息子達の童貞を卒業させた私の秘密のセックス体験談


普通、親子川の字で寝るって、お父さんお母さんの間に子供が寝ることをいいますよね?

うちでは違うんです。

二人の息子の間に私が寝て、川の字になってるんです。
私は46才、長男が22才、次男が20才です。

私は11年前、旦那と別れました。

二人の息子は、私に気遣って、うちのことをよく手伝ってくれました。

掃除洗濯、ゴミ出し、片付け、特になにも言わなくても、率先してやってくれて、

私はかなり助けられました。

だから私は仕事に集中できたし、

ちょっと男性とお付き合いしたりも出来ました。

次男の就職が決まり、高校卒業も間近ってときに、

二人の息子からお願いをされたんです。

「母さんとセックスがしたい」

私は薄々気づいてました。

私の着替えをコソコソ覗いていたり、

お風呂場を覗いていたり。

生活の手助けしてくれてる息子達でしたから、

私は気づかないふりをして、好きなようにさせてました。

だからセックスしたいと言われたとき、さほど驚きませんでしたが、

やはり多少は驚きました。

普通の親なら(何バカなこと言ってるの)と一蹴するんでしょうが、

私が思ったことは(どうしようか)でした。

息子達は私の期待を裏切るようなことを一切せず、


私を助け続けてきました。

だから私も息子達の期待を裏切らず、

(いいよ)とすぐ言ってあげたかった気持ちと、

いけないことなんだとの気持ちが混ざっていました。

でも私は息子達の期待に応えることに決めました。
「いいよ」
と言ったときの息子達の顔は、予想外といった様子の顔でした。

風呂が狭いので、最初は長男、続いて次男、そして私の順に入り、

私が出ると、部屋に布団が敷かれてて、

私はそこに招き入れられました。

息子達に聞くと、二人共まだ女性経験がないとのこと、

私は二人の息子の息子を交互にフェラ、

長男が口の中で果てると、

私の肩付近に次男も果ててました。

そしてまず長男を先に導き入れ、

童貞から卒業させ、

長男が終わると次男を導き入れ、

童貞から卒業させました。

最初はぎこちなかった息子達も、

今ではすっかり立場は逆転し、

二人の底知れぬ体力に圧倒される毎日です。

兄弟息の合った連携プレーで、

私の息が絶え絶えにされます。

避妊方法は避妊薬の服用をしています。

息子達から勧められました。

体はあまり丈夫な方ではなかった私ですが、

息子達の若いエキスのためか、

体調もよく、私は今すごく充実した毎日を過ごしています。


PAGE TOP