亀頭を震わせて柔らかな手の中に射精してしまいました


私は42歳、息子は18歳です。一年前に主人を亡くしました。
息子は一人っ子の高3で、時々はガールフレンドが部屋に遊びに来るので、急に部屋を開けて紅茶とケーキを持っいってやります。
先日は夜も更けて、もう11時になりそうなので部屋を開けて「もうお帰りなさい、お母さんが心配するわよ・・」と部屋に入ると、息子は彼女のスカ-トの中に手を入れ、彼女は息子の勃起したペニスを握っていました。
タラタラと愛液が流れ出ています、2人は慌てて離れましたが、私は完全に目撃しました。

彼女を帰して「あれは何をしてたの? おおまんこしようとしてたの?」と意地悪く聞くと「もちろん、僕はもう18歳だし彼女も出来る年ごろだものいいじゃないか・・・」と開き直りました。

私だって主人を亡くしてから、既に一年も過ぎたのにいまだセックスのお誘いを断り、未だに性交はしていないのに、18歳の息子がSEXするなんて許せません。

そこで提案しました。
「私が相手をして上げるから、いいわねェ~~」と、パンティを脱いで陰部を全部見せて開脚しました。

彼も童貞らしく、私の身体を見て完全に勃起し出しました。


私の芳醇にブレンドされた甘いフェロモン臭に、彼の性本能を刺激したのか、ペニスがジンジンと疼き始めてビンビン状態になりました。

直ぐにパンツを脱がせると、未だに包茎で陰茎には薄皮を被っています。
そっと皮を剥くと、白いチンポ粕が着いており桜紙で拭きとってやりました。

もう勃起は頂点らしく握っただけで、「あぁぁぁぁっ」と言いながら亀頭を震わせて、柔らかな手の中に射精してしまいました。

「えっ、そんなに早いの?これじゃ彼女は満足しないわよ・・・」と、滴る亀頭に口を当てて、精液を全て吸ってやりました。

「恥ずかしいよ・・・」と言いながらも、直ぐに再勃起が始まり、皮を剥いて興奮しだしたおまんこに宛がい、騎乗位で伸し掛かり膣口に誘導して入れました。

直ぐにびしょびしょで、ぐいっと奥まで一気に挿入出来ました。

息子は「あん、お母さん、ダメだよ~~。出ちゃいそうだよ~~~」と中でピクピクと痙攣させています。

「イイワよ、出してもイイワヨ・・・・・」
息子は私にしがみ付きながらドクドクと放出しました。

私は勿論イケないので、もう一度抜いてしゃぶりながら勃起をさせ、主人を思い出しながら息子に跨りました。


PAGE TOP