美人の先輩に甘えて包茎ち〇こを擦ってもらったところ・・


あれは大学生の時、クラブの合宿でのこと。
合宿では夜、大宴会があり、みんな酒を飲みまくる。
最初は大広間で飲んでいるのだが、そのうちみんな酔っ払って
いろいろと散っていってはそこらで騒いでいる。
俺も例外なく飲みまくっていて、ふだんではありえないくらい酔っていた。
酔っ払いながら女の子何人かと野郎何人かと喋っていたが、
そのうちみんな散っていって、俺の他は二つ年上の女の
先輩一人になっていた。
この先輩(優子さん)はなかなか美人で俺のお気に入りだった。
俺は自分の中では相当酔っていたが意識はあり、一部冷静な自分も
存在していた。

俺はかなり酔っていて、ろれつもあまり回らない状態だったので
廊下の壁にもたれかかり、優子さんと二人で喋っていた。
だんだん尿意が限界に近づいてきたので「ちょっとトイレ」
と言って立ち上がろうとすると足がふらふらでがくっと
膝をついてしまった。

優子さんが「アキラ君、大丈夫?」と俺に言ってきたので、俺は
「大丈夫ッス」と言いながら立ち上がったが、またがくっと
膝を着いてしまった。見かねた優子さんが「もう、、トイレまで連れてって
あげる」と言って、俺の肩を抱えてくれて一緒にトイレに連れて行って
くれた。

トイレまでくると俺はむちゃくちゃ気分が悪くなって吐きそうになり、
優子さんに「気持悪ぃ〜」と言うと、「じゃあ吐いた方がいいよ」と
男子トイレの個室まで付いてきてくれた。

俺は便器(洋式)に向かって片手をトイレのタンクにかけて前かがみで
もたれている格好で、うぇ〜、と吐いているとき、優子さんは
俺の背中をさすってくれていて、俺は酔っ払いながらも心の中で(悪いな〜
迷惑かけてるな〜)と思っていた。

で、一旦水を流し、優子さんがいるけどまあいいやと思い、おし*こを
しようとタンクにかけている手を離すとまた倒れそうになったので、
優子さんが慌てて体を支え、「大丈夫!?」と言ってきた。

俺はこりゃムリだと思い、優子さんに「おし*こさせて下さい〜」と
回らないろれつで言った。普段ならこんなこと言えるはずないが、
酔っ払っていたのでどうでもいいやって感じだった。

優子さんは「え〜?そりゃまずいっしょ?」といっていたが、俺は
「むり〜、漏れそう〜」と言った。実際、膀胱はかなりパンパンだった。

優子さんは「もうしょうがないなー」とあきれながらも怒っていないような口調で言った。
そして俺の背中側から抱きかかえるように手をズボンのチャックに回し、
チャックを下ろそうとした。しかし、俺が前かがみになっているせいか
なかなか上手くチャックが下ろせず、あきらめてベルトをカチャカチャと
外しだした。

ベルトを外し、ズボンのボタンを外してチャックを下ろした。
ズボンは膝の上辺りくらいまでずり落ちた状態となった。
優子さんは俺のトランクスのゴムに指を掛けると、トランクスを少し下にずらして
俺のちんこをあらわにさせた。

優子さんはその瞬間「あっ」と声を上げ、「アキラ君包茎なんだ」と言ってきた。
俺は(しまった!)と思った。酔っていたせいで、包茎がバレるということが頭になかった。
俺のちんこはおし*こを我慢しているにもかかわらず、
酔っているせいか、小さく縮んでいて皮が完全に先まで被っていた。

俺は酔っ払いながらもちょっと恥ずかしくなり、
思わず「すみません」と謝ってしまった。優子さんはちょっと笑いながら
「も〜、なんであやまんの? はい、おし*こして」と言いながら、
俺の包茎ちんこを人差し指と親指で摘んだ。

俺はおし*こを出そうとしたが、我慢しすぎと見られていることで最初
なかなか出なかった。しかしちょろちょろと出だすと、そのまま勢い良く
じょろじょろーと出た。
「我慢してたんだねー」と優子さんは俺にいい、「はい」と俺は答えた。



ちんこを摘み、凝視しながら優子さんは「ほんと男って便利よね〜」などと
言っていた。
おし*こが終わりを向かえ、俺は開放感に少し浸っていた。
優子さんはトイレットペーパーを片手で少し取ると、俺のちんこの先を拭いてくれた。

そして、パンツとズボンを履かせてくれるのかと思っていたが、そうはせず、
そのまま俺のちんこの先の皮を摘みあげた。俺は「あっ」と言うと、
「あ、ごめん、痛い?」と聞いてきたので、「いえ」と答えた。

優子さんは黙ったままちんこの先の皮を摘んだままクリクリと捻るようにイジってきた。
そして「結構伸びるんだね」と言いながら今度は少し引っ張った。
それを繰り返されているうちに俺はなんとも言えぬ気持ちよさで、
ちんこが硬くなってきた。
ちなみに体勢は最初の通り、俺の背中側から優子さんが抱えるようにちんこに手を回してる状態。

「ねえ、気持いいの?」と俺に聞いてきたので、「、、はい」と俺は答えると、
「へ〜、こういうのでも気持いいんだ。ねえ、これって仮性包茎なの?」と聞いてきた。
俺は恥ずかしくて「そうです。すみません」と謝ると、「だからなんで謝るのよ〜」
と笑いながら言ってきた。「いや、なんか恥ずかしいし」と答えた。
「ふーん、そんな恥ずかしいもんなんだ? なんで恥ずかしいの?」と聞いてきた。

俺は「なんでって言われても」と困ってると、「え〜?なんでなの?」と
執拗に聞いてきた。わざと俺を困らせるために聞いているのか、純粋に悪気なく聞いているのか俺にはわからなかった。
「いや、、なんていうか、大人は剥けてるっていうイメージっていうかなんというか、」
と俺は困りながら答えた。

「そうかー。じゃー、アキラ君はまだ子供なんだね」と俺に言ってきた。「いや、そういう訳じゃなく」
と俺が答えると、「でもアキラ君剥けてないよね?今自分で包茎は大人じゃないって言ったでしょ?」
とまた攻めてきた。俺のちんこはこのときすでにビンビンになっていたが、まだ優子さんの指で先っちょを摘まれていた。

優子さんは指を離して今度はサオの部分を摘みながら「カチカチだねー。でもまだ子供だけど」とちょっと
バカにしたような口調で言ってきた。確かに起っていても俺のちんこは先が少し覗いている程度だった。

「じゃ、私がアキラ君を大人にしてあげるね。これ、剥けるんだよね?」と聞いてきたので、
「剥けます」と答えると、優子さんはちんこのカリ辺りを摘んで、ゆっくりと皮を剥いていった。
優子さんは「うわ、出てきた出てきた。なんかいやらしぃ〜」と言った。
完全に亀頭をあらわにすると、「はい、大人になりました。よかったね」と言いながら、
俺のほっぺたにキスをしてきた。俺は優子さんの方に顔を向けると、優子さんは今度は俺の口に
キスをしてきました。キスをしながら優子さんは右手で握ったちんこを擦ってきた。

優子さんは「気持いい?」と聞き、俺は「はい」と答え、俺の息は荒くなっていった。
一分しないくらいで俺はイキにそうになり、「イキそうです!」というと、「いいよ」と答え、
俺は便器に向かって放出した。

「ちょっと早かったかな?」と少し笑いながら言うと、優子さんは指をちんこの先へ
精液を搾るように何度か動かし、最後に先に皮を集めて摘み上げ、
「アキラ君はおこちゃまだから元に戻しておいてあげる」と言いながら、皮を被せた。
そしてトランクスとズボンを元に戻すと、「今日はアキラ君の秘密を知っちゃったね」
と言ってきたので、「誰にも言わないで下さいよ」と俺が言うと、

「誰にも言わないよ。アキラ君が、包茎で早漏だってことは」とわざと強調して言ってきた。
「早漏って、、、たまたまで」と言うと、「言い訳してもダメー。まだ子供なんだから」
と言われた。そして、「たまに子供かどうかチェックしてあげるね」と言うと、二人でトイレをでた。
俺はその言葉でぞくぞくしてまた股間が熱くなるのを憶えた。