彼女に混浴露出プレイさせたら、オヤジ達にガチでマワされてしまった


Mっ気のある彼女(真由美)と付き合っていたときの話。
俺も元々Sっ気のある方だったから、真由美がMだと分かってから露出プレイをよくするようになった。特に野外が好きだったから、ノーパン、ミニスカでコンビニに行ったり(レジで真由美が清算中ずっとスカートまくって、尻露出)、同じくノーパンミニスカで混みまくりの埼京線に乗ってプレイをしたり、夜の晴海ふ頭ターミナルデッキの隙間で野外ハメしたりした。他のカップルを見下ろしながらハメるのは、俺も真由美も凄く興奮した。

そんで、人目につかない野外プレイを続けた俺は、そろそろ他の刺激が欲しくなってあることを思いついた。
それは、深夜の混浴露天風呂での放置プレイだった。

あらかじめ、男が入ってることを確認して、真由美を向かわせ、タオルを持たせないで風呂に入る(そのときは手で隠しても良い)。

頃を見計らって、男に話し掛け、徐々にカラダを露出する。
湯船の縁に腰掛けて、隠してる手をさりげなくどけるとかして、男の反応を見る。
俺は、隠れて観察できる場所があったらそこで見るか、あとで真由美の報告を聞くか、さりげなく、後でその風呂に入って、何気なく観察したりした。

俺は「少し恥らいながら、基本的には露出しろ」とだけ指示して、後は真由美に任せている。
真由美もかなり興奮しながらも、楽しんでいるようで、終わった後(大抵、真由美から先に上がる。あたりまえだな)、クルマでハメるときは、もうぐしょぐしょになっていた。

男の反応としては、たいてい見て見ぬふりをするのが多い。
Hな話題に持っていこうとするヤツは意外と少ない。
たまに「おっぱい見えてるよ」とか言ってくるヤツもいるが、そこまでだ。
真由美の陰毛はもちろん剃ってあるので、たいがいはソレに驚いて、なにか言ってくることもあるが、あとはちらちら見るだけだ。

初めて真由美が触られたのは、酔っ払いのオヤジが入っていたときだ。
いつものように、真由美が「ちょっと湯冷まし」とか言いながら湯船の縁に座って話を続けていると、オヤジが真由美の隣に座ってきた。

そして、真由美の胸をまじまじと見て、「おっぱいきれいだね」とか言ってきたので、真由美が冗談っぽく「さわってみます?」とか振ると、「いいの?」とか言いながら、真由美の胸をおそるおそるさわってきた。

真由美は初めてだったので、「そこまで~」といってやんわり諭して、そのまま上がってきた。
でも、凄く興奮したとかいってハメまくりだった。

それからは、真由美がもっと大胆になり、自分からHな話を振るようになった。
(「私のカラダ、ちょっと太めで・・どう思います?」とか)。
積極的になるヤツに対しては、胸を揉ませたり、洗い場のあるところでは、カラダを洗わせたり(場合によってはマムコまで)、男の体を洗ったりした。
(真由美は「いろんなちんちんをさわれて面白い」とか言ってた)。

男一人の場合、ハメてくるヤツは居なかった。せいぜいフェラまで。
その後持ち帰ろうとはするんだが、真由美はついていかないし、強引に引っ張っていくヤツもいなかった。

複数の男が居る場合は、Hな方向に持っていくこと自体が困難だった。
お互いにけん制してるのか、当たり障りのない話しかしないし、真由美が露出しても、バスタオルを持ってきて隠してしまうしで、複数に襲われるなんていう展開は期待できなかった。

しかし、あの夜だけは違っていた。

その露天風呂には3人のオヤジが入っていた。すでに酔っ払ってる感じで、深夜なのにわりとでかい声で談笑したりしていた。
俺は期待半分、不安半分で真由美を送り出した。
真由美も「なんか、されそうだよ・・」とか言って不安がっていた。

真由美が「失礼しま~す」と湯船に入ると、すぐに向こうからアプローチをとってきた。
「どこからきたの?」「かわいいね~」とか言いながら真由美に近づくオヤジたち。
そして、一升瓶を手に真由美に酒を勧めた。

真由美は、勧められるままに酒を飲みつつ、話に加わった。
明らかにオヤジの勢いにたじたじといった感じだった。
そのうち、お酌を要求された真由美は、例によってタオルも無いので少し躊躇したが、そのまま立ち上がって、一升瓶を受け取った。



何も隠さず裸で立つ真由美。オヤジ達はさすがに一瞬静まり返った。
それで、真由美も余裕を取り戻したのか、オヤジの「下の毛、無いんだね」という質問にも、
「やだ、見ないで下さいよ~」と返せるようになった。

しかし、オヤジ達も、真由美の隠さない姿勢に調子を取り戻し、酌をしてる間尻をさわったり、下から覗いたりした。
真由美はいつもどおり、軽く嫌がるフリをしていたが、それでますますオヤジ達は調子に乗り始め、真由美が酒を注いでる最中に後ろからオパーイをわしづかみしたり前からマムコを直接触り始めたりした。

隠れて見てた俺は、身の危険を感じたら、叫んだり、俺の名前を呼べと伝えてあったので、勃起しつつも、さすがに危険だと思い、飛び出す準備をした。

しかし、真由美はあいかわらず軽く嫌がるフリをするだけで、拒否するような感じではなかった。
それどころか、アエギ声まで聞こえてきて、オヤジ達にされるがままになっていった。

その内、真由美が崩れるように湯船に座り込むと、オヤジ達は真由美を支えるように湯船に浮かばせ、真由美のいろいろなところをまさぐり始めた。

胸、乳首、マムコをオヤジ達が手や指や舌で攻めたてる。唇も奪い放題で、遠目からはそこまで確認できないが、多分オヤジ特有のいやらしいキスを堪能してるんだろう。

真由美はされるがままになっていて、アエギ声を出しまくっていた。
オヤジがちんぽを出すと、嫌がるそぶりも無く口にくわえた。
それを見たオヤジ達は、次々と真由美にちんぽを差出し、そのたびに真由美はフェラをした。

その内、オヤジの一人が、真由美の前に立ち、チンポをマムコに当て
「いれてもいい?」と聞くと、真由美は頷いた。
オヤジは湯船に半分浸かった真由美のマムコにチンポをゆっくり入れ、そのまま、前後に動かした。

その間も他のオヤジ達は、真由美の乳首や唇を堪能していた。
そのうち、挿入中のオヤジが、つながったまま湯船から出た。
他のオヤジ達に抱えられながら、真由美も湯船から出された。

俺の居る場所から、洗い場の床は死角になっていて、再び前後に激しく体を揺らすオヤジの上半身しか見えなくなった。

俺は、どうにも不安になって、その場に飛び込むことにした。
普通を装って、裸になり、露天風呂に行く俺。
オヤジ達に近づき「こんばんは~」と声をかけた。
ぎょっとして俺を見るオヤジ達。

オヤジ達は一瞬固まったが、ハメ中のオヤジが、
「おう、いいところにきたな!お前も参加するか?」と興奮した口調で言ってきたので、
「いいんすか?」とかとぼけながら近づき、洗い場に寝転がっている真由美を見た。

真由美は、オヤジにマムコを貫かれ、顔の横のオヤジに口を犯され、そのまた別のオヤジに乳首を吸われていた。

真由美は一瞬目を開けて、俺がいることに気づいたが、また目を閉じて、されるがままになった。
俺は、複雑な心情になったが、真由美が嫌がってないので、止めさせるわけにもいかず、真由美を見下ろしながら、たたずんでいた。

その内オヤジが苦しそうに
「おじさん、もう限界だよ。真由美ちゃんの中で出していい?」と聞いてきた。
俺はぎょっとしたが、真由美はあえぎながら「いいですよ」と言った。

真由美にはピルを飲ませているから、妊娠の心配は無いが、知らない男に犯されて中出しを許してしまうとは、びっくりだった。

そして、オヤジが唸り声と共に真由美の中に射精した。

その後、かわりばんこに真由美は犯され、3人に中出しされた。
その後、俺も誘われ、オヤジ達の精液でドロドロになった真由美のマムコにちんぽを入れた。
顔射もされていたので、まるで真由美を×××してるような感覚にとらわれ、一気に頂点に達してしまった。

オヤジは、そのまま「ごちそうさん」とか言いながら去っていった。
俺は、真由美に「大丈夫か?怖くなかったのか?」と聞いたが、

「少し怖かったけど、なんにもわかんなくなってた。 俺の顔を見たら安心してさらに気持ちよくなった」と言った。

俺はそんな真由美に驚愕した。

タイトルとURLをコピーしました