男は深く深く妻に腰を押しつけ妻の中に射精した


右手足、左手足をそれぞれ縛られ、目隠しをされている妻。
手足の自由と視覚を奪われた妻の足がM字に開かれ、露わになった秘部を男は容赦なく
弄った。妻は泣きながら、消え入りそうな声で「止めて下さい」と何度も繰り返す。
「やめるわけないでしょ」
男は冷たく言いはなし、やがて怒張したものを妻の秘部にあてがい一気に挿入した。
「ヒッ、ウググ、」
妻は、小さく悲鳴を上げ、泣きながら、激しく打ち付ける男のモノに必死で耐えていた。

しばらくすると、妻の鳴き声に、徐々に喘ぎ声が混ざりはじめ、次第にそれは大きくな りはじめた。

「×××されながら感じてんじゃねーよ」
男は、周りの人間に聞こえるように、半分笑いながらいいはなった。

「やだ、やだ、やだぁぁ」
妻は、泣きながら、しかし確かに感じていた。

「人に見られながらハメられて、悦んでるなんて変態だな」
また笑いながら身動きの取れない妻に激しく打ちつけながら男は言った。
「いやーーー!!!」

やがて、妻は泣きながら、体を大きく波打たせ、果てた。
一人目が果てると、間髪をいれずに次の男が妻に覆いかぶさった。
若いこの男は、前儀もなしに激しく激しく腰を妻に打ちつけた。

一度果てた妻は、この異常な快楽に抗うすべもなく、悲しく喘ぎ続けていた。
「うわぁ、こいつマジで感じてるよ。×××されたかったんじゃねーの!」
男は嬉しそうに言った。

「毎日、ハメられること想像してオナってたんだろ」
「あーあー、こんな変態女だったんだ」
「気持ちいいなら気持ちいいっていえよ、ホラッ変態」
周りの男どもも好き勝手に妻を罵り辱めた。


「ウグ、ウググ、イヤイヤァーー」
ほどなくして妻は2回目の絶頂を迎えた。
一回目よりも激しく、体を震わせ、波打たせ。
拘束され身動きの取れない体が、イク瞬間に激しく痙攣する。

「お、いいね、このリアルダッチワイフ」
「はやく俺にも肉人形に入れさせろ」
男たちは、歪んだ笑みを浮かべながら口ぐちに言い合った。

あきらかにヤクザだとわかる男が、妻に覆いかぶさった。
すでに2人にハメられて、絶頂させられた妻。

絶対に受け入れてはいけないはずの夫以外の肉棒で、しかも、集団×××という状況で・・・

三人目の男は、やはりあきらかにその他の男と違っていた。
「もっと、声出して雰囲気だせや」
男は、低く太い声で妻に言った。
堅気の人間では出せない「凄み」がその男にはあった。

「イヤイヤ」
妻は恐怖と快楽の入り混じった声で呟いた。
「今さら可愛娘ぶってんじゃねえよ。この変態肉便器がぁ!」
男はそう言うと、激しく殴るように妻に体に打ち続けはじめた。
まるで工作機械が、永遠と作業を繰り返すように・・・。

男が打ちつけるたびに、激しい音とともに、妻の体は衝撃で波打った。

「あ、最高です、気持ちいいです!」
「×××されたかったんです、もっとハメてほしいんです!!」
「私変態です、肉便器です、ダッチワイフですぅ!!」
妻は、男に命令され、何度も何度も絶望的に屈辱的な言葉を叫ばされた。

やがて、男が、
「中で出してほしいだろ、中で出して下さいって言え!」
というと、妻は泣きながら
「中で出して下さい、お願いします」
と嗚咽と快楽の入り混じった声で言った。

男は、深く深く、妻に腰を押しつけ、妻の中に射精した。

そして妻も、このあり得ない状況の中で快楽を感じながら果てた。


PAGE TOP