型崩れも無く固くすぼまった母のアナル


歳のわりには若々しく知的で可愛らしい顔をした母は私にとって憧れの対象でした。
小柄で色白の肌をして豊かな胸を持った母を思い、自慰に耽る内に母を私の物にしたくなりました。
まず私が母に思いを抱いている事を伝える為に、母の使用済み下着を精液で汚して洗濯籠に戻して置きました。
これで、私が母を性の対象として見ている事が母にも伝わったと思います。
 翌日、母から何か言われるか心配していましたが、何事も無かったように振舞っていました。

 何回か同様の事を繰り返しましたが特に拒否する事も無く、私の行動を受容する母を見て、葛藤しながらも私の思いを受け容れる覚悟をしたと判断し、一線を越える決意をしました。

いつもの様に二人だけで炬燵に入り、テレビを見ている時に行動に移す事にしました。

まず自分の足で母のふくらはぎに触れて様子を見ました。
 特に拒否する様な素振りが無かったので、足の指で太腿の内側を撫ぜるとビクッと体を震わせていましたが、無言のままでした。

 そのまま足の指で母の恥丘を撫でると、さすがに「何をするの」と言い、身を固くしました。

「やめてっ私達は親子なのよ駄目」と言って、形ばかりの抵抗をする母を、寝室に連れ込みました。

「いや、やめて」と言う言葉を無視してスカートを捲り上げ、下着を脱がす事ももどかしく母の膣に指を挿入し、胎内をかき回しました。

指を挿入されて諦めたのか母は大人しくなりました。

そこで最悪の事態を避ける為か、母は私の威きり立ったちんぽを手にすると口に含み、しゃぶり始めました。

しかし経験が無かった私は、思わず母の口内に放出してしまいました。

 母は放出して茫然としている私に「今日の事は忘れなさい」と言い寝室から出て行きました。

流石にこれで終わりかと思っていると・・・

その翌日、母が思い詰めた様な顔で先日と同じ服装で私の前に現れました。
 いよいよ私を受け容れる決心がついたと思い、手を引いて寝室に向かうと少し肯いて大人しく付いて来ました。

とうとう双方合意の上体を合わす事になりました。
敷いてあった布団に横たえると、昨日とは打って変わって大人しく股を開きました。

下着を剥ぎ取り股間に指を入れると、そこは十分に濡れそぼっていました。
「入れるよ、いいね」と言ったが、返事は有りません。

 いよいよ我慢出来ず、母の女陰にちんぽをねじ込むと「ウッ・・」と言って顔を背けました。

挿入を繰り返す度にくぐもった呻き声をあげます。
その素っ気ない態度とは裏腹に、母の膣肉は蠢き、私のちんぽを締め付けます。

 とうとう我慢出来ず「中に出させて」と耳元で囁くと、母は横を向いたまま「はい」と呟きました。

 その声を聴いてたまらず、私はちんぽを深く挿入し、母の子宮口に亀頭を押し付け、そして・・・思いの丈を母の胎内に放出しました。


それからは、家族が留守の時を見計らって母の体を貪りました。

 フェラにしも、母は最初の頃は「しゃぶってよ」と言っても、おずおずと咥えるだけでしたが、今では射精を口腔に受けるまでねっとりとしゃぶってくれるようになりました。

そのうちに私は、母のアナルが気になりだしました。
母のアナルは父に触られたこともない未開発の処女地なのです。(それは母に確認してありました)

その処女地を私のものにしようと、あるとき決行しました。

ベットでSEXしているとき、私は裸の母の両足を大きく開き、アナルを見ました。
型崩れも無く固くすぼまった母のアナルでした。

バックでおまんこに挿入して責めながらアナルを指でまさぐると、母は「何するの、そんな所は触らないで」と言い、尻を振りながら嫌がります。

 そこでおまんこをガンガン突きまくり、母が絶頂に昇り詰める寸前にちんぽを抜き、焦らせながら私を受け入れる様に仕向けました。

何度か焦らしているうちに、ついに根負けしたのか、母はアナル処女を私に捧げる事に同意しました。

うれしくてたまらない私は、母にこのまま四つん這いのまま尻を突き出しているように言い、母の鏡台にあったコールドクリームを手にとって念入りにアナルの襞に塗りつけました。

塗りながら指でアナルを拡張するようにかき回します。
少しほぐれたアナルに亀頭を押し付け、力を込めると「いやよ、やっぱりいやっ、痛いわ」と拒絶の言葉を口にしながらも、四つん這いの姿勢を崩しません。

そこで私は、母の最後の処女地にグイグイとちんぽを押し込みました。
そのとき、きつい括約筋をかき分けていく感触が堪りませんでした。

そして私は、母のアナルを突きまくりました。

まだ誰にも挿入されたことのない母のアナルはとにかくよく締まりました。
奥まで届くたびにギューッと括約筋が収縮し、直腸のシコシコした粘膜がちんぽを擦り上げてきます。

堪らず、私はあっというまに射精してしまいました。
母の直腸奥深くに、私の精液が濯ぎこまれたのです。
このとき私は、体中に電流が走ったような快感を味わいました。

そして、射精の快感もさることながら、母のアナルを自分のものにした! という喜びもこみ上げてきました。

母はというと、最初こそアナルを貫かれてうめき声を上げていましたが、最後の方では母も感じたみたいに声を上げていました。

あとで聞いたら、絶対ムリだと思っていたのに、アナルを突かれているうちにおまんこにいれられてるみたいにだんだん気持がよくなってきたのだとか。

「女ってふしぎね」と、母は恥ずかしそうに頬を真っ赤にして言いました。その顔がすごくエロかったです。

母とは今でも続いています。
母の処女地であるアナルをいただいたことで、イコール母自身が私のものになったような気がしています。
そう、母は私の女です。


PAGE TOP