チンコがデカかったおかげで、Eカップのおっぱいでパイズリフェラしてもらえたwww


俺のクラスの麻奈という彼女が、

かなりの巨乳だ。

クラスには、

他にも巨乳の女の子がいたが麻奈がダントツで大きかった。

「オッパイ大きいね。何センチ?」

「92センチ、Eカップ」

「すごく大きいね。パイズリしてもいい?」

って聞くと、

「大きいチンポだったらいいよ」

というので、おもむろにチンポを出してやった

「へえ~。大きいじゃん! いいよ、パイズリしてあげる」

制服を脱ぎ、

ブラを外すと大きなオッパイが、

ぷるんっと出てきた。

早速、その巨乳にチンポを挟み、

はみ出たチンポの先をしゃぶらせた。
「じゅぶっ!じゅぶっ!じゅぶっ!」

だんだん限界になってきた。

「もう、出る。出すよ。俺の精子、全部飲んでくれよ」

「うっ!」

「ドクッ!ドクッ!ドクッ!」

麻奈の喉の奥に大量の精子をはき出した。

「ゴクン、ゴクン。ゴクン。ゴクン。ゴクン。」

と俺の精子を飲み込んだ。

麻奈の口からチンポを抜き取り、口で受け止めきれず、顔についている

精子とチンポに残っている精子を全部舐めて飲ませた。



「今日もたくさん飲んだね。」

「うん、○○の精子、おいしい。」

「今度は、下の口で飲んでよ。」

「うん。」

そのまま正常位の体制になり、激しくピストンした。

「ああ~っ! あっ、あっ!」

プルンプルンと揺れる巨乳を揉みしだくと、

ただでさえ締まりのいい膣が

俺のチンポを更にキツく締め付けてくる。

俺は、腰を動かしながら、ラストスパートに入った。

「ぐちょ…ぐちょ…パンパンパンパン!!」

更に動きを加速して行く。

「もうだめ!だめぇ!イクぅぅぅぅ!!!」

「麻っ、麻奈っ!膣に、膣に出すぞ。」

「アァアア キテ 膣に…膣に出して イク イっちゃうぅぅぅ~~」

「うっ!」

「ああっ、あぁん、あっ、ああっ! あああああああああああぁ――!!!」

 ドクッ、ドクッ、ドククッ、グピュ、ドピュッ、ドピュピュン!

麻奈が絶頂に達すると同時に、

大量の濃い精液を子宮に注ぎ込んだ。

「今日はすごくたくさん出たね。飲みきれなかったよ」

飲みきれなかった精子が、彼女の膣から溢れてた。

こんな調子でいつも麻奈と、Hしてます。