僕は母の首筋に吸い付きました…


うちは、母(40)一人子(20)一人の母子家庭です。
10日から祖父母の家に帰省していましたが、正直、僕も母も飽きてしまい、
少し予定を繰上げて昨日の朝、祖父母の家を出ました。
祖父母の家は高地でいつもは涼しいのですが、今年は猛暑で、僕も母も超寝不足でした。
帰りの車中で、途中の大きな街で、睡眠不足解消も兼ねて一泊していこうということになりました。
少し買い物をして、2時位からホテルを探しましたが、お盆期間の為どこも満室でした。
仕方なく諦めようとした時、オシャレなラブホがあり、外観が普通のホテルっぽいのもあって、ここでもいいから泊まってこうということになりました。
二人とも凄く眠くて、着いたままの格好で大きなベットに並んで直ぐに眠ってしまいました。

ホテルの電話で二人とも目が覚め、休憩から宿泊に切り替えると、もう夜の9時半でした。
空腹でしたが、外に出るのも面倒で、外から出前を取り、満腹になるとなんとなく手持ち無沙汰で、母があちこち物色し出しました。そのうち母は湯船に湯を溜めて、僕に先に入る様に言いました。

その時僕はテレビを見ていたので、母に先にどうぞと言って、母が先に入りました。
番組が終わりチャンネルを色々物色してると、母が上がってきたので、入れ替わりで僕も入りました。

風呂上がりに下着がないのに気付き、母を呼ぶとガウンがあるからそれを着れと言われ、下半身がスースーするけど、まぁいいかとそれを羽織って部屋に行きました。
よく見ると母も同じ格好をしてました。


母の裸を普段見てないわけではないので、特別意識してませんでしたが、ガウンを着て足を組んでベットに腰掛けてる母に、少しドキッとしました。
母がチャンネルをいじってると、アダルトチャンネルに変わり、母は少し戸惑ってすぐチャンネルを変えました。

すると又アダルトチャンネルでしたが、ストーリー物でいやらしい場面じゃなかったので、母が、「なんか映画やってるから見よう」と言ってきました。
ふーんと言って二人でベットに横になって見てると、母の胸の谷間がモロに見えて、なぜかドキドキが止まりません。

母は、それを隠すでもなく、あっけらかんとした様子でテレビを見ていました。
そのうち当たり前にいやらしい場面になって行き、ベットに母と二人でガウン一枚で横になっている事に、どうしようのない衝動が襲ってきました。

母は、場面が怪しくなってきても暫く見ていましたが、流石にセックスが露骨になってきたところで、リモコンに手を伸ばしました。
その時、ガウンの隙間から母の胸が丸見えになった瞬間、僕は母に襲いかかってしまいました。

最初母は、僕をなだめようとしましたが、ガウンを脱がされて裸になった時、すごい抵抗されました。

でも僕もどうにもならなくて、「もう無理」を連発してようやく両手を押さえつけて、母を上から見下ろしました。母は半泣きでした。それを見て僕はとっさに「お願い」と言いました。力は緩めていません。

母は、「ダメ」と言い、僕は「今日だけ」と言い、そのまま母の唇にキスをしようとしました。
当然母は顔を背け、そのまま僕は母の首筋に吸い付きました。

ほんの一瞬で母の力が抜けて、小さな声で「分かった」と言いました。

母はほぼ動きませんでしたが、僕は最後までしました。それでも最後は僕を抱きしめてくれました。


PAGE TOP