机の上に私を寝かせて体中にキスをしてくれました


私が女子大生だったときの話を書きます。 1年生の夏休み近づいたころです。
私はレポートの資料集めに、短大の図書館に行っていました。
短大の図書館には地下2階、地上10階の書庫があって、私はその8階にいま
した。いろいろと書棚の本を探していると、山脇教授が入ってきました。
山脇教授は、30代後半で、色黒で、ちょっとかっこいい教授でレポートの課題も、
この教授が出したものでした。
「おー早速資料集め?えらいなー」 みたいなことを言いつつ、教授が私の後ろ
に立ちました。 私の体に、教授の体がくっつくくらい近くに教授は立って、私の
開いている本を覗き込みました。

「どんな本を探してるの?」という教授の口は私の耳元で、教授の息が耳にか
かって、もう、ものすごくドキドキしてしまいました。

「あー、この本はね・・・」と教授は説明してくれるのですが、本を指差す教授の
腕に抱きすくめられているような状態で、私は全く上の空になってしまいました。

「どうしたの?顔が赤いけど?」
教授は、ちょっと笑うような声で私に聞きました。 完全に口が私の耳に触れて、
さらに軽く耳をかまれ、 私が答えられないでいると、
「鼓動が早くなってるよ?」
と私の胸に手を当てて、乳首のあたりを中心にくるくる、っとなでました。

もう、私は息が荒くなってしまって、でも、なぜか抵抗できませんでした。
前からちょっと、好意をもっていたからかもしれません。
(ちなみにこのときは 私はもう処女はありませんでした)

教授は、そんな私のブラウスに手を入れてブラをずらし、直接おっぱいを触り始
めました。 持っていられなくなった本を教授が書棚に置き、スカートの中に片手
を入れてきました。

スカートの中の手は、太ももをやさしくなでていて、それがとても気持ちよくて、
教授の体にもたれかかってしまいました。 その手がだんだん足の付け根に近
づいてきて、 とうとう下着の中に指が入ってきました。

でも、その指は、直接クリやあそこには触らずにそのふちをなぞるだけでした。
それがずっと続くうちに、わざと焦らされてるんだ・・・
とぼんやり思いましたが、もう教授の思うつぼで、私はだんだんあそこをちゃん
と触ってほしい、 教授のものが欲しい、という気持ちでいっぱいになってきて
しまいました。

そんな私を見透かしたように、教授はやっぱり、一番触って欲しいところには
触れず 、さらに首筋や耳、胸も気持ちよくされて、私は堪らなくなり
「山脇教授・・・」とおねだりの表情をして教授の顔を見ました。

教授はくすっと笑いながら弄んでいた手を離してたっぷりのキスをしてくれま
した。 そして、ズボンから教授のものを出して、
「嫌だったらもうやめるけど、欲しかったら、ちゃんと自分で入れてごらん」
といって、私の手に、教授のものを握らせました。

教授のものは太くって、硬くって、前につきあっていた彼氏のより、たくましい
感じでした。 私は片手で教授のものを持って、書棚に片手をついて立って、
バックの姿勢で自分のあそこに当てました。

腰と手を使って、教授のものを入れました。教授は、一気に、私の中に突き入れ
ます。そして、一回とてもゆっくり動かして、
「とっても気持ちいいよ」と言いました。

私は、やっと欲望が満たされて、今まで感じたことがないくらいエッチな気持ちに
なっていました。 それから、ゆっくり教授が動き出して、2人しかいない書庫の中
に私のいやらしい音が大きく聞こえて、私はだんだん、エッチ声が出てしまうのを、
我慢できなくなりました。

そのとき、教授の動きが急に止まりました。
どうしたのかと思うと、誰かが階段を上がってくる足音が聞こえるのです。
でも、教授は私の中に教授のものを入れたまま、
「ここには入ってこないよ」と囁きました。

教授のものを入れたまま、じっとしていると、教授のものがとても熱く、脈打つ
感じも伝わってきて、動かしていないのに、 スゴク気持ちよくって、喘ぎを抑え
るのが大変でした。


教授は「気持ちいいの?あそこがすごくヒクヒクしてるよ」と小さな声で言って
私の中のものを何度もぴくぴくっと動かすので、もう、こんな状態なのに
今までやってきたのHの中で一番感じてしまいました。
足音は、教授の言ったとおり、そのまま上階に上がっていきました。

やっと、続きができる、とわたしが思ったとき、教授は何の前触れもなく、
ずるん、っと教授のものを抜いてしまったのです。 呆然としていると、
「ここじゃ、邪魔が入るから、僕の部屋(短大の中の教授の部屋)においで」
と言ってささっと服を直し、私の服も直してくれて、もう一度エッチなキスをして
くれました。

そして、私の足首に引っかかっていた私の下着を抜いて、教授のポケットに入れて
「僕の部屋にきたら、返してあげる」と言って書庫から出て行ってしまいました。

私はしばらくぼんやりしていましたが、最後までいけなかった体のうずうずはとめ
られませんでした。 誰にも会わないように急いでトイレに行って、あふれてしまっ
た、私の液を拭きました。

そして「下着を返してもらうだけ・・・」
と自分に言い訳しながら、教授の部屋に向かいました。

下着をつけていない私のあそこから、歩くたびにエッチな音がするようで、周り
の人に聞こえてるんじゃないかと思うと、恥ずかしく足早になってしまいました。

「こんなに急いでいったら、いやらしい女だと思われるかな・・・」
等と考えるうちに、教授の部屋についてしまいました。

周りに聞こえそうなくらいドキドキしながら
「失礼します」と部屋に入りました。
教授の部屋には何人かほかの学生もいて、教授は何もなかったように楽しそう
に雑談をしていました。 教授はにっこり笑うと
「宏美君、課題の質問があるんだったね?」と言って椅子を勧めてくれました。

そこに座って回らない頭を一生懸命回転させて、無理やり質問をしていると、
みんなは、邪魔になるからーと、部屋を出て行きました。

足音が遠ざかったころ、教授は静かに鍵を閉めて
「よく来てくれたね」と言いました。

教授はコーヒーを淹れてくれて、教授の隣で飲んだのですが、何を話したら
いいか どこを見たらいいかわからないくらいドキドキして、ほとんど下を向いてい
ました。

たわいのない話をしていて、教授は急にじっと私の顔を見て、
「どうしてこの部屋に来たの?」と聞きました。

わたしは恥ずかしくて
「あの・・・・・下着を返してもらいに来たんです」
と言いました。 教授は、笑って、
「でも、あれはまだ、びしょびしょで、はけないと思うよ?」といいました。

そして私の隣に座って、今度はいきなり私のあそこに指を差し込みました。
「ここもまだびしょびしょじゃないか。それに、今、指が入りやすいように足を開い
ただろ?」
といいながらいやらしく指を動かしました。

私は、やっぱり教授にして欲しいといういやらしい気持ちが戻ってたのと、つい
さっき書庫で味わった教授のものが入ってきたときの感触が生々しく蘇ってき
て、満たされなかったあそこがうずうずして我慢できなくなってしまったのです。

教授は意地悪そうな声で「やめようか?」と言って指を抜きました。
抜かれたとたん、自分の液がたらたらとこぼれるのがわかりました。
でも、言葉でいうのはどうしても恥ずかしくて、教授に自分から思いつく限り舌
を使ってキスをしました。

教授は、「まぁ、許してあげようか」と言いながら私の服を全部脱がせて、大き
な机の上に私を寝かせて体中にキスをしてくれました。

そして、ずっと待っていた教授のものをやっと私の中に入れてくれました

今度は、書庫の中とは違って最初から激しく突き動かされました。
部屋の中にはくちゅ、くちゅ、くちゅとエッチな音がリズミカルにひびきました。

バックの姿勢にされて突かれた時、目の前に姿見の鏡があって、そこにいや
らしい顔の私がいやらしい格好で犯されている姿が映っていて、 そんなこと
でもまた興奮してしまって、私は何度もイッてしまいました。

教授の、私の中をえぐる様な動きがちょっと自分勝手になって、 うめくような声
と一緒に教授は私のおなかの上にたくさん出しました。


PAGE TOP