お母さんのシミ付きパンティでオナニーしたのがバレて、Hするダブーな親子関係に…


詳しい年齢はあまり言いたくありませんが、
自分は結構なおっさんです。

そんな中年のおっさんの自分は、
女性経験が実の血の繋がったお母さんしかいなんです。

他の女性と性行為はした事ないし、
母との近親相姦がトラウマになっていて

そして今も俗に言う母子相姦という関係が
続いているんです。

母とエッチするきっかけは、
もともと僕は幼少期、子供の頃から病弱で
体が弱かったんです。

病弱な幼い息子の自分と母との関係は
普通の健康的な母子とは違って
ちょっといびつな関係が育まれてしまったんです。

母も過保護で、私も子供の頃は
お母さんに甘えまくりです。

そして病弱だったせいか、
性欲や、性に対する目覚めが遅く
女性に興味を持ったのも随分遅かったんです

それでも中学の高学年で夢精を経験してから
オナニーは一日二回が日課となり
毎日年中無休で続けられました

高校へ進学しても「彼女」とかには全く縁がなく
ただ妄想オナニーで抜く日々

まもなく父親が死んで母と二人きりの母子家庭に
 
そして母子家庭になってから
二年ほど経過した頃

寝苦しい暑い夜のこと
淫夢を見ていました

オナニーでの妄想は決まって
母を犯すストーリーでしたから
その夢も相手の女性は母だったのです

ぶっちゃけ母でオナニーするぐらいだから
自分は極度のマザコンです

母の手が俺のチンポを優しく握りゆっくり
と上下に摩ります
快感に包まれて興奮が高まります。

母は夢の中で風呂上りのいい匂いをさせ
俺の左側に横になっていたんです

俺のトランクスの脇から左手を
差し入れてチンポをシゴイていました

「あ」としか声にならない俺に母が言いました

「 起こしちゃったね、ごめんね」

手を離すと俺の髪を手櫛でもかけるみたいにゆっくりと撫でながら

「 今日も私の下着を洗うんだからあとで返すんだよ? 」

そう言ってクスっと笑いました

母の汚れたクロッチのシミ付きパンティの匂いを
嗅ぎながらのオナニーの妄想は決まって
俺のその行為を見せられて恥じらう母が「やめて」を繰り返し
やめて欲しけりゃ「セックスさせろよ」と迫る俺にやむなく足を開いて
受け入れる母の悲しい姿を淫夢で見て
夢精してしまったんです

その日も学校から帰るとすぐに
洗濯カゴから母の濃い茶色の下着を抜き
股間のオリモノがついた股間のクロッチ部分を散々に臭いを嗅ぎ、
その臭いの元を舐め、
しゃぶって大量にザーメンを排泄を果たしていたのです

いつもならカゴに戻してしまうのですが 
その日は前日に夜更かしをした影響で
クーラーの心地よさもあってそのまま眠ってしまったのでした

母の声に目が覚めて飛び起きました



丸めたティッシュも母のパンツもそのままベッドの上にあったのですから
慌てて隠そうとしましたがシッカリと見られてしまったはずです

なんとなくお互いにギクシャクした時間を過ごして
何時もより早めに風呂に入って
眠りについた俺だったのです

下着で遊んだ事を謝ろうと、でも どう謝っていいか分からずに

「 お母さん、俺・・・」
言いかけると かぶせるかのように母が言ったのです

「 いいのよ、それはね? いいのよ、
あなた位の中学生の男の子は
そんな時期もあるんだから、 
気にしなくってもだうじょうぶだから 」

俺の頬を軽く抓ると更に

「 でもね?見るだけならいいんだけどね?・
いろんな事をしてるんでしょう?それはね? だめだと思うんだ
へんな病気にでもなったりしたらいやだもん
ね? ・・・・  わかるよね? 」

「うん、ごめん ・・・ 」
謝る俺に優しく微笑むと

「 ねえねえっ、教えて(笑)
お母さんとエッチする事を想像してするの? そうなの?? 」

いきなり詰め寄られてつい正直に 

「 あ、 うん」と答えてしまいまいた

「 ふ~ん?やっぱ、そうなんだああ~
うふふふ・・・」

と、わざとらしく頻りに感心してみせた後でこう言ったのです

「 ってことはさ? お母さんとエッチしてみたい? って、 事?
たとえばさあ? こんな事、 されてみたかった?」

太ももを摩るようにトランクスの脇から母の手が差し込まれた

チンポはカチコチに勃起を続けていて
テントを張っていたところに母の手が潜り込んで

眺めて見れば膨れて盛り上がりモゾモゾと蠢いていたのだった

「エッチはね? してあげられないよ?
わかるでしょ? ん?・・・ 」

そう言われて期待が一気に高まってしまった俺だった

エッチはしなくても母の指で
このまま精液を搾りだしてくれるって事に違いないと思ったからだ

「オナニーはしてもいいし、 お母さんのパンツも貸してあげるけれどね?
 ・・・・ね? 見るだけにしよ?どうしてもってときにはね? 
 ・・・・こうしててつだってあげるからさ?
こうして ・・・ね? ・・・・ね?」

長く感じたが おそらく 一分くらいだったのだろう

俺の気配を素早く感じ取った母が用意して包んだティッシュの中に
母の肩を痕が残るほどに握り締めながら
焦がれた、何年も焦がれ続けた母の指で射精を続けた

何度も、なんども

その後 口から、そしてやらないはずの
挿入までには一ヶ月もかからなかった

済し崩しに関係は深く、濃くなって行き
タブーを犯している背徳感からか
普通の男女のセックスよりも遥かに濃厚な行為だったと思います

当時は毎日だったエッチも今では月に二~三回とはなっても
いまだに母との交接はあり
未だに母以外の女を知らない俺なのです

タイトルとURLをコピーしました