ヌルヌルと滑るように硬いペニスは入って来ました…


私は35歳の人妻です。結婚して10年経ちました。
主人と子供が2人いて都心のマンションで暮らしています。
主人の実家は千葉なので毎年、田植えの手伝いに行っています。
そして秋には美味しい新米を貰いに主人の実家に行くのです。
主人はアルコール類が全くダメですが、私は大好きなので実家でワイワイ騒ぎながら飲むのが楽しみにもなっています。
あまり飲みすぎないよう注意はしていますが、最後は主人のお兄さん(40歳・独身)とトコトン飲んでしまっています。

しかしお兄さんには、酔うと親しくしている人や知っている人には男女関係なく抱きつく癖があります。

抱きつくと言ってもハグする程度なんですが、相変わらず私もお兄さんにハグされまくってます。

でも去年の秋は少し違っていました。
いつもの事が始まったかなと思ってたのですが、私にしがみついてそま場に押し倒されてしまいました。

悪ふざけ程度にしか思っていませんでしたが、急に起き上がると、
「チョッと」
と私の手を掴むと外に連れ出されました。

「何、何、どうしたのよ~」
と私は言いながらも、手を引きずられるがまま付いていくと隣の作業場へ。

その場でまた抱きつかれてしまいました。

後ろに回した手が私のお尻を触りだし、股間を押し付けてきました。

固い物を感じました。

お兄さんはそんなことする様な人ではないと信頼しきってましたので、つまらない冗談と受け流し、私も酔った勢いで腰をクネクネさせ、
「お兄さんのかた~い」
などと言ってふざけていました。

でも本気だと気付いたのは、私のズボンを少し下げ、中に手を入れて直接尻を触りだした時でした。


素早い行動でした。
その瞬間、
「この人、本気だ」
と感じたもののどうしていいのやら、こんなことマズイと思う自分と少しばかり期待している自分が居ました。

拒否はしていたと思いますが、体はお兄さんから離れませんでした。

お尻を触っていた手が私のアソコをいじり始め、
「濡れてるね」
と恥ずかしい事をお兄さんは言ってきました。

自分でも解ってました。
私の体は自然とペニスを受け入れる準備をしていたのです。

私はいけない人妻でした。
皆は寝ているとはいえ、いつ気がつかれてもおかしくない状況に少し心配になっていました。

お兄さんは私のズボンと下着を膝まで下げ、後ろ向きした私に一気にペニスをねじ込んできました。

私も入れやすい様に尻を少し突き出す姿勢になっていました。

いけないことをしているのに、私のアソコは完全に受け入れ準備が出来ていたらしく、ヌルヌルと滑るように硬いペニスは入って来ました。

お兄さんは私の名前を言いながらオッパイを揉み、ペニスを激しく打ち込んできました。

そんなに長い時間していないのに私はイってしまいました。
自分でもこんなに早くいくなんて信じられませんでした。

そのうち、
「出していいか?」
と言うお兄さんの声がしました。

「ダメ!抜いて!」
と言い、膣内に射精されるのだけは何とか避け、お口に入れてしゃぶって出してやりました。

お口に入れた感触では、主人より硬くて立派なモノでした。

何となく罪悪感みたいなものもあり、二人とも無言でしたが、身支度して、何もなかったかのように家に戻り、そのまま眠りました。

翌朝、私たちは帰りましたが、お兄さんの顔が「また今度来た時やろう」と言っているように思えましたので、私も笑顔で挨拶しました。

今度、実家に伺う日を楽しみにしています。


PAGE TOP