義弟は久しぶりの中だったらしく激しかったです


わたしは結婚しており、25歳で子供もいます。
主人以外とのSEXなんて考えられずにいました。でも、実はつい最近、主人の弟とSEXしてしまいました。
それは、たくさんの家族が泊まりにきて寝る部屋がなかったときのことです。
仕方なくわたしと子供が寝る部屋に義弟を泊まらせました。主人は仕事でいない日でした。義弟も奥さんが体調悪く一人できていました。
わたしがベッドで義弟が下の布団で寝ました。普通にふたりとも寝たのです。

しかし、トイレに行きたくなり起きて、暗いし寝ぼけているし、義弟がどこに寝ているかよく見えずに歩いたらつまずいて覆いかぶさってしまいました。

義弟も、ちょっと痛そうにしていてごめん、と言ってわたしはトイレに行こうとしたのですが義弟がしがみついて離してくれません。

奥さんの名前を呼んでいるようで、その奥さんとわたしの体型は細身で似ていることから間違えたそうです。

ちょっと、、違うよって手でのけようとしても男の人の力はすごいので、全然だめです。
しだいに、弟の手は胸やお尻を触りはじめました。

触りかたがとても上手くて・・・・・でもダメなことなので叩いて気づかせようとわたしは必死でした。

でも気付かず、、ちょっとまた眠りに入ったのか手の力が緩んだので逃げようとしたら、
「なんでいくの?なんでいつもさせてくれないの」と。
義弟はたしか奥さんと産後レスです。でもすごく奥さんを愛していてかわいそうなくらい。

「だからわたしは優子だよ!」
と言ってもあまりわかっておらずまた強い力で押さえつけてきます。キスもしてきました。

愛撫も・・・主人のと比べものにならないくらいのテクニックで子供がいるので大きな声は出さないようにしてましたが、かなり出ていたと思います。

ダメな気持ちと快楽とが混ざり合い変な感じでした。わたしはビックリするくらい濡れてきました。

義弟の固くなったものが、身体にあたって、このままほしい・・・でもダメと繰り返してました。
「ねえ・・・わたし、奥さんじゃあないよ」
って快楽を押し殺してもう1度いいました。義弟はハッとして暗い中目を凝らしてこちらを見ました。

「え?!ごごめん」
とかなり慌てたようです。すごく申し訳ないとずっと謝ってました。
「でも確かに、あいつと違ってグラマーだとは思ったんだ、でも夢のような感じでよくわからなかった」
といいました。

「こんなにギンギンで・・・・ごめんね、おれ、違う部屋で寝るわ。兄貴には黙っておいて」
っていわれ、ほっとして、
「大丈夫だよ、わたしがこんなに濡れてしまったこともいわないでね」
と冗談まじりにいいました。

弟はいったん廊下に出ましたが戻ってきました。わたしもトイレに行きたかったのでまだ眠ってはいませんでした。


「どうしたの」
と聞いたら、
「ごめん・・・こんなことお願いするのはおかしいけれど手でいいから、これだけしずめてくれないかな」
と小声で申し訳なさそうにいわれました。

かなりびっくりして動揺してどうしていいかわからなかったけれど、正直義弟のそれはかなり大きくてどきどきしてました。
「じゃ・・・じゃあ手だけなら内緒だからね」
と主人に申し訳なく思いつつも、手で触りました。

「ああ・・・すげー気持ちいい、優子ちゃん上手いんだね。」
といってくれました。
熱くなったそれを握りながら、わたしもすごく濡れてしまいました。

もう、よくわからなくなり思わず口に含んでしまいました。
「あ、、優子ちゃん・・・そんなことされたら俺・・・」
といった義弟は私の口の中に溜まっていたものを大量にだしました。
飲むのは苦手なのでティッシュにだしました。

その様子を見ていた義弟が、
「なんか・・・気を遣わせてごめん」
っていいました。
わたしはかなり興奮していて息があらくなっていました。

「昔から知っているのにこんなふうになるなんて思わなかったね。」
っていいました。

「でも・・・正直・・・触られて気持ちよかった。このまましてもいいと思ったよ」
っていったら、
「そんなこと言われたらしない男なんていないよ・・・」
さっき出したばかりなのに義弟のそれはまたかなり大きくなっていて興奮しました。

子供が起きてないことを確認し、義弟が寝ていた布団に移動し、たくさん愛撫されました
「今日だけ・・・ごめんね」
といわれながら触られたので、わたしのあそこはびしょびしょで、すぐに義弟が入ってきました。

大きくて主人のでは当たらないところにまできてもうおかしくなりました。何回いったかわかりません。
シーツはびちょびちょだし、いけないことしているから余計に感じちゃうしで…
もうどうなってもいいと思いました。
いろんな体位でしました。義弟は久しぶりの中だったらしく激しかったです。

「お腹にだせばいい?」
と聞かれたけれど、もうおかしすぎて、
「中で大丈夫だよ」
っていってしまいました。

わたしの中で果てた義弟は、
「ほんとにありがとう正直、ゆかり(奥さん)よりも気持ちよかった・・・、ごめんね、でもありがとう」
とぎゅっとされました。

それから10日くらい経ちますが、今度、義弟の家族と旅行にいくので顔をあわせます。
どんな顔したらいいかわかりませんが、お互い何もなかったようにしたいです。

でもわたしの身体は義弟を求めてしまいます。
オナニーも、あのときのことを思ってしてしまいます・・・

こんなわたし、、いけない妻ですよね・・・、


PAGE TOP