新しい彼氏がいるのに元カレとのセックスが気持ち良すぎてやめられません


この前お話したのは、元彼と同窓会で再会して、酔っぱらった勢いで、

元彼の家に連れていかれちゃって、そこで無理矢理犯されたんですけど、

最後には自分から中出しをお願いしてしまい、

翌日もヤラれまくったんですけど、今彼に申し訳なくて、

「二度と会わない」事を心に決めて帰ったんですが、

しばらくして今彼とデパートでお買い物中に元彼が現れたのです・・・・・

元彼はランに「この前の事は彼氏に内緒にしてほしんでしょ?」と言って

デパートの女子トイレに連れ込まれました。

そして、入ってすぐにベルトを外して、アレを顔の前に突出してきました。

もうすでにビンビンになっていて、頭ではいけないと分かっているのですが、

昨日見た今彼のアレと比べてしまいました。

全然モノが違うのが分かってしまい、

一緒にこの前の激しいセックスを思い出してしまって、

元彼に「しゃぶれ」と言われた瞬間に自分でしゃぶっていました。

ここからはランも以上に興奮してしまって、

完全に頭がおかしくなっていたと思います。
元彼の計算だと思いますが、

メンズフロアの女子トイレなので、

ほとんど使う人がいなくて、

たまに人が来るドキドキと、

今彼が近くにいる興奮で、

どうしようもなく濡れちゃっていました。

ランはケッコー凄い音を出して

「ジュブッ、バフッ、んふっ、んぐっ、ジュルッ」

とフェラをしていると、

元彼はランの髪を掴んでアレを抜き、

立たせると便座に手を付かせてバックの形にしてきました。

もうランは抵抗出来ません。

元彼がスカートを捲り、

パンツを横にずらして、

アレを入れようとしてきた時、

指がすべってパンツが戻ってしまったので、

反射的にランがパンツを引っ張って、

入れ易いように協力してしまいました。

そして、すぐにおっきいアレが入ってきました。

「ブチュッ、ブッ」

っとアソコがグチョグチョになっている音が静かなトイレに響いていました。

ランは自分で口を塞いで、

必死に声が出ないように頑張ったんですけど、

入れられた瞬間に少しイッちゃったみたいな感覚がきて、

「うぐっ、うはぁああ」

とうめき声みたいな声を出してしまいました。

その後も、元彼は凄く奥まで突いてきて、

3回もイッてしまいました。

最後は便座に伏せる様な形になりながら、

体中ガクガクさせて、

厭らしい汁が膝に伝わって来るのを感じながら、

イッていました。

元彼は当然の様に中に出して、

終わると、さっさと出て行きました。

ランはしばらく動けなくて、ボーっとしていると、

出て行く元彼と入ってきた女性が遭遇して、

「すいません間違えましたっ」

って女性が勘違いして出て行ったのを憶えています。

ランは「ハッ」として、すぐにアソコを拭いて、

今彼の所に戻りました。

今彼はちょっと怒ってたんですけど、

怪しまれてはなかったんで、

とりあえず安心しました。

その後、ラン達は地元では有名な花火大会に行く予定だったので、

電車に乗って開催地に向かいました。

到着すると、駅の出口付近から、

もうすでに人がいっぱいで、

花火が見える場所に来ると完全にギュウギュウ状態でした。

それでも頑張ってベストポジションに向かってゆっくり進んで、

やっと到着しました。

到着した頃には花火は始っていましたが、

相変わらず満員電車と同じ様な状態でした。

綺麗な花火を見て、感動していると、

お尻の辺りを誰がか触っているんです。

ランはビックリして、そーっと振り返ると、心臓が止まるかと思いました。

何と、また元彼が現れて、しかもランに痴〇していたのです。

もうランにはどうにもなりません。

隣に今彼がいるのに、元彼にされるがまま、

お尻を触られるしかありません。

しばらくすると、パンツの脇からアソコを直に触り出してきて、

クリちゃんを擦っています。

ランは、この異常な空気に、

ドンドン興奮してしまい、

あっと言う間にイッてしまい、

今彼の腕につかまりながら、

体を震わせていました。

元彼は全然動を止めないで、

更に指を入れて掻き混ぜてきました。

人込みじゃなくて、花火の音も無ければ、

ランの声と、「グチャグチャ」と言う音は

ハッキリと分かったと思います。

アソコからは、ドンドンエッチな液が出て来てしまって、

水みたいなのが太ももから膝にドンドン流れていきました。

ランは「うはぁあぁぁぁぁ、うんぐっ、んはぁ、ハァハァ、うはぁぁ」

と声を漏らして、またイッてしまいました。

何も知らないで花火を楽しんでいる今彼を見ていると、

もっと興奮してしまい、涙目で今彼を見つめていました。

「大丈夫?顔赤いよ?」と言われたんですけど、

「うん、凄い感動したー」と誤魔化しました。

ランは、コレ以上は我慢出来なくて、

早めに帰り出す人もいたので

「ラン達も、そろそろ帰ろうよ」と言って、



早めにその場を離れたんです。

早く家に帰らないとホントにやばいと思って、

足早に駅に向かったんですけど、

元彼が着いて来るのが分かりました。

駅で一度トイレに寄って、電車に乗ったのですが、

やはりランの後ろに元彼がいます。

早めに帰ったんですけど、

すでに電車はプチ満員で、

ランと今彼は向き合って、

抱き合う形で、そのランの後ろに元彼がいます。

元彼にお尻を向けて、

今彼とサンドウィッチですが、

すぐに元彼の手がパンツに入って来ました。

今度はお尻の穴に親指を入れて、

違う指をアソコに入れてきました。

もう頭がおかしくなります。

そこでも2回イカされて、体をブルブルさせながら、

今彼に、「何か寒気がするー」なんて言い訳して、

やっと家に帰る事が出来ました。

ランはフラフラして、今彼に心配されながら、

今彼の家に着きました。

まさかと思って、途中何度か振り返ったんですけど、

元彼は付いて来て無いようで、ホッとしました。

部屋に入って、まったりしていると、

元彼からメールが届きました。

最悪の内容でした。

『適当に理由をつけて外に出てこい』

と書いてあったので、色々考えて、

「ちょっと本屋さんに行って来る・・・」

と言って出掛けました。

今彼も一緒に行くと言われましたが、

「ちょっと見たい本があって、長くなるからいいよー」

と誤魔化して急いで出ていきました。

部屋を出ると、すぐそこに元彼がいて、

心臓が止まるかと思ったんですが、

腕を掴まれて、変な所に引っ張り込まれました。

そこは、エアコンの外に付ける様な機械がいっぱい並んでいました。

元彼は、また何も言わずに、アレを出してきました。

ランはさっきまでの〇漢プレイで、悶々としていたんで、

すぐにしゃぶり付いてしまいました。

ラン:「んぐっ、はんっ、んはっ、ハァハァ、ジュプッ、ジュブッ、ジュルッ、ジュバッ」

元彼:「何だよ自分からしゃぶりやがって、変態だな、彼氏部屋で待ってんだろ?」

ラン:「んぐっ、んぐっ、ジュパッ、ブチュッ、チュパッ、ダメ、言っちゃダメ、うはぁ、んぐっ」

もうランは止まりませんでした。

勝手に裏スジや玉も舐めまくって、

口の周りはヨダレだらけになっていました。

舐めながら元彼の顔を見つめているとドンドン濡れてきます。

元彼は「おいっ」と一言いました。

ランはエアコンの機械に手を付いて、

お尻を出しました。

もう何も考えずに、

自分でスカートを捲り、

パンツを引っ張ってアソコを出して待っていました。

今彼よりずっと大きいアレが待ちどうしくて、

腰を振って待っていました。

元彼は、ゆっくりとおっきいアレを入れてきました。

ランは「うはぁああああ」

と声が自然にでてしまい、

気持ち良過ぎて鳥肌がたっていました。

ラン:「あああ、あん、あん、気持ちイイ、すごい気持ちイイ、あん、あん、ハァハァ、おっきいよ、すごいよ」

元彼:「お前、スケベだなー、彼氏すぐそこに居んだろ?生チ○ポ入れられて喜んでんじゃねーよ」

ラン:「だめ、お願い言わないで、ああ、あん、あん、ハァハァ、今は言わないで、あん、あん、いやああああ」

元彼:「お前、マン汁がすげーよ、真っ白じゃん」

ラン:「気持ちイイのぉ、すごいのぉ、おっきいのすごいのぉ、あん、あん、ハァハァ、うぐっ、ハァハァ、はうっ」

元彼:「彼氏のチ○ポの方がイイだろ?好きなんだろ?」

ラン:「ダメ、こっち、こっちがイイ、すごい奥、奥にくる、すごいのぉ、ああ、いやあああ、いい、あああ、いい、ああ、イク、イク、こんなとこっ、いやあああ、イク、イクううううううう」

激しく体が痙攣して、鳥肌がたって、

真夏なのに少し寒気がする位イッちゃいました。

すぐそこの部屋で彼氏が待っているのに、

こんな外で、機械室みたいな汚い所で、

自分んからパンツをずらして、

生で入れられてイッてしまいました。

そんな状況にどんどん興奮が湧いてきちゃいます。

元彼は、また激しく突きはじめて、そろそろイキそうでした。

元彼:「ああああ、イキそう、出るわ、ああ、イク」

ラン:「ハァハァ、いいよ、出して、いっぱい出して、あああ、いい、すごい、いい、あん、あん」

元彼:「ああああ、出すぞ、ああああ、イク、出る、あああああ」

ラン:「いいよ、来て、出して、中に出して、来て、いい、あああ、いやああああ、すごい、あ、あああ、激しい、中にいっぱい頂戴、うううはっ、ハァハァ、すごい、出して、イク、ああああ、イク、またイクううううううう」

「ビュッ、ビュッ、ビュッ」

と元彼のアレがビクンビクン動いて、

温かい液が出て来るのがハッキリ分かります。

すごい量です。

しばらくランは動けなかったんですけど、

いつもみたいに、

お掃除フェラをして、

全部吸い出して飲んであげました。

その日は汗だくになりながら、

今彼の部屋に戻り、

すぐにお風呂に入って誤魔化しました。

その夜は、今彼ともエッチしたんですけど、

全然感じなくて、演技しまくりでしたけど、

濡れなかったのが困りました。

しばらくその彼と付合いましたけど、

この時程では無いのですが、

時々、元彼が現れて中出しして帰って行くので、

今彼とエッチが出来なくなって、

喧嘩別れみたいになってしまいました。


PAGE TOP