母の泣き顔を見ながら・・・


高校卒業のときから関係しています。
親父の浮気が原因・・・、家庭がややこしくなって母が家を出るってことに。
僕も母と一緒に。親父は金をくれるはずもなく・・・。
進学の夢を断たれ、拗ねてしまって地元のワルと夜遊び三昧正直、両親を怨んでいました。
学校や警察ともトラブル続き。、退学寸前で卒業だけはさせてもらいました。
僕は、卒業の日から母の元に帰らず、友達の家で毎日ゴロゴロ。
実は、友達のお母さんがけっこうそそる人。
で、僕と際どい関係になっていたのです。

ある日。
僕は、友達にタバコを買ってくるように言って友達の母と二人っきりの時間を作りました。
友達のお母さんは、けっこう好きモノで目で誘って来くるのです。

僕は後ろに回りこんで、背中から両手で胸を包み込むようにして、下半身を密着させると目を閉じ首を少しまげうっとりしていました。
僕がスカートの中へ片手を入れようとした時、台所の窓から、人に見られていることに気づきました。

咄嗟に離れましたが、僕が何をしていたのかは、しっかり見られてしまいました。
逆光線になっていて顔ははっきりと見えません。
「何しているの!」
聞きなれた声。それが僕の母だという事が判りました。

母は、何日も帰らない僕を心配して必死で探し当てたらしい。
僕は、照れ隠しもあって「クソババ!」と追い返そうとしました。

勝手に上がり込んできた母は何も言わず、僕の肩に頭をつけ、声を殺し泣いていました。
「なに泣いてんだよ」
母の頭を引き離すと、顔をクシャクシャにして、鼻水までたらしていました。

面倒臭くなって一緒に帰ることにしました。
家に帰ってゴロッと寝そべって、不貞腐れていると、
「あそこへ行くのはよしなさい。約束よ」
「じゃ、どうしてくれるの?」

しばらく長い沈黙が続いたあと、母は何を考えたのか、僕に唇を重ねてきました。
「おっ!!」
と一瞬、思いましたが、母のそれは大人のキスでした。

「これでいい?」
たちまち僕の股間がムズムズとしました。
「二度とあそこへは・・・行かないでね」
そう言って母は僕から離れようとしました。

でも、母のキスとバストの柔らかさに欲情し始めていました。
怒張してしまった僕の股間は、やり場に困っていたのです。


僕はもう我慢ができず、手を引き寄せると畳に押し倒しました。
勿論母は、抵抗しました。僕は押さえつけながら、胸をさわっていました。
すると・・・。

「拓ちゃん胸だけよ」
と言って静かになりました。
僕は、呼吸をととのえながら、ブラウスのボタンをはずして、ブラジャーを上にずらしプルンと出た白い乳房に吸い付きました。

「そんなのダメ」
と言っていましたが逃げません。
僕は調子に乗って、乳首を舌の上で転がしたり甘噛みしてみました。

「ダメ」
と言いながら、逃げません。よく見ると、乳首は固く大きくなっていました。
今度は手を脚に伸ばし、太股をゆっくり撫で下着に手をかけました。

「ダメ」
という母のパンティーの上から亀裂を愛撫しました。
目を閉じて、歓喜の声を堪えている。ここまで来たら、(後は一気に)と思った時でした。
母は目を開くとかなり強引に僕の手を剥がしました。

僕は敢えて抵抗しませんでした。
そうして、母が油断した瞬間、興奮しきっていた僕はあっと言う間に、そのまま両手で肩を掴みました。

そうすると「ヒッ」という声を上げ、倒れ込みました。
「や、やめなさい!」
「もう、離して!」
と叫びながら、母は僕の手から逃れようと暴れました。

僕は母を組み敷き片手でパンティーを脱がしました。
「もうこんなのイヤ」
と首を振る姿が、僕の興奮をそそりました。

かまわず、母のおまんこに僕のペニスを突き入れましたら、観念したのか静かになりました。

(さあ、これから。)
というとき僕は1回も突かないうちに、漏らしてしまいました。
あまりにも、あっけない。

小さい頃から、僕は何をするでも母に褒めてもらうことが喜びでした。
僕は挿入したまま、母の耳元で強がりを言いました。
「母さん感じてたね、素直になれば?もっと」

いきなり母が泣き出し下腹部が嗚咽とともに蠢いて挿入したままのペニスに絡みつく。
たちまち回復して母の泣き顔を見ながら・・・。
二回目のフィニッシュがすぐにきました。最高の快感でした。

その日からほとんど毎日するようになりました。
いまのところ夜遊びしたいとは・・・思いません。
満たされた日々を過ごしているからです。


PAGE TOP