美少女三人組が家にやってきた…妹にマジ感謝!


数年前の夏休み。

俺はリビングでゲームをしていると
玄関のインターホンが鳴った。

どうやら妹の友達が来たらしい。

ひとまず玄関の扉を開けると
三人の女子高生がいるが、
三人とも超可愛い。

妹は俺の4つ下で高1。

妹は親戚の家に行ってて当分帰って来ないのだが、
こんな美少女達とお話する機会はないと、
あがってもらって
待ってるように言うと素直に上がってきた。

部活の帰りなのか3人は制服姿、
スカートの短さにムラムラする。
しかもブラはスケスケたまりません。

飲み物を用意して部屋に戻ると2人はゲーム、
1人はソファーに座っていた。

2人のブラを後ろから堪能しながらゲームのこつを教えて、
チラっとソファーの1人を見るとなんと体育座り!!

50センチの距離に女子高生の白パンティが。

もうビンビンです。

ゲームどころじゃないっす。

雑誌を取り出して見始めたんで顔が見えなくなったんで
さりげなく至近距離で写メをピロリーン。

さてそうこうしてるうちにゲームの2人が白熱中。

右に左に体をよじりながらするもんだからお股の方も緩くなり横に並ぶと2人共丸見え。

黄色とピンクの模様。

なんと凄い光景だよ、3人ともパンチラ状態。

わざとですよねと自分の中で思い込む。

後ろから抱くようにコントローラーを
取りゲームに参加しても抵抗なし。

たまに胸に手が当たる、横は体育座りパンチラ。



ちんちんは全開でボッキ中。

しかもよく見ると濡れてるじゃないですか。

この子わかってて見せてるな。

もう理性は利きません。

2人にゲームをやらせ、静かにパンティの上からワレメをなぞる。

反応なしも濡れ濡れである。

わきをめくっておまんこを凝視。
クリをツンツンすると

「あっ。」

っとさすがに声が。
するとゲームをしている1人がきずいて

「あーマンコ触ってるぅー。」

と叫んだ。

痴語フェチな俺は女子高生の「マンコ」という発言にたまらなかった。

「触ってほしいの?」

と聞くとうなずく2人。

3人をソファーに座らせ、おねだりさせる。
女子高生3人が

「おまんこ触って。」

と言うたびに触る。

次第に舐めてや、指入れてにエスカレート。
3方向から飛び交うあえぎ声は夢のようでした。
当然流れで

「おまんこにおちんちん入れて。」

になり順番に挿入しながら両手でマンコいじり。
女子高生のマンコを同時に3人なんて2度とないだろうなぁ。


PAGE TOP