とにかくガンガン突くwww


俺が大学一年の時の話です。
その日、俺は女友達の香奈と二人でサークルの部室で雑談をしていた。香奈には前に飲み会でファーストキスを奪われたことがあったから内心ドキドキしていた。
今もそうだけど、俺は女と話すのがイマイチ苦手で、相手がファーストキスの相手となりゃあそれはひどいもんだったと思う。でも、勝手にドキドキしてる俺とは裏腹に香奈は普通に話を進める。適当な相づちを打ちながら話を聞いていたら俺の様子が変だと思ったのか香奈が聞いてきた。
どうしたの?なんか悩み事でもあるなら聞くよ?」 
「え?あ、いや、なんでもない・・・なんか変か?」 
「んー・・・まぁ、智也が変なのはいつものことかぁ」 
「なんだそりゃ・・・」

そんな会話をしてる時に俺の携帯が鳴った。サークルの先輩で四年の由佳さんからだった。電話の内容は今から飲みに行きたいんだけど、人がいないから来ないかっていう感じだった。俺は前に由佳さんにも飲みで唇を奪われたことがあり、以降、由佳さんからのアピールが激しかったからスルーしたかった。

だけど、香奈がかなり乗り気で「行こう行こう」と言うので、嫌々二人で待ち合わせの場所に向かい、由佳さんとゴン太(四年)さんと合流して、飲み屋に向かうことにしたけど、その日は雨で、由佳さんは傘を持っていなかったらしく俺の傘に入ってきた。

「相合い傘とは熱いねぇ!!ヒューヒュー!!」と、鬱陶しい煽りをくれるゴン太さんをスルーしつつ出発。飲み屋では、まぁ普通に乾杯して飯食って・・・4人だったからそこまで大騒ぎもせず、他愛もない会話が続いてました。飲み始めて一時間半経つ頃には4人ともほぼ完成。

尿意を催したのでトイレへ向かい、少ししんどかったので用をたした後トイレの中でちょっと休憩。ひと息ついてからトイレを出ると由佳さんが立っていた。「あぁ、すいません・・・。お待たせしました・・・」と、横を通り過ぎようとしたら手を掴まれて壁に押しつけられた。何かと思う間も無く唇を奪われてキス。

何回かの軽いキスのあとに唇にしゃぶりつくような激しいキス。あまりの快感にたまらず膝が折れた。それでも動きを止めない由佳さんの舌と唇。もうどうでもいいや・・・と思っていたら由佳さんが俺の激しく勃起なチンコをさすってきた。とっさに唇を離すと由佳さんはフフッと笑い「そんなに気持ちよかった?」とだけ言ってトイレに入っていった。

俺は席に戻ろうにも激しく勃起&息遣い激し杉なので、またそこでひと息・・・といきたかったけど、それではトイレにしては遅すぎるし出てきた由佳さんに鉢合わせてもアレなので、息遣いだけどうにか整えて席に戻った。

案の定、席に戻ると案の定ゴン太(敬称略)に「二人でトイレで何してたんだよ~」と言われたが、そこは華麗にスルー。しかし、香奈にまで「本当に遅杉。二人だけ残されたから口説かれて困ったっての。」とキレ気味に言われたので「あー、ごめんごめん。飲み過ぎて頭痛いからトイレでちょっと休んでたんだ」と謝罪。

華麗にスルーされて「お前ら先輩に対してその扱いはひどいだろ~」と笑うゴン太。そんな話をしてるうちに由佳さんが戻ってきて、また他愛もない会話が再開した。それからしばらくして、もう終電って時間になった。

俺は「あ~、もうそろそろ終電なんで帰りますよ」と言うと由佳さんが俺にすり寄ってきた。「え~?今日家に泊まっていきなよ~」と腕に抱きついてくる。二人の前でそれはまずいだろ・・・とわけのわからない考えをしていたけど、ゴン太は酔いつぶれて寝てて、香奈はこの会話の途中でトイレに行ってしまった。

俺が「いや・・・それは・・・」とモゴモゴしてると、耳元に「さっきの続き・・・しよ?」と囁く由佳さん。その言葉を聞いた瞬間に理性のほとんどが飛んだような気がした。でもまだ残る理性で承諾は出来ない・・・一応の拒否はしているものの、由佳さんの押しは強い。あ~・・・このまま由佳さんの家に泊まって、そこで童貞捨てんのかな・・・そんなことを思った。

その時、俺の携帯が鳴った。それを言い訳に由佳さんから離れる。こんなタイミングにメールなんてどこのナイスガイだ。そう思いながら携帯を見る。「送信者 香奈さん」・・・?一瞬何がなんだかわからなかった。内容は一言。「断って」何のことかわけがわからなかった。とりあえず返信。すぐに返信がきた。

「ん?送る人間違えてないかい?」
「智也に言ってんの!!」 
「へ?何をよ」 
「由佳さんの家に泊まるって話。断って。」

よく意味がわからなかったけど、とりあえず「あい、わかった」とだけ送った。その間も由佳さんは「誰とメールしてるの~?ねぇねぇ」の繰り返し。そして、俺が携帯を置くのを確認するとまたくっついてきた。「ねぇ、泊まっていきなよ~」と一応、断ると言ったもののこう言われると断りにくい・・・。

気がついたら香奈が戻ってきた。恐い顔でこっちをジッと見ている。由佳さんは構わず押し、押し、そして押し。しどろもどろで断りきれない俺。そのうち由佳さんはトイレに行ってしまった。はぁ~とため息をついていると足に痛みが走った。何かと思って足を見ると香奈が足をガンガン蹴っている。

何気に痛かったので「痛いから痛いから!!何さ」と聞くと、あからさまに睨んでくる香奈。

「断れって言ってるでしょ」 
「てか、それなんで?」 
「いいからぁぁ!!」

酒で顔を真っ赤にしながら怒鳴るので思わず「は、はい」とヘタレな返事をしてしまった。そうこうしてるうちに由佳さん戻り。由佳さんに話しかける前にこっちから切り出す。

「あの、泊まりの話なんですけど・・・」
「たった今親から電話があって・・・」
「最近、外泊が多いから帰ってこいとのことなんで・・・。」 
「え~!!うそ~~!!いいじゃん!!」 
「いや、親父がキレてるんで・・・」 
「でもこのままだともう終電ないんじゃない?」 
「あ、じゃあ急ぎます・・・」

寝てるゴン太を起こして会計を済まして、外に出て駅に向かう。由佳さんは「じゃあ、終電間に合わなかったらウチね!!」と言い、俺は「はい、そしたらそうさせてもらいマス」と言いながら駅に向けて早歩き。ゴン太は眠いと言って帰ってしまった。

携帯で時間を見てみる。終電まではギリギリ間に合いそうな感じ。それなりに呑んだせいで頭がクラクラする・・・。大体駅まであと5分っていうところでもう一度携帯を見ると、終電まであと10分くらい・・・間に合った。その時点で由佳さんは諦めたらしく「あー・・・まだあるね。じゃあ、あたし帰るね」と帰ってしまった。

怒ったんだろうなぁと思いつつ香奈の方を見る。元々、酒に弱いのに今日はいつも以上に呑んでいた為かしんどそうだった。「駅までもうちょいだよ。大丈夫?」と声をかけてもハッキリとした返事が無かったので「おぶろうか?」と聞くと黙って頷いた。そこから駅までのちょっとの距離香奈をおぶって歩く。

香奈が小さい声で呟く。 
「ありがとうね」 
「ん?気にしないでいいよ。短い距離だし」 
「うん・・・それもそうだけど」 
「ん?」 
「なんでもないぃ・・・」

そんな恋愛漫画みたいな会話。とにかく駅に着いた。俺の乗る終電のアナウンスが流れてる。急がなあかんなと思い香奈を降ろす。出発のベルも鳴っていた。

「じゃあ、俺もう行くけど帰れる?」 
と急ぎ口調で聞くけど返事なし。 
「やべ、間に合わないや。じゃっ」
と、走り出そうとしたら腕を掴まれた。 
「一人で帰れそうにない・・・」 
「えぇ!?」 
「ていうか・・・」 
「何?・・・あ」
 
プシュー・・・電車のドアが閉まる音。

「あー・・・」
「ごめんねごめんねごめんね・・・」
「いや、まぁ、いいよ。で、香奈大丈夫?」
「ん~・・・一人で電車乗っても寝過ごしちゃいそう・・・」
「あー・・・じゃあ、駅まで送っていくよ」 
「ありがと・・・」

そんなこんなで、とりあえず香奈の家への電車に乗る。香奈はほとんどしゃべらないで携帯をカチカチ・・・。「駅まで送ったらどうしたもんか・・・野宿かぁ!?」そんなことを考えてたらメール着信。

「送信者 香奈さん」
「ウチに泊まらない?」
「いや、親御さんが許さんでしょ」
「親がいいって言ったらいい?」 
まぁ、あり得ないだろうと思ったので 
「まぁ、親御さんが許可してくれるならお言葉に甘えるわ・・・」

すると香奈は覚束ない足付きでちょっと離れて、携帯でどこかに電話をし始めた。しばらくして戻ってくると「いいって」と嬉しそうな顔で言った。

「・・・え?」なんて言ったか理解出来なかった。理解出来た後もとても信用出来なかった。大学一年の娘が男を泊めに連れてくる。そして、それを許可する親。そんなもんなんか?あり得ん。

ウチで兄貴が彼女を泊めようとするのを親父が大反対してるのを見たことがあるだけに、余計に信じられなかった。でも、さっきまでの気分悪そうな顔はどこ行ったと言いたくなるくらい可愛い笑顔を浮かべてる香奈。実際に香奈の家がある駅に着き改札を出ると、そこには香奈のお母さんが車で来ていた。

「智也君、こんばんは~」
わざわざウチのアホをおぶってくれたんだってぇ?」
「あ、こ、こんばんは・・・。」 
「あんたも迷惑ばっかりかけるんじゃないよ、まったく・・・」 
「うるさいなぁ・・・早く行こ」

香奈に手を引かれて車に乗り込む。ボーっとしてるうちに香奈の家に到着。和室に通されるともう布団が敷かれていた。

「何から何まですいませんです・・・」
「いいのいいの。お世話になってるんだから!」
「あ、お風呂も入っていいからね」
「ありがとうございます」
「相変わらず堅いわねぇ。あ、一つだけ!」 
「はい、なんですか?」 
「一緒に寝たりしちゃ駄目よ?」
「香奈は自分の部屋で寝なさいね。」 
「は、はぁ・・・」

そのうち香奈が「も~・・・何言ってるのよ・・・。はい、おやすみ!!」と追い出し、お母さんは笑いながら二階に上がって行ってしまった。「さてと・・・じゃあ、とりあえずあたしシャワー浴びてくるね。智也は楽にしてて~。あ、まだ寝ないでよ?」と言い香奈はフラフラとシャワーへ。

前に来たことがあるとは言え、やはり女の子の家は変に落ち着かない。無意味に携帯をいじってると香奈があがってきた。「お、ちゃんと起きてたね。じゃ、シャワー浴びてきな?」と言われシャワーを浴びてスッキリ。用意してもらっていた香奈のシャツとジャージ着て先程の和室に戻る。


すると、そこにはチューハイ飲んでる香奈。思わず「また飲むんか!?」と軽く叫んでしまった。「まぁ、初宿泊記念ってことで」とわけのわからない理由を言われしぶしぶ飲む。最初は軽い話をしながら飲んでたけど、段々無言状態へ・・・。酒のせいか気まずいとも思わずチビチビ飲む。

そして不意に香奈が言った。 
「キスしていい?」
「は、はい?」 
「なんか文句あるの~?」
「いや、文句っていうかさ・・・」 
「嫌い?」 
「嫌いだったら駅まで送ったりしないよ・・・」 
「嫌いじゃないなら何?好き?ねぇ、好き?」 
「あー・・・うん、好き好き」 
「何その言い方ぁ!!でも、そうかぁ」 
「あたしが好きかぁー。そうかそうか・・・」 
「何て言うか・・・姉さん飲み過ぎっすよ」

俺はそう言って布団に仰向けに倒れ込んだ。軽く好きとは言ったけど、実際香奈には惹かれてた。初キスの相手だから心に残ってる。それもあったと思うけど、香奈は魅力的だった。まぁ、それはおいといて、結構疲れていただけあって横になったらすぐに寝そうになった。

数十秒の沈黙。「寝ちゃった?」と言う。正直、半分意識飛んでたけど目は閉じたまま「いや?」とだけ答えた。香奈がまた聞いてくる。

「あたしのこと好き?」 
「うん・・・好きだ・・・」 
「そっか・・・うん」

モゾモゾと何かが動く音が聞こえたけど目を開いて見る気力はなかった。「・・・やっぱりキスする」え?と目を開けると目の前に香奈の顔があった。次の瞬間には香奈の唇が俺の唇に重ねられていた。由佳さんのキスと違って、上手くはないキス。

でも一瞬で目が醒めた。唇を離してから数秒見つめ合ってから、お返しのキスをした。そこからはお互いにキスの応酬。チュッて感じの短いキスをお互いし合う。俺が上になったり下になったり・・・。狭い布団を抱き合いながらゴロゴロ転がりながらキス。

「舌・・・入れていい?」今思うとかなり恥ずかしい質問。香奈はクスッと笑いながら「いいよ」とだけ答えた。そこからは短いキスとディープキスの繰り返し。結構な時間夢中でキスをしあってたと思う。そうしたら、不意にガタッと物音がしたのでお互い動きが止まった。

音がした方を見たら猫がふすまを開けて入ってきただけだった。それがわかった途端に二人で笑った。猫を部屋から出してふすまを閉じて、また布団に横になった。

「智也、汗でシャツ濡れてんじゃん。」
「風邪ひいちゃうよ?脱いだら」 
「あ、ほんとだ・・・でも脱ぐのは・・・」 
「あたししかいないんだしいいじゃん」

なんか変に納得してシャツを脱いだ。 
よく見たら香奈も結構汗をかいてる。

「香奈も汗かいてんじゃんか」
「何?脱げって言ってるの?」 
「あからさまに言えばそうかな」 
「ん~・・・じゃあ、智也が脱がして?」 
「え・・・俺が?」
「うん、出来ないのぉ?」

香奈が挑発じみた言い方で言う。俺はそういう挑発に簡単に乗ってしまう性格だったため「よし、脱がす!」と意気込んでシャツの裾に手をのばす。それから何度も「いいんだな?」と確認をとった後に一気にシャツをめくり上げた。

まぁ、挑発に乗りながらも確認をとるところあたり、かなりヘタレ臭が漂うけど勘弁してください。何と言っても童貞だったし。とにかく、シャツを一気にめくりあげた。

俺がそこまで一気に脱がすと思っていなかったのか、とっさに胸を手で隠す香奈。「ちょ、ちょっと脱がしてとは言ったけど、そんないきなり・・・」多分そんな感じのことを言ってたと思う。でも俺はそれどころじゃなかった。

理由は簡単、香奈がブラジャーをつけていなかったから。自分で脱がしておきながらしばらく固まってしまった。「あ、ご、ごめん。下着つけてないと思わなかったから・・・」思わず体ごと反対を向く。何か自分が凄く悪いことをしたような嫌悪感に襲われた。消えてー!!そう思った。

すると香奈が優しい声で言った。「いいから・・・こっち向いて?」香奈の方を向くと香奈は布団をかぶっていた。何故か少し救われた気がした。でも、香奈が着ていたシャツが布団の横に脱がれているのを見てまた鼓動が高鳴った。

俺がどうしていいかわからなくきょどっていると「寒いでしょ?そんなところにいないで布団入ろうよ」と香奈が言ってきた。俺が返事をする前に、思い出したように香奈が言った。「あ、電気消して・・・」「ワカタ」変な発音でそう言ったのを覚えてる。

電気を消してから香奈の体に触らないように布団に入る。向かい合う。「なんで離れてるの~」そう言われてモゾモゾ近づく。香奈が抱きついてきたのでこっちも香奈を抱く。さっきは意識しなかったけど、自分の胸に香奈の胸が当たっているのがわかる。当然のごとく起ちっぱなし。上半身はくっついてるけど腰は引き引きだった・・・。

「素肌同士だとあったかいね~」「そだね」と言い、ちょっとの間抱き合ってから香奈が「下も脱ごっか」と言う。香奈はそう言うとモゾモゾ動いて布団からジャージをポイッと出した。「智也も早く!」そう言われて慌てて脱ぐ。

俺がジャージを布団から出すのを確認すると、体をピッタリとくっつけてきて、それからキス。お互いの体を押しつけ合うように抱き合いながら舌を絡ませ合う。勃起物が香奈の腿に当たっているのがわかったけど気にせず続けた。

ディープキスを続ける内に香奈の口から「んんっ・・・はぁ・・・」と声が漏れだした。その声が導火線に火をつけた。香奈の唇から唇を離し、頬から首にキスをする。そのまま香奈の首にキスを続けつつ胸に手を持っていく。香奈の胸を触る、初めて触る柔らかい胸に感動を覚えつつ胸を揉み、たまに人差し指で乳首に刺激を与えてみる。

反応は思いの外よかった。声が段々大きくなる香奈。「暑くない?」そう聞く。息を荒げながら「え?うん・・・」と答える香奈。その言葉を聞いて俺は掛け布団をどけた。いきなり布団をどけたからかまた胸を手で隠す香奈。今回は俺は止まらなかった。香奈に何も喋らせずキスをする。

キスをしながらさり気なく香奈の手を胸からどける。両手ともどけてからキスをやめて顔を下へ。ちゃんと香奈の胸をみたのはそれが初めてなので、思わず見入ってしまった。「恥ずかしいからそんなに見ないでよ・・・」恥ずかしそうにそう言うのが最高に可愛かった。

「ごめんごめん・・・」と言ってから香奈の胸への愛撫を再開する。乳房を口に含み乳首を下で舐める。もう片方の胸も手で刺激を加える。「あっ・・・んん・・・はぁ・・・」香奈の喘ぎ声でこっちも更に燃えてくる。そのまましばらく胸を攻め続ける。

ふと、視線が香奈の下半身にいった。次の瞬間にはそれまで胸を愛撫していた手を下に這わせていた。その手の動きに香奈が気付いて「あ・・・」と何か言いかけたけど無視して下着の上から然るべき場所を触る。湿っていた。下着の端から指を入れて触るとかなりヌルヌルして濡れているのがわかった。

「脱がせていい?」そう聞くと香奈は何も言わずに頷いた。香奈の下着を取る。そこを見られるのは抵抗があるようで足を閉じていたのでまたキスをする。キスをしながら指で濡れている場所を撫でる。撫でる度に鳴るヌチャヌチャという音が俺を激しく興奮させた。

段々と指を割れ目に沈めると香奈の反応も比例して大きくなる。動かしてるうちに指がヌッと膣に入っていくのがわかった。相当濡れていたため指はスルスル入っていく。「んあぁぁ・・・」と可愛い声を出す香奈。その声がもっと聞きたくて指の動きを激しくする。

くちゅくちゅくちゅくちゅ・・・その音と同じリズムで喘ぐ香奈。喘ぎながら香奈が言う。「ま・・・待って・・・あたしも智也にしたい・・・」そう言いながらトランクスの上からマララーをさする。「智也も脱いで・・・?」恥ずかしさはあんまり無く、トランクスを脱ぐ。

そしてお互いに手で刺激し始める。「ねぇ・・・智也のもヌルヌルになってるよ?」そう言われて見てみるとガマン汁がかなり出ていた。「ん・・・でも香奈には負けるよ」そう言いながら愛撫し合う。さっきまでと違って自分も刺激を受けるためうまくやりにくかった。

というより、香奈の手コキが良すぎて即イキそうになる。「ちょ・・・やばいやばい・・・」そう言うと香奈も察して動きを止めた。少しの間があってから香奈が言った。「ねぇ・・・しよ?」返事をキスでして布団に倒し挿入体勢へ。あとは繋がるだけ。ただ、一つ戸惑いがあった。スムーズにやれるか?俺!

まぁ、その戸惑いは香奈が入り口まで誘導してくれたことで解消したんだけど。グッバイ童貞、お前とは長い付き合いだったが・・・さらば。一気に腰を沈めると「ああぁぁぁ!!」それまでに無い声をあげる香奈。声が大きかったので一瞬「やばい!」と思ったけど、前日から続く雨は大雨になっていて雨音も激しいし大丈夫かな?と思っていた。

そうしたら「大丈夫・・・これだけ雨うるさいし、上までは声いかないから・・・」と言われてゆっくりピストン開始。さっきまで手マンをしていたせいもあってか香奈は限界が近そうだった。「とっ、智也ぁ・・・あたしもうダメ・・・!」と言われて俺も一気にラストスパート。とにかくガンガン突く。

俺の絶頂が訪れるのも早かった。「う・・・ごめん、俺ももう駄目だ・・・!!」一気に引き抜いて香奈のお腹から胸にかけて精子を放出した。しばらく二人してハァハァ言い合ってからティッシュで香奈の体を拭く。「智也すごくよかったよ・・・好き」そう言ってキスをしてくる香奈を抱きしめてキスをする。

しばらく裸のままでイチャイチャしてから、服を着てまたイチャイチャ。気がついたら俺はいつの間にか寝たらしくもう昼間。隣に香奈はいなかった。あー、ちゃんと自分の部屋で寝たのかぁてか、どんな表情で話したらいいんだろう。そんなことを考えてたら襖が開いた。

「おはよ!!やっと起きたぁ?寝過ぎ~」 
「あ、あぁ・・・おはよ」
「お腹すいてるでしょ?今から作ってあげるからね!」 
「え?香奈が料理すんの?まじで?」 
「お母さん達出掛けてていないんだもん」
「ていうか、なんか文句あるの?」 
「いや、無いです・・・お母さんいないのかぁ」
「お世話になったからお礼言いたかったんだけど・・・」 
「いいよいいよ、そんなん別にまぁ、とにかくぅ・・・」 
「んぁ?」 
「お母さん達、夜まで帰ってこないからまたしようね。」

そう言ってキスをすると香奈はパタパタと台所に行ってしまった。外は朝方の大雨が嘘だったかのように思える快晴。なんかさっきまでどんな表情で・・・とか考えてたのがアホらしくなった。俺は眠い目をこすりながら「食中毒にせんでくれよ~」と言いつつ台所に向かいました。


PAGE TOP