帰省した息子に挿入され夫では味わえない快感を覚えました


44歳になって初めてSEXの喜びを覚えました。
去年までの私はSEXはあまり好きじゃなくて、夫との月に1,2回のセックスでも感じても逝っちゃったことなんかありませんでした。
それを変えてくれた相手が今年23歳になった息子、英明です。
今年のお正月休みに友達とスキーに行ってた英明が帰って来て、中2の長女と夫が入れ替わるように中学主催のスキー教室に出かけました。
私はスポーツオンチで何やっても駄目だから、長女も最初から父兄同伴には声もかけてくれないし、私も全然行く気無くて一人で留守番するつもりでした。

最近、市内で盗難事件が多くて実は心細かったので、英明が帰って来て少しホッとしていました。

東京に勤めるようになって一人暮らしになった英明と二人きりで過ごすのも久しぶりでした。

私の作った料理を美味しそうに食べてくれるのを見てるだけで嬉しくて、「お正月だし…」と思って普段そんなに飲まないお酒も飲みました。

でも、少し飲み過ぎてしまったようでした。

「お母さん、俺と一緒にお風呂入ったのって何時が最後かなあ」
子供の頃の話しててそんな話題になって、
「10歳くらい、4年生くらいまでかしらね?」
そう答えると、
「久しぶりに一緒に入ろうか」「入ろう!」って盛り上がってしまいました。

その場で英明が服を脱ぎ始めて、私もテンション高いまま服を脱ぎ始めました。

先に裸になった英明の体、引き締まってかっこ良くて、そしてペニス・・・
大きくてびっくりしてしまって、思わず見つめてしまいました。

勃起しかけているみたいで下腹部の叢から少し下向きだけど突き出しているペニスが、そんな状態なのに14,5センチはありそうでした。

「何見てんの、Hだなお母さん」「ほら、服脱ぐの手伝ってやるよ」
笑ってそう言いながら私を抱き寄せるようにしながら、スカートも下着も少し乱暴だったけど脱がされました。

私は酔ってるのもあったし、英明のペニスばっかり気になっちゃってされるままになっていて、気がつくと全裸にされていました。

そして突然キスされました。
しかもディープキッス、強く抱きしめられて顔を上向きにされて舌を絡められました。

「ヒデちゃん・・・何よ、お母さんに、何すんのよ・・・」
唇が離れた合間にやっとそう言った私の体を、背中から抱き締め直した英明の手が弄り始めて、乳房も揉まれ始めてしまいました。

お尻にすっかり堅くなった英明のペニスが押し付けられて、英明の指がクリトリスに触れ始めた時、思わず声が出てしまいました。

「ヒデちゃん、止めよ、冗談は止めて、お母さんにこんなことしないで」
繰り返し頼んでも全然止めてくれなくて、私の陰唇を掻き分けて英明の指が入って来て動き始めてしまいました。



体中の力が抜けて、英明に抱かれてなければ、きっと崩れ落ちていたと思います。

英明の指の動きに声を上げて感じて自分のあそこがどんどん濡れてくのが判りました。
そして体をふわっとお姫様抱っこされても、もう抵抗なんか出来なくて、2階の英明の使ってた部屋に運ばれました。

ベッドの上に横たえられて、すぐに英明が私の両足を広げ顔を埋めて来ました。
私は生まれて初めてのクンニされ始めたんです。それも息子の指で…

夫はそんなことしてくれたことありませんでした。
英明の舌先がクリトリスを嬲るように舐め、膣の中まで舌先を感じた時、私は大きな声を上げてお尻を揺すり始めてしまいました。

それまで経験したことないくらい気持ち良かったです。
夫とのセックスでは、夫が射精するともうそれで終わり、クリトリスや乳房を弄ってくれるのも私のあそこが濡れたらお終い、挿入して5,6分で私の中に射精して、後は満足したように寝るだけ・・・

英明のペニスが私の体の中に押し入って来た時には、自分の方から体を開いてペニスを迎え入れてしまいました。

大きかったです。
長くて太くて、熱くて堅くて、奥まで突き入れられると子宮にまで突き当たるようで、英明が一突きする度に私は登りつめて行かされるようで、声を上げてお尻を揺すって英明の体にしがみつくばかりでした。

逝っちゃいました・・・生まれて初めて。

あまりの気持ち良さに何がなんだか判んなくなって、体が勝手に痙攣し始めて、最後は自分でもびっくりするくらいの大声で英明の名前叫びながら・・・後は、真っ白。

死んだように眠ってる私の体の中で、英明はまだ動き続けてたようです。

「おかあさん!、俺、出ちゃう!、出すよ!、出す!」
英明の大きな声で目覚めた私の中に熱いものが打ち込まれて来て、それでまた私も感じてしまって英明の体に足を絡めて、その熱いもの全てを受け入れました。

それが、私の初めての絶頂経験。
英明も酔っ払っていたのかも知れません。
そんなにスタイルが良いわけでもない私に欲望してしまって最後までしてしまったそうです。

それから英明が東京に帰る日までの3日間、私と英明は狂ってしまったようにセックスしました。多分、どちらかと言うと、私のほうが夢中になってしまって英明のペニスを求め続けました。

何回逝かせてもらったのか外食ばかりした食事時を除いて、朝から晩まで英明と体を絡めていました。

英明の帰った翌日、長女と夫が帰って来ました。
私はいまだに体の中に英明のペニスが入っているような感覚で、ボーとしていました。
それで娘に笑われるようなことばかりしていました。