安芸の宮島へ不倫旅行


昔のことですが、恋人と宮島へ出かけました。
広島を午後に出発して宮島口から船で渡りました。

予約していた宿さんから番頭さんが桟橋まで出迎えてくれました。
当地では老舗の料理旅館で宮島港から歩いて数分の場所でした。
本館と別棟のお座敷が点在していました。
目の前には木々の中でせせらぎもあり、豪華な部屋だったと記憶しています。
和風のお座敷へ案内されました。
お座敷の専用玄関から寝室用の和室へ向かいます。

内湯がありましたから、そちらで汗を流して宴会用の和室へ移動しました。
初秋の頃でしたから紅葉が少しずつ色付いていたようでした。
彼と2人で床柱を背にして外部の景色を眺めながらの食事です。
時代を経た建物が公園の景色と調和して落ち着いた雰囲気でした。
アルコール類をいただきながら料亭の味を楽しませて頂きました。

食後に入浴してから床に就くことにしました。
浴衣に着替えて浴室に向かいます。
下着は着けていませんから彼が浴衣を脱がせてくれたら・・・。
私が彼の浴衣を脱がせてあげました。
立派なジュニアが起立していました。

お互いにジュニアとベビーに触れながらの入浴です。
広い浴槽でしたので彼の膝に乗せて頂いて・・・。
彼は後ろから私の乳房を両手で包むようにして触れます。
お尻には彼の分身が起立していますから、恥ずかしかった・・・。

浴槽の中でキスをしながら仲良し会のスタートです。
彼のリードに任せてジュニアを持ちます。
浴槽で立ったままで結合を図りましたが、すんなりとは参りません。
彼が腰を沈めて私が跨がるようにして合体出来ました。
仲良くする前提ですから、私のベビーからは沢山のジュースが流れていました。
水曜日にデートをしていましたから、土曜日までの3日間でエネルギーが溜まっていたみたいでした。

入浴を切り上げて寝室へ移動して、お布団の上にバスタオルをして繋がりました。
乳房を吸われてクリを剥き出しにされて・・・もうメロメロでした。
私は何回も絶頂になっています。
彼が上向きになって私が上から攻めます。
騎乗位です。
私が激しく動きますと彼のジュニアとクリが接触して絶頂が連続しました。

彼がローションを取り出して私のベビーに塗ります。
彼の中指や人差し指が私の中に侵入してきます。
私の泣き所を攻められて・・・。
朦朧としていました。



私がうつ伏せになると、彼が後ろからコンタクトしてきました。
お尻を少し上げられてすんなりと結合出来ました。
彼の両手が私の前からクリに攻めてきます。
クリを激しく刺激されていました。
私は気持ちよくて彼のなすようになっていました。

彼が再びローションを塗ってくれました。
また彼のジュニアが私に入ってきました。
繰り返し、繰り返しの感激でした。
お酒のせいでウトウトとしていましたら、彼のジュニアが私のお尻に突き刺さりました。
彼の両手は私のクリに、ジュニアは私のお尻です。
お尻での経験は初めてでしたが、きつくてとても痛かったです。
経験のないことでしたから・・・。
彼も初めての経験みたいでした。
入れた、ほぼその瞬間に射精されました。

射精後もそのままで繋がっていましたら、10分くらいで彼が再び回復しました。
5分くらいの往復運動の後で私が上向きにされました。
今度は彼は上からです。
正常位で胸を合わせています。
ベビーにキスをしてもらいクリを噛まれました。
私も彼のジュニアをおしゃぶりします。
私の舌がまとわりつくようだと言って喜んでくれます。

その頃、私にはボーイフレンドはいませんでしたから、男性は彼しか知らない時でした。
若かったので、一晩で5回以上の結合が普通だと思っていました。
キスから始まって、正常位、伸長位、騎乗位、後背位などなど・・・。
彼が訪問前にショーツを脱いでいて欲しいと言えば、素直にそれに従っていました。
キッチンに向かって調理中は立位で後ろから合体です。
後ろから合体して、真下から突き上げられると深く挿入されるので素敵でした。

彼が射精するとジュニアは小さくなります。
私がベビーを締めると、小さくなったジュニアは体外へ放出されます。
彼の精液倉庫が空っぽになるように、私のお口で全部を吸い取ります。
私は彼が奥様と仲良し会が出来ないようにしていました。
こうしておけば彼は家庭で奥様と交接出来ません。
私が独り占めです。

生理の始まる前、私はとても興奮します。
仲良し会の最中に生理が始まるのはスリルがあります。
彼のジュニアが赤く染まりますから。
彼のジュニアがタンポンの代用みたい。
いつも避妊の用意はしていませんでした。
妊娠すれば産むつもりでしたから・・・。

昔のことを記しました。
主人は先立ちましたから、この文章を読むことは出来ません。

タイトルとURLをコピーしました