独身の息子を心配して、性処理をしてくれる52才の母


27歳の独身会社員です。
仕事の関係上、一人暮らしをしていましたが、父が亡くなって5年にもなるので、一人でいる母を引き取ることになりました。
でも最近、その母と男女の関係になってしまって・・・
初めは罪悪感もありましたが、二度三度と毎日のように母とSEXをしているうちに、この関係を、もうずっとやめたくないと思うようになりました。

母は今年で52歳になります。
色白でかなり若くは見えますが、下腹や尻には贅肉が付いていて、その豊満さのためか胸は大きくはちきれんばかりで、薄手のセーターなど着ていると本当にそそられます。

母が僕のマンションに引っ越してきて、荷物の整理も終わって、ようやく落ち着きを取り戻した土曜の夜、夕食をとりながら、母と二人で遅くまで飲んでいました。

二人とも気持ちよく酔って、軽口をたたきあっているときでした。

前日の金曜の夜、僕が酔っ払って、深夜に帰宅したことを取りざたして、
「冬彦・・・独身貴族だからって、いかがわしいお店になんかに出入りしないでね・・・男ざかりで我慢できないのは、わかるけど・・・そういうところは、病気が一番こわいのよ・・・」と母が言うのです。

「ん・・・」と僕が黙っていると、

「冬彦・・・我慢出来ないときは言いなさい・・・」とテレビの方を見ながら母が言いました。

「・・・どうなるの?」僕がと聞くと、

「発散させるだけなら・・・お母さんが出してしてあげる・・・」と顔をそむけたまま平然と言いました。

僕は言葉が出ずにいました。

すると母が僕に寄り添うようにして隣に座り、ゆっくりと撫でるように僕の下半身を触ってきました。

僕はすぐに反応して勃起しました。

母の手は僕のファスナーをおろして入ってきて、直接肉棒に触れて、しごき始めました。

そのうちに母の潤んだ瞳が僕の目の前に迫ってきて、いきなり唇を重ねてきて、母の舌が入ってきました。

僕は理性が効かなくなって、片手を母の乳房にもう一方の手をスカートの中に入れて陰部をまさぐりました。

本当に大きな乳房で、乳首は硬くなっていて、揉み上げるとすごい弾力がありました。

母の陰部をパンティーの上から撫でると艶っぽい鼻声を出して、僕の舌にからめてきました。

パンティーの上から母の陰部が濡れているのが分かりました。

僕はそのままパンティーの脇から手を入れて割れ目に指を突っ込みました。

五十路の熟女の柔らかな肉と粘液を出す温かい襞の感触は極上のものでした。

母は唇を僕の下半身に移して僕の肉棒にむしゃぶりつくような感じで吸い付きました。

僕の肉棒が母の温かい喉の奥まで当たっていました。

母は
「冬彦、きて・・・」と言いながらパンティーを脱いで、仰向けになり、脚をV字に開きました。

僕は迷わず、肉棒を手に握って母の膣穴の奥深くへ突っ込みました。

母は僕の背中にしがみつき自分から腰を使いました。

長く使われていなかったせいか、母の膣穴は少し萎縮していて、きつめでしたが粘液は豊富でしっとりと肉棒に絡み付く感触が何ともいえません。

自分を産んだ母親とセックスしているという罪悪感、背徳感を感じつつも、強烈な快感とともに僕は母の膣内に射精を果たしました。

母は自分の陰部から流れ出る精液を拭きながら、
「こんな年寄りの身体じゃ良くなかったかもしれないけど・・・、我慢できないときは言ってね・・・」と言いました。



母は昔から僕の躾に厳しい女性で、僕が学生のときも外泊などさせてくれず、僕にはしっかり勉強して、一流大学を出て、立派な社会人になって欲しいと言っていました。
その母が、今、陰部から僕の精液を垂らしでいるのです。

見ていると、すこし意地悪をしたくなって、僕は母を後ろから抱き締めて乳房を弄びながら
「お母さんが最後にセックスしたのはいつ?」と聞きました。

母は、僕に乳房を弄ばれながら、
「さぁ・・・もう10年くらい前になるかしら・・・今日は久しぶりだったから、まだ、母のアソコの中に冬彦のおちんちんが入っているみたいな余韻を感じてるわ・・・」

「お母さんのアソコは初めから、すごく濡れていて、ニュルニュルだったよ」

「やだぁ・・・冬彦・・・・・・でも今日は本当に感じちゃった・・・」

僕は母の陰部に指を入れ、「それにしてもお母さんのおまんこは気持ちいいしすごすぎだよ」

「こうやっておまんこに指を入れたら、どう? ほら、また感じる?」

僕が陰部にいやらしく何度も指を出し入れしていると、母の陰部からはくちゅくちゅと音がなり始めて、力が抜けたように母の身体が僕にもたれ掛かってきました。

「お母さん、またおまんこしたくなってきたよ。また僕のちんぽしゃぶって硬くしてよ」

母は、僕の肉棒の方へ顔をもってきて舌を出してしゃぶり始めました。

そしてお互いに横になって、69になって僕は、母の陰部を舐めました。

クリトリスをしつこく舐めたり、舌先を穴の中に差し込んだりしながら、溢れ出てくる粘液を漏らさずに舐めました。

膣穴をピクピクさせて佳境に入ってきた母が、「冬彦、お願い・・・お母さん、もうイキそう・・・来て・・・」と喘ぎながら言いました。

僕は意地悪な言葉を返しました。
「お母さん、どうしたらいいの?」

「もう・・・、お願い・・・」

「言ってよ。どこに何を入れて欲しいの?」
 
「も・・・もうイキそう・・・来て・・・」

「はっきり言ってよ」

「冬彦のち、ちんぽを・・・お、お母さんの、お、お、おまんこに・・・」

「聞こえるように・・・」僕はそう言いながら母の陰部を指で捏ね繰り廻していました。

「お願い、思いっきり奥まで入れて頂戴・・・」

「分かったよ」

僕は母を四つん這いにして後ろから肉棒を突き立てました。深々と膣穴の一番奥の肉壁まで一気に貫きました。

入り口は狭く奥はすこし緩くなっていて、出し入れしていると、肉棒の根っこを締め付けられる感触がとても気持ち良く感じました。

母はすでにイキそうになっていて、自分の尻をグリグリと揺すってさらに肉棒を奥へ導こうとしていました。

「母、僕のちんぽの感触はどう?」

「もうダメ・・・イキそう・・・冬彦いっしょにイクのよ!」

「分かったよ」

僕は一層ピストンの動きを速めました。

そして、母の喘ぎ声がいっそう高まった時に、肉棒を抜いて、母を仰向けにして正常位でぴったりと体をつけて抱き合うと、唇を重ねて互いの舌を吸い合ったまま、フィニッシュのピストンをしました。

母が半狂乱のような喘ぎ声を上げたと同時に、最後の一突き入れて、膣内に二回目の射精をしました。

「お母さん、めちゃくちゃ気持ち良かったよ」

「冬彦・・・ お母さん・・・ もう・・・ 気が変になりそうだったわ・・・ 」

「お母さん、もう、僕は夜遊びなんか行かないで、毎日、会社が終わったら急いで帰ってくるよ・・・」

「そう・・・ やっぱり聞きわけがいい息子だわ・・・・・・」母はそう言って僕に抱き着いてきました。

僕もこんないい事が出来る母子関係を壊したくはありませんから。

タイトルとURLをコピーしました