなんだ・・・)と思いつつ、Yシャツを脱がして、ブラをはずす。

舌先でチクビを転がし、また手で股間をいじる。彼女は、ずっと俺の股間を手で触り、「はやく」と繰り返す。彼女が絶頂に近くなった様子なので、思い切り彼女に突く。冷房はかけていたのだが、二人は汗でダクダクになりつつ、ずっと正常位で、繰り返す。

朝の4時になったぐらいで一段落。二人でシャワーを浴びて、彼女の酔いは覚めたようだ。「今度」って、なんだ?と聞いたら、彼女と話しているうちに思い出すことがあった。

高校の修学旅行の時、俺の部屋に遊びにきた彼女は、コタツの中で、まわりのみんなにばれないように、足で俺の股間を弄んでいたことがあった。その後、みんなが風呂にいっている間に、コタツの電源をオフにして、彼女をコタツの中にいれ、口だけでいかせてもらった子だった・・・。

すっかり忘れていたが、今となればいい思い出で、当時の話しをしつつ、6:30までベッドの上で体を交えて話しをしていた。

ちなみに、その日以来は不思議とエッチはしないで、普通の女友達として、野球のナイターを見る時だけ彼女を誘うという不思議な関係が続いている。