彼が腰をゆっくり動かし始めると妻の口から喘ぎ声が・・


「こんな所で、凄い事してるじゃないか」
 「おっ、おい何なんだ」
 「あれ、同じマンションの加藤さんじゃないっすか?」
 「お前は・・・」
妻(美里33歳)は教師、私(和人36歳)は市役所職員をしています。
結婚5年を迎えますが、未だ子供はいません。 お互い堅い仕事と言う事もあってストレスが溜まっており、それを解消するかの様に夫婦の営みは激しい物でした。
初めは家の中での軽いSMや道具責めなどから始まり、やがて野外でもエッチをする様になっていったんです。

その日もいつもの様に、深夜23時を回った時間に近くの大きな公園の男子トイレに向かい妻の衣服を脱がせ、軽く縛るとトイレの柱に両手の紐を吊るします。
そんな姿のまま、私はバックからおまんこやお尻の穴を舐め、やがてギンギンの肉棒を刺し込むのです。

この時間にトイレに来る人はありません。
来た所で酔っ払いや浮浪者!一瞬静かにしていれば直ぐに出て行く事を知っていた私達はちょっと安心していたんだと思います。
妻も私も絶頂を迎え激しく燃え上がっていた時です。
トイレに誰かが入って来たのを、一瞬遅れて知りました。

 「んっ・・・誰かいるのか?」
男性がトイレに入った時に妻の喘ぎ声が聞えてしまっていた様です。
”ハッ”とした瞬間にはトイレの扉が開き、妻と私の哀れも無い姿が男の目に留まったんです。

彼は同じマンションの住人で、強面の40代男性。
近所の方の話では繁華街で飲み屋を経営しているらしいのですが一説にはボッタくりバーとか?ヤクザじゃないかって噂もあって、誰も彼に近付く者はいません。

 「加藤夫妻はこんな趣味持ってたんだ」
 「いや・・・これは違うんだ」
 「違うって・・・証拠写真も撮っちゃったし」
 「消してくれ・・・頼む」
 「いや~どうしようかなぁ?」
 「お金で買わせてくれ・・・幾らで売ってくれるんだ」
 「可愛い奥さんですね!ロープに縛られた姿!凄く興奮しちゃうなぁ」
 「頼む!この事は誰にも言わないでくれないか?」
 「後で連絡しますわ」

そう言って彼は携帯番号を聞いて来て妻と私の連絡先を教えたんです。
慌てながらも妻の縛った両手と体に巻きつけたロープを外し、服を着せると部屋に戻ったんですが、お互い震えが止まりません。
後悔してももう遅く、ただ彼が黙っていてくれることを祈っていました。

数日が過ぎ、彼からの連絡も無くお互いちょっと安心していた時に、彼が部屋を訪れて来たんです。
彼が”奥さん教師なんですね!旦那さんも市役所職員!驚きましたよ”彼の言葉に2人は言葉を失いました。


 「こんな姿、生徒に見られたら・・・生徒喜ぶかなぁ~凄い姿だもんね」
 「おい!何言ってるんだ」
 「あんただって市役所職員が公共のトイレでこんな事してるって知れたら大変なんじゃないの?」
 「それは・・・」
 「まぁ、別にそんな怖い顔しなくてもいいっすよ」
 「お金は払うから・・・頼む見逃してくれないか」
 「ん~お金貰って済ませようか?悩んだけど・・・奥さん可愛いし・・・俺にもちょっと貸してくれるなら黙っていますよ」
 「貸すって・・・何言ってるんだ」
 「たまに俺の相手してくれるだけでいいんだけど・・・奥さんどうする?」
 「嫌よ・・・」
 「そう言えるの?写真を生徒に・・・いやネット上に張り付けて世界中の人に見て貰おうか?」
 「お願い・・・それだけは」

彼が家を訪れて1時間程、話し合いは続きましたが、彼は妻を貸出す以外の条件は出す事はありません。
渋々了承するしかなかったんです。

目の前で妻は彼の手で服を脱がされ、下着に手を掛けられていました。
私は後ろの椅子に座らせられ、妻が犯される姿を見ているしかなかったんです。
全裸の妻がソファーにM字に座らせられると男の頭が股の間に入り、妻の陰部を入念に舐めやがて彼がベルトに手を掛けズボンを下ろし始めたんです。
私達の目の前に彼の一物が現れた時には、お互い驚きの表情でした。

長く太い肉棒!私は今まで見た事がありません。
カリ首辺りはボコボコと凹凸があって、彼が自慢げに”改造チンポ凄いだろう”と言っていました。
彼の肉棒は手術により何かを仕込んでいる様で、今までも何人もの女性を虜にして来たと言っています。
妻も彼の舌使いにおまんこから大量の汁を出し、今にも受け入れる準備が出来ていました。
そんな妻のおまんこに彼の巨根がジワリジワリと入り込ん行ったんですが、流石に妻も苦しそうです。
2/3位入った所で膣にぶつかったのか?それ以上は入って行きません。
彼が腰をゆっくり動かし始めると、妻の口から喘ぎ声が出始めたんです。

何分なのか?何時間なのか?目の前で妻が犯される姿に意識朦朧となりながらも股間が勃起したままの私。
彼が妻の膣内へ何度出したのか?ソファーはすっかり彼の精液と妻の愛液で汚れ、妻は何度も逝かされ息を荒らし意識朦朧となっていました。

気づけば深夜12時を回っていて、彼が満足げに部屋を出て行ったんですが、出る間際に”また来るわ”と言い 残していったんです。

そして…
汚れた妻を連れ、風呂で体を洗い流しながら、私は勃起した肉棒を妻に刺し込んでいたのです…。


PAGE TOP