彼氏と付き合い始めた頃の体験です


彼氏と付き合い始めた頃の体験です。
女の友人の弟、ミツル君の家庭教師をすることになりました。
高2の男の子でカワイイ。勉強し始めたけれど、私に「君恵さんは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。 
何回かしたある日、ミツル君の家を訪ねるとお母さんが出て、ミツル君はまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われました。
部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。
 本棚には隠すようにエッチな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。

 やっぱり男の子だと思いました。

 ミツル君が帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。

お母さんは「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。
 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとミツル君は「君恵さんが気になる」と言いました。

「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「君恵さんのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。

「今まではエロ本見て一人エッチしてたけど、今は君恵さんを想像して……」

 そんなミツル君を見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?」と聞きました。
 ミツル君は驚いた様子だけど頷きました。

二人でベットに座り、キスを私からします。
「ちゃんと絡めて」とミツル君にディープキスを教えました。

 お互いの服を脱がし下着だけになりました。
 ミツル君は私の下着姿に興奮したのか、パンツがテントを張っていました。

 私は、ミツル君のパンツを脱がすとビンビンのチンコと対面しました。

私が、しゃぶりつくと「君恵さん!? うっうっ!」と気持ち良さそう……。
 裏筋を舌でレロレロして、右手は玉をモミモミ…チンコを口に吸い込み上下に動かすと、「うっ! 出る…っ!」と私の口から引き抜いて、床に射精しました。


 ミツル君は、ハァハァと気持ち良さそうにしていました。

「私の事もして?」とミツル君の手を私の胸にを触らせました。
 ミツル君は本能のままに、胸を揉み始めました。

「乳首を舐めたり、転がすの…」と教えます。
 慣れてないのがまた、可愛い!

 私が感じ始めた頃には、ミツル君は慣れてきていました。
「ミツル君…気持ちいい」
「君恵さん可愛い!」
 私は、アソコを足を開いてミツル君に見せました。

「グロテスクでしょ?」
「ううん、」と舐めてきました。
「ミツル君っ! あっっんっ!」と喘いでいました。

「すげー濡れてる」
 ミツル君は指を1、2、3本と増やし掻き交ぜてきます。
「ミツル君っ! だめぇっ…」
 ビクンっビクン!
 私はイキました。

「君恵さん、イッたんだね!」と。
 ギンギンになり、先からは液が溢れ出しているチンコを見せてきました。
「入れてっ」
「うん!」
 ミツル君がチンコを当てがうと、ニュルンと開ききった私のおまんこは、簡単に飲み込みました。

「ううっ!キツイ」と奥まで入れて、ミツル君は動き始めました。

 グチュッグチュッ! と私のおまんことミツル君のチンコが絡み合う音がして……
「ミツル君っ! 上手……あぁ~ん」

 奥まで突いてきて、ミツル君も
「もう、だめだぁ~うっ!」
「あ~イッちゃうっ!」

 二人でイケました。

 その後は騎乗位をしました。
 ミツル君の上に跨がって、自分の重さで入ってくのが気持ち良くて好き……。
 気持ちいい所に当たって私がイッてしまいました。

 彼氏がいるのにイケないことしていまった……絶対内緒にしなくちゃ。


PAGE TOP