母は僕のオチンチンを握ると大量のつばを垂らして・・


母と初めてエッチしたのは僕が二十歳で母が47のときだった。
早くに父を亡くした母子家庭で母はオープンな人なので、お風呂上がりにでもタオル一枚とか下着だけという格好を平気でしていた。
ちなみに母は若い頃はヌードデッサンのモデルをしていたことがあるぐらいスタイルがよく、胸はHカップで、おしりも安産型です。
それに中学にあがるまでは一緒にお風呂に入っていたこともあり、オナニーのネタは母以外に考えられなかった。

そんなある日のこと、大学のサークルの合宿から帰り、体調を崩してしまった僕は高熱を出したおれてしまった。

母は、そんな僕をみて、座薬を取り出し、これを入れたらすぐに熱下がるで、といい、僕に四つんばいになるように指示をだした。
顔を枕につけ、おしりを高く上げる体勢になった。

すると母は僕のパンツを膝のあたりまで下げた。その状態だと、お尻の穴はもちろん、袋やサオまで丸見えになります。
母にみられているというせいか思わず勃起してしまいました。

母はそれを見て何も言わずに座薬を入れ終わると、パンツをあげ何事もなかったように去っていきました。

翌日熱も下がり、風呂に入っていた僕は着替えを忘れたことに気づき、腰にタオルを巻いて脱衣所から母を呼びました。

すると母はきがえを持ってこず、僕の腰のタオルを指し、
「昨日あんなに大きくしといて、今更かくさなくてもいいじゃない」
といって僕のタオルをとると、
「お母さんと一緒に入りましょう」
といっておもむろに服を脱ぎ始めました。

久しぶりに母の裸を間近で見、しかも、一緒に入るというだけで爆発寸前でした。
それを察した母は、僕のオチンチンの根本をさっきまで髪をとめていたゴムを巻き付け、暴発しないようにしました。

母は僕の体を洗い終えると、浴槽の縁に僕を座らせ、ムックのオチンチンはお母さんが口できれいにしてあげる。といって、巻き付けていたゴムをはずし、口にくわえました。



その瞬間、母の口の中に大量に発射してしまいました。
母はいやな顔一つせず、飲み込んでくれました。
お風呂で発射した後、お互い全裸で母の寝室に行きました。
すると母はたんすの奥から色とりどりのバイブを出してきました。

母は父を亡くしてから、父の残した会社を売り、そのお金で今の家を買い、ぼくを大学にまで入れてくれました。
ですが、その間も男を作ることなく、僕を寂しがらせない為に学校に行っている時間だけパートに行ってました。

パートのない日は家でオナニーにふけっていたそうで、ネタは僕とのエッチを想像していたらしく、ほかに男も作らずにいたそうです。

バイブを使って母のオマンコをいじっているとまたしても勃起し、母は今度は僕を布団の上に寝かせ、開いた足の間に入ってきました。

母は僕のオチンチンを握ると大量のつばを垂らしては塗し、垂らしては塗しを繰り返していました。その光景だけでも、興奮し先走りでヌラヌラとなっていると母は自分の胸の谷間に挟み込みました。

自分で言うのも何ですが、母曰く父親譲りの長尺だそうで、母がリズミカルに動かしている胸の谷間から亀頭がはみ出るぐらいで、母は胸でしごきながら、亀頭につばを垂らしていました。

その光景だけでますます興奮してしまい、母に、で、出ちゃう、というと母は胸から離して自分の顔に持って行き顔射をさせてくれました。

そして、出し終えた後のオチンチンを口にくわえまた大きくしてくれていよいよそこから母の中へ入る瞬間が訪れました。

お互いがその瞬間を夢見て妄想しながらオナニーしてきたことが今現実になるのです。
最初は母が上に乗り腰を振り始め、我慢できなくなってきたら正常位に変更し、母の中に果てました。

あれから10年以上たちますが、その日以来母と一緒にお風呂に入り、母と一緒の布団で寝、そして、SEXしています。