眼鏡フェチの俺が大学の女友達に眼鏡かけさせてセックスした話


以下は全てフィクションだ。

未○年らしき人物が飲酒してたり

タバコを吸っているような描写があるが

全てフィクションだ。

そういう事だ。

納得してくれ。

大学2年の時の話。

その日は大学の語学のクラスが同じヤツらと飲みに行っていた。

2次会は仲の良いメンバー数名で場所を変えて飲みなおし。

さらに3次会と称して、俺と京子とA・B子の4人でバーに行く事にした。

ちなみにA・B子はカップルね。

俺は酒は強くないので口を乾かす程度で1次会からタバコばかり吸っていた。

京子とB子はほどほどに飲んでいるようで、

頬が上気して2人とも色っぽい。

ここでは男性陣はウォッカトニック。

女性陣は店のオリジナルカクテル

(口当たりはいいがかなり強いらしい)を飲んでいた。

授業のくだらない話や単位がヤバい話など、どうでもいい会話で盛り上がっていたが、だんだん恋愛の話にシフトしていった。

「で、京子と誠(俺の事ね、仮名だけど)って付き合ってるの?」

とB子が言った。

俺はタバコをふかしながら「いやいや、京子は同じ高校ってだけで仲の良い友達ってだけ」

とは否定してみたもののまだ完全には吹っ切れていない気持ちでもあった。

「でも、なんだかんだで一緒に行動してるでしょ?」

「授業が一緒のが多いだけだって」

「ふーん、あんまりそうも見えないけどな」

Aも横やりを入れてくる。

「知らないと思うが京子は高校の時から付き合ってる彼氏もいるんだぞ」

「えっ、そうなの?」

2人は驚いている様子だった。

川口との事は高校時代にきちんと紹介されていたし、実際3人で遊びに行く機会も何度かあった。

「そういうあなた達は仲良くやっているのかな?」

京子の鋭いツッコミが入り、この手の話からだんだんと外れていった。

時間もだいぶ経ち解散になり、A・B子は深夜の街に消えていくようだ。

「誠、ちゃんと京子を送っていくんだぞw」

Aから厳格な指示を頂いた。

たしかに京子はだいぶ飲んでいる様で、足取りもおぼつかない。

危なっかしいので腰に手を回し、駅まで送っていく事にした。

「なぁ、大丈夫か?結構飲んだだろ?」

「う〜ん、大丈夫じゃないかも」

甘い吐息が耳元をくすぐる。

「大丈夫じゃないなら川口でも呼ぶか?」

「ううん・・・誠くんには言ってなかったけどずいぶん前に別れたの」

川口とはつい最近も交流があったがそんな話は全く聞いてなかった。

「なかなか時間もあわないし、一緒にいる時も女の子からの着信が頻繁にくるし」

「あいつも八方美人な所があるし、京子の勘違いじゃないの?」

「見ちゃいけないって思ってたけど携帯のメールも見ちゃったし」

フォローのしようがなかった。

「愛してるとか昨日は良かったとかそんな内容」

「・・・悪い」

「こっちこそごめんね。

もう実際吹っ切れてるからいいんだけどね」

しばらく沈黙のまま駅への道を歩んでいった。

沈黙を破ったのは京子だった。

「あ〜あ。誠くんが彼氏だったら良かったかも。誠実そうだし」

「え?そんな事無いよ。それにこんな冴えないヤツじゃ似合わないでしょ」

「いやいや謙遜しちゃって。そういえばC子ちゃんとはうまくいってるの?」

C子は1年の時に付き合っていた子だ。

同じサークルの子で、コンパの帰りに告白された。

妹みたいな感じで可愛かったんだけど、付き合っていくうちに俺の冷めた態度(よく言われる。

そんな事無いのに)が本気じゃないって感じたようで向こうから別れを切り出された。

その後、サークルに居づらくなって辞めたんだが。

「それこそもうずいぶん前の話だな。振られたよ」

「ご、ごめんね・・・」

「いいよ。こっちも吹っ切れているし、お互い様って事にしておこうw」

「・・・うん・・・そうだねw」

そんな感じで駅に到着した。

「気をつけてな。かなり飲んでるし」

「うん、もう大丈夫だと思う。じゃあ誠くんも気をつけて」

といいつつも足元はフラフラ。

構内に向かう階段で躓きそうになったので倒れる前に手を貸した。

京子の体を引き上げる際、うるんだ瞳とほんのり赤くなった艶やかな表情を見て、本能的に唇を奪ってしまった。

「・・・あっ・・・悪ぃ。つい」

そういい終わらないうちに京子のほうからキスをしてきた。

「うん・・・・ねぇ、もっと・・・」

もう止まらなかった。

コインロッカーのある人影の無い方へ行きキスをする。

京子も積極的に舌を絡めてくる。

お酒と香水の入り混じった官能的な甘さ。

経験の浅い俺はこれだけでもイってしまいそうだった。

「・・・ねぇ、ホテル・・・行こ?」

京子が耳元でささやく。

はぁはぁと耳に伝わってくる吐息がいやらしい。

タクシーを拾い、バックミラー越しに見える運転手の冷たい視線をよそに何度もキスを交わしながらラブホへ向かった。

ラブホへ到着する頃には俺の酔いは覚め、あの憧れの京子とラブホにいるという感動と極度の緊張に包まれていた。

「シャワー浴びてくるね」

そういうとすぐにシャワールームに消えていった。

シャーッという水音の中、高まる鼓動。

C子とは何度かセックスしたがここまで緊張した事はなかった。

シャワールームの扉が開き京子が言った。

「・・・誠くんもおいでよ」

心臓がバクバクいいながら俺はシャワールームへ向かった。

大きめのバスタブを泡風呂にして京子が待っている。

眼鏡を外した姿も色っぽい。

ヌルヌルとした浴槽の中お互いの体を弄った。

左胸の上のほうにあるホクロが非常にエロい。

大きな胸の中央でピンと立った乳首。

やさしく指で転がすとビクビクッと反応する。

太ももの内側をやさしく愛撫し、少し薄めの毛の間からクリをいじる。

「・・・ぁんっ・・・あっ」

と敏感に反応する。

京子もむしゃぶりつく様にちゅぱちゅぱと舌を絡めてくる。

正直こんなにキスで感じるとは思っていなかった。

かなり上手いキスだと思う。

口の中を激しく優しく動き回る京子の舌。

顔にかかる吐息とかすかに聞こえる色っぽい声。

ペニスもギンギンになり包み込むように優しく京子がしごきはじめる。

俺も負けじと少し小ぶりで張りのあるお尻を撫でたり、クリを攻め続けた。

しばらく愛撫しあっていたが体を流し、ベットへ絡み合いながら倒れこんだ。

「なぁ、京子・・・眼鏡かけてもらってもいい?」

「何それwひょっとしてフェチ?w」

そういうと眼鏡をかけてくれ、不適な笑みを浮かべ耳の穴に舌を這わせてきた。

耳から唇、そして乳首へと舌を這わせていく。

俺もオッパイを揉もうとしても「だ〜め。

私が責める番だから。

誠くんは素直に感じていて」

かなりSっ気が強い事が判明。

時折見せる小悪魔的な笑顔。

乳首に軽く歯を当ててから吸付く。

反対側の乳首も爪先でコリコリと弾かれる。

上目遣いで微笑む京子。

乳首を丹念に攻められた後、再びディープキス。

京子はうなじが性感帯らしく、吐息をかけてたり舌を這わせると「ああ〜っ、あんっ、いぃ・・・」

と相当感じているのか大きな声で喘いでいた。



その隙にマンコに指を深く鎮め、リズミカルに細かく中で動かすと「うっ、ぁんっ、もぅ、わ、たしがぁっ、攻めるって、言っ、言ったのにぃっ」

と感じながら反撃を試みようとしてきた。

もうマンコもぐしょぐしょで全身うっすらピンクがかって艶かしい。

オッパイを乱暴に揉み、マンコも激しく攻め続ける。

京子はもう抵抗する気力も無くなったようで、快楽に身を任せている。

「あ〜っ、あんっ、いぃ、あっ、いぃっ」

喘ぎ声も大きくなり、シーツをぎゅっと握り締めている。

「ああっ、イきそうっ、ぁんっ、ぁぁっ、イくっ、イくっ、ぁぁぁぁっ」

急に力が抜け、はぁっはぁっと荒い息を吐く。

「すっごくよかった・・はぁっ・・・はぁっ・・・すっごい上手・・・」

優しくキスをしてベットに横たわる。

額の汗をぺろりと舐めうなじをまた撫でる。

「お願い・・・そこはっ、ぁんっ、ダメっ・・・ぁぁっ」

「気持ち良いんでしょ?」

意地悪な質問を投げかける。

「・・・ぅん・・・ぃぃ。

・・・でも、今度は私の番・・あっ・・・っ」

返事も聞かず攻め続けようとすると、するりと京子が体勢を変え俺のペニスをしごきはじめる。

上手い。

今まで経験した事の無い快感が全身を貫く。

カリのあたりに優しく舌を這わせ、上目遣いに俺の表情を伺う。

優しく微笑みながら竿から玉にかけチロチロと舐めていく。

「あああっっっ・・・いいっ」

「気持ちいい?」

「すごい気持ちいいよ・・・」

「ねぇ、今からどうして欲しいの?誠の口からちゃんと言って?」

ドS。

「言わないと止めちゃうよ」

「・・・・しゃぶって・・・ください」

「ふふふっ。

うん、しゃぶってあげる。

気持ち良くなってね」

そういうと京子は愛おしそうに俺のペニスを口に含んだ。

じゅぱっじゅぱっといやらしい音が響き渡る。

「ひもひひひ?(気持ちいい?)」

「すご、くっ、いいっ、ぁぁぁぁぁっ」

恥ずかしながらかなり声を出していたと思う。

先のほうを口に含みながら、竿の部分を優しく握り締め素早く上下させる。

「ぁぁぁあっ、ごめんっ、イくぅっっ、ぁぁぁっ」

極度の快感であっという間に口の中でイってしまった。

京子は俺がイった後もペニスを優しく舐め、ザーメンを飲みこんだ。

「飲んじゃった」

「悪ぃ。ものすごく良かった・・・から口に・・・」

「いいよ。

ねぇ、そんなに良かった?」

「正直今までで一番良かった。

ってそんなに経験無いけど」

「可愛いね、誠って」

そういうとまたキスをしてきた。

ザーメンを飲んでもらうのも自分で味わう(?)も初体験だったがあまりにいやらしく官能的でペニスが復活するまでお互い愛撫しあいながら舌を絡めつづけた。

「誠ってキス好きだよね」

「そうか?よくわかんないけど」

「わたしこんなにキスだけで感じるの初めてかも。上手だよね」

なんだか非常に照れくさくなりぎゅっと抱きしめた。

ペニスにも再び力がみなぎってきて、マンコを愛撫しようとするともう洪水状態でビショビショ。

「京子って感じやすいだろ」

と言いながらクリを軽くつまむと「ぅんっ、そうかもっ、しれないっ、んっ、あぁっ」

ビクビクっとしながら悩ましげな返事を返してくる。

「ねぇ・・・入れて」

そう言うと京子は俺のペニスにゴムをつけた。

高校の時からの憧れだった京子。

川口と付き合っているのを知った時のショック。

そんな京子が今目の前にいる。

緊張の極限だった。

・・・・入れる直前に萎えた。

「どうしたの?」

「ごめん。ダメだ・・・立たなくなった・・・」

「調子悪いの?疲れちゃった?」

「そんな事無い。ちょっと緊張しすぎて・・・」

ここまで来て引かれたんじゃないかと思っていると優しく微笑んで「いいよ。無理しなくても。すっごく気持ち良かったし」

軽く口付けをしてきた。

俺は今までの様々な感情が入り混じり、ただ目の前の京子を抱きしめる事しか出来なかった。

京子もそれに応じて俺の手を握ってきた。

俺もまたキスをし、ゆっくりと時間をかけオッパイを中心に愛撫しはじめた。

京子も舌を這わせながらペニスをしごきはじめた。

そして包み込まれるようなフェラ。

俺は愛撫どころではなく快楽に身を任せる。

京子の息遣いも荒くなっていく。

「ぁぁっ、今なら大丈夫そう」

そう言うと京子はまたゴムを付けてくれて騎乗位の体勢で俺を受け入れた。

ズブズブと京子の中に沈みこむペニス。

予想以上に締まりが良い。

「あああああっっ」

今までより大きな喘ぎ声。

俺も夢中になり京子の胸を揉みながら腰を動かす。

「あっ、あっ、いいっ、ぁん、ああっ、誠っ、ぃぃっ」

体勢を変え正常位に。

繋がったままの状態を保ちながらディープキスをして乱暴に両胸を揉む。

「んんっ・・・ふぅっ・・・ぁんっ・・・」

吐息がこぼれる。

俺の乳首を攻めようとする京子を制して激しく腰を動かし始める。

「あんっ、あんっ、ああっ、あんっ」

喘ぎ声をふさぐかのようにまたキスをする。

「ううんっ、いいっ、誠っ、イキそう、ああっ」

「京子、京子っ」

名前を連呼しながらパンパン腰を振りつづける。

「ああっ、誠っ、イクっ、ぁんっ、ぁぁっ、イクっ、誠っっ」

「ああっ、京子っ、気持ちいいよっ、ああっ」

「イクっ、イクっ、ああっ、あああああああああっっっっ」

京子はイったようだったが俺ももう少しでイキそうだったので一層激しく突いた。

「京子っ、俺もイキそううぅっ」

ゴムはしてたが最後は外で発射。

しばらく2人とも身動きできないくらい疲れていたが、体力が回復してから一緒にシャワーを浴びた。

それから眠りにつくまでの間、数え切れないくらいキスをした。

フラフラだったがまたムラムラしてきたので、マンコをいじったりペニスをしごかれたりしていたが、次のラウンドに進むことなくお互い全裸のまま就寝した。

次の日目覚めると京子は先に起きていて、服を着て化粧もしていた。

「おはよ」

「・・・ああ、おはよう」

俺もすぐに支度をし、ラブホを出るまで会話も無かった。

最寄の駅まで歩いていく最中、京子が言った。

「昨日の事はお互い忘れる事にしよ」

「え?」

「まだ誠くんとはいい友達でいたいし」

「ああ・・・」

確かにお互い恋愛感情を持つ事で、数年来の友人関係が壊れてしまいそうな気もした。

特に川口という男が二人の間にいる事で余計に難しい問題にもなりそうな気もしていた。

そんな会話を交わしながら駅についた。

「じゃ、また学校でね」

「ああ、またな」

その日は学校に行くのも面倒くさくなり、タバコをふかしながら街の喧騒の中に身を委ねていった。

翌日、京子と顔を合わせたが何事も無かったかのように接してきた。

こういう点は女のほうがすごいと思う。

その後、京子と体の関係を持つ事は無い。

俺にも彼女が出来たり京子も新しい彼氏が出来たようだ。

今でも京子との友人関係は続いている。

周りにはいまだに付き合っていると勘違いしている輩もいるようだが。


PAGE TOP