母親と初めてエッチしたのは17才の時です


俺は25才で母親は50才で、母親と初めてエッチしたのは17才の時です。
母親とは昔から友達みたいな感じで、中*生の頃とか同級生は母親がウザイとか言っていたけど、俺にはそんな時期は無かった。
俺はエッチの初体験は14才で、相手は同級生で、チビでデブスでした。
俺は彼女を家に連れて来るので、母親は俺の付き合った彼女は皆知っています。
4人目の彼女を家に連れて来て、彼女が帰ってから、母親が俺に向かって、
「翔太って、いつも身長低くて、太っている女の子ばかり彼女にするのね」
今まで無意識だったのに、母親に指摘されて、初めて気がつきました。

「何故かな?」
と母親に言いながら母親を見て、
「何だか母さんみたいな感じの女ばかりだね。これって、俺がマザ*ンなの? それとも母さんが好きなのかな?」
と聞くと、何故か母親は顔を赤くしながら、
「避妊だけは、必ずしなさいよ!」

「母さんは、父さんとエッチする時には避妊しているの?」
と聞くと
「父さんとは、翔太が産まれてから、あまりエッチしていないし、もう5年もしていないわよ。あなたも、もう子供では無いから話すけど、あの人には、彼女が居るのよ。出張とかって彼女の家に泊まっているの」


「それなら母さんは何故離婚しないの?」
「翔太が居るからに決まっているでしょう?」
俺は何故か母親が愛しくなって、母親を抱き締めてしまうと、母親は俺に身体を預ける様な感じになっていた。

「母さん、大好きだよ」 と言いながら母親の顔を俺に向けてキスすると、母親は目を閉じて俺のキスに応えた。
リビングの床に母親を寝かせて、服を脱がせると母親は俺が脱がせやすい様に協力してくれた。

俺も服を脱いで胸に吸い付く様にすると母親は「すぐに頂戴」 母親のあそこは、すでに濡れていていた。

いきなり挿入すると母親はキスを求めて来て、キスしながら、母親の中でイッてしまった。
二人で裸で抱き合いながら居ると、
「あなたが彼女を家に連れて来てエッチしているのは辛かったのよ」
「もう母さんだけにするから」

その日は、数え切れないくらいエッチしました。 街を歩いていても多分誰も振り返らない様な母親だけど、俺には最高の母親です。


PAGE TOP