風呂で母とセックス


中三の時 自分の母親とSEXをした(初体験だった)
一回だけと約束したのに ほぼ毎日母を抱いた。正確には「抱かれた」と言うべきか。
妹がいる。まあまあ可愛い部類に入れてやってもいい位の容姿だが、そっちにはまるで興味がなく、オナニーを覚えてから妄想の相手は専ら「母」だった
口も悪く行動も男勝りで「頼りになるオヤジ」のような母だった
それもその筈、幼い俺たちを連れて離婚してからトラックの運転手として働き、
女手ひとつで二人の子供を育てたのだ。小さいながらも一軒家も買った
オシトヤカになんてしては居られなかったことだろう

ある事件が有り 風呂で母とセックスをしてしまい
その時は母の「一回だけだよ」の約束を守るつもりだったが
初めて経験した「女」の気持ちよさは 到底そんな約束を守れるようなレベル
では無かった

湯船に手をついた母の後ろから母の誘導で何とか侵入したが 5秒足らずで出
してしまった俺だった

それなりに知識もあり、オナニーでの妄想で母を「イカしまくっていた」俺が
射精の快感から我に返り 男としての不甲斐無さに、まるで今のチンポの様に
萎んでいると

「いいんだよ!初めてだったんだろう?ちゃんと入れて中で出したんだから
っ! ねっ! 立派なもんさ! 次から頑張ればいいのっ!」 
と 母は励ましてくれたのだった

萎えた俺のチンポを流した後、湯船に片足を乗せて自分の股を洗おうとする母
の内腿に俺の出した白い精液が流れていた

感動して眺めていると 「バカっ! 見るもんじゃないのっ!!  満足した
んだから出て行きなさい!!」

早々に押し出されてしまったのだった

その後の居心地の悪さといったら無く、未だに思い出すと気が重くなる程だ

母はバスタオル一枚で俺の朝食を作り始めた
(妹は朝早くから出かけていて、帰りは夜の予定だった)
俺はソワソワとテレビを見たりゲームをしたり、母の方を見ることも出来ず 
落ち着かずにいたのだった

食卓に簡単な朝食が並ぶと母は俺をいつも通りに呼ぶ
「んー」と、俺もいつも通りに返事をするつもりだったが咽てしまった

何もかも察していたように母がクスリと笑う

無言で食べる俺の顔を頬杖をついて終始微笑んで見ていた母だったが
俺が食べ終わるととんでもない事を訊いてきたのだ

「んねっ!でさっ、お母さん、 どうだったのよ!」
訊いている意味は勿論理解できたが言葉がでてこなく モジモジしていると

「きもちよかった? 初めての女の中は いかがだったのよ~、 ねえっ」
楽しげに訊いてくる母に押されて とうとう答えた
「そりゃあさ、  すごくきもち・・・よかった ・・・ 」


声を出して笑いながら「そっかあー、よかったねえ~、気持ちよかったんだあ
~」と 如何にも満足気に言ったが急に真顔になり

「でもさ、もうしないよ?いいね? これはね、お互いにやってはいけない事だか
らね?」
「・・・・・・・ 」
「お母さんがいけなかったよ、 ごめんね  つい、男にしてあげたくなっち
ゃったのよね ・・・・ あんたも楽しんだし、私もあんたの一生に一度の女になれて幸せだったし 二人でこの事は忘れてしまおうよ!  ねっ?」

「・・・・ だめなの? ・・・・ 」
「え、? 」
「子供ができないようにやってもだめなの?」  

俺の問いに珍しくうろたえた母の目を見つめた

「だからさあ、親子でセックスはダメなの、赤ちゃんがとかじゃなく、よ・・・ 」
不満気に俯く俺を諭すため 更に懸命になる母
「あんたはお母さんのお腹から産まれたの! あんたはね?新しい恋人を見つけて
その子とセックスをして、赤ちゃんをつくるの、お母さんじゃあダメなの、わかった?」
「・・・ ん、 ・・・ 」  
しぶしぶ承諾する俺に安心した様子の母だったが
その後 顔を上げた俺は更に母を困らせたのだった

「・・・ わかった、  けど ・・・・ 」
「? けど? 」
「もう一回だけ ・・・ だめ?」 

「だからあ、・・・ 」  
言葉が出ない母だった
「だって、ほとんど何も覚えてなくって ・・・あっと言う間に終わっちゃっ
て ・・・ 覚えてないんだ俺 」と、俯く俺

「もっと もっといろいろ感じたかったよ俺、・・・・・ 」

それからしばらく二人の無言の時が流れた
そして母が言った

「 ・・・ お母さんの部屋に  ・・・・ いきなさい ・・・ 」
「え??」
「すぐに私も行くから、先に行ってベッドにはいってなさい」

慌てて立ち上がる俺に少しだけ厳しい口調で
「絶対!これっきりだからね!あと一回だけだからね?! いいねっ!」

リビングを出る時に振り返って見た母の
肘をつき、両手で顔を覆い困惑した様子の痛々しさに一瞬 心が痛んだ  

 が、もう一度「女」とセックスできる喜びで直ぐに舞い上がり
母の部屋に入ると服を脱ぐのももどかしく全裸になると いい匂いのする母の
ベッドに潜り込んだ俺だった

エアコンの温度を下げ、薄い夏掛に包まって 期待にワクワクでチンポをシゴ
イてみた

それは既に今まで経験がない位に硬く反り返ってピコン、ピコン、と早鳴る鼓
動に合わせ母の性器を求めて踊っているのだった

じれったく長い時間を耐えていた
やがて母の階段を昇る足音が聞こえた


PAGE TOP