酔って寝ている嫁母に欲情して内緒で挿入してみた


うちの嫁さんを産む直前に旦那と別れてから、女手一つでうちの嫁さんを育ててきた50半ばの義母。時折、それまでの苦労が表情に出てきてしまうが、普段は外で働いていたせいか、客観的に見ても40代半ばと言っても過言ではないくらいに若く見える。
俺が結婚してしばらくして、家を購入し同居することになった。
そして、初めて3人で正月を迎えた時の事だった。
下戸であるはずの義母が「お正月だから」とお酒に口を付けた。熱燗をおちょこ一杯、それで義母には倒れるだけの充分な量だった。

その間に、俺と嫁さんはすでに熱燗を2本目に入り、嫁さんもだいぶ酔っていた。

炬燵で飲んでいたが、嫁さんに言われて、義母をベッドまで一人で運ぶことになった。
義母がお酒を飲むところを初めて見た俺は、少し義母に色気を感じていた。

ベッドに寝かせると、掛布団を掛けてしばらく義母の様子を見ていた。
一度、嫁さんの様子を伺いにリビングへと戻ると、嫁さんも炬燵で寝始めていた。

再び、義母の部屋に戻った俺は、少し掛布団がずれて、背中がこちらに向いていた義母の様子を見ながら、セーターの背中側から手を入れて、ブラのホックを外した。

少し後ろから胸を揉んでみると、重力には歳相応に負けているものの、小柄で細身の体とは不似合いな弾力感のある胸だった。

義母の背中を支えつつも、セーターを捲りながら、義母を仰向けにしていくと、垂れた胸が露わになった。

ちょっと大きい乳首がちょっと印象があると思う。
それをコリコリと弄ってみると、義母は少し酒臭い吐息をもらした。
乳首に吸い付き、舌で転がしてみると、義母の両手が広げられ、拒否する反応はなかった。

時間はまだ昼下がり、義母の乳首はしっかりと立って、俺の唾液で艶やかになっていた。
掛布団を剥ぎ取り、義母のズボンのチャックを開けて、腰の部分を支えて、少しずつ脱がしていく。

処理されていない毛がちょっと大きめのショーツの脇からはみ出していた。
ショーツのラインに沿って、毛を意識しながら、舌を這わせると、義母の腰が少し浮いた。

それに呼応するように、義母のショーツのお尻側だけを一気に下し、ズボン、ショーツの順で片足ずつ抜くように脱がした。

遠慮なく、義母の足を広げて、窓から差し込んでくる光に嫁さんが産まれてきた部分が照らされていた。

義母の内腿からふくらはぎに掛けて、順にキスをしていくと、義母は無意識なのか、足がさらに開いた。そして、義母の股間に指を這わすと、少し濡れ始めていた。



さらに指で弄ると、義母は女の声を小さくあげながらも、目を閉じ、抵抗する様子はなかった。むしろ、手では俺の動きを力なく制し始めたものの、足は開いたり、閉じたりを繰り返していた。

指2本を義母に埋めていきながら、体勢を変えて、義母のクリトリスを舌でつつくようにすると、義母は両手をまた広げていた。

そのうちシーツにシミが出来始めると、俺も下を脱いで、すでに硬直したものを義母に埋めた。そのとき義母は、目は閉じているものの切ない吐息を漏らした。

義母の胸の辺りや首筋には、俺の舌が這った跡が綺麗に照らされていた。
俺の動きに合わせて、義母が首を振ったり、腰が動いたり、声が大きくなったり、小さくなったり・・・。

義母は思っていた以上に締りが良く、気持がよかった。
10分も持たずに射精感が押し寄せてきて、俺は引き抜いて義母の大きな胸に放出した。

義母は息は荒かったが、寝ているようだった。放出したものをティッシュで拭ってから、義母に掛布団を掛けて、再びリビングに戻った。
嫁さんは炬燵で寝たままだった。

今度は嫁さんをベッドまで運んで、俺は一人でリビングでテレビを見ていると、先に起きてきたのは、義母の方だった。

服は俺が脱がす前と同じ状態だった。俺はさすがに場が悪く、適当に流そうと思っていた。
義母もそんな感じに見受けられたからだ。そのうち義母が炬燵の上を片づけ始めると、俺も手伝った。

洗い物が始まると、隣の義母の尻が気になってしまった。
先ほどの余韻もあり、手が伸びてしまうと、義母は言葉では小声で制していたが、それ以上の嫌がり方はしなかった。

俺の手がズボンのチャックを下すと、さすがに「美津子(嫁さん)が来たら、どうするの?」と少し叱られたが、構わずに全て下し、そこから指を入れると、義母のショーツにシミが出ているのが分かった。

その事を指摘すると、義母は少し腰を沈めた状態で洗い物をしていた。
洗い物を終えた義母だったが、俺の手が股間で動いていたから、その場から動けなかった。
すでに指が義母の中に入って、掻き混ぜていた。

義母に問いただしたら、嫁さんを妊娠して以来Hをしていなかったとの事だった。
前夫との事があり、男性不信になってしまい、友達付き合いは出来るものの、恋愛になるとダメだったそうだ。

この30年余りで言い寄られたことはもちろんあったが、子供がいると分かってしまうと、離れていく男も多かったらしい。そんな事を義母は俺に弄られながら教えてくれた。

そのうち嫁さんが起きてくる音がして、俺は義母から指を抜いた。