あらん限りに体を痙攣させ絶頂を迎えましたwww


今から2年程前、私が高3の文化祭での出来事です。
私は学校中の男子、それこそ学年を問わずほとんどの男子たちから、「女神」または「アフロディーテ」というあだ名を付けられていました。
最初は意味が分からなかったのですが、後になって分かったのは、ありがたいことに男子達が私のことを物凄く美人で清楚だと噂をしてくれて、告白したいけど高嶺の花過ぎて出来ない。そんな中から生まれたあだ名という事でした。
大学生の今ではよく街中でモデル会社からスカウトを受けますし、またありがたい事なのかどうか、東京のほぼ全てのキー局から、「うちの女子アナになりませんか?」というお誘いがかかっています。
まあ、女子アナには興味がないのですが。

そんな私は小学校時代から新体操をしていた関係で、3年の文化祭で、あるパフォーマンスにおいて一緒に出演して華を添えて欲しいと頼まれたのです。

しかし1つ困った問題が起こりました。それは着替えの場所です。
私はその部活の正式メンバーではなかったので、彼女達の更衣室は使えませんでした。また当日は他の女子更衣室も一杯。とても私のスペースなんて空いていません。

すると担任の先生から、「普段生徒は絶対に入れないこの資料室で着替えなさい」と、入室の許可を頂いたのです。これが全ての始まりでした。

前日に私は自分の更衣室となる資料室に初めて足を踏み入れました。
部屋がとても広いためか、前と後ろの両方に出入り口があります。

そしてなぜか先生は、とても大きな、一見、鏡の様な透明な板を部屋の真ん中に運び込み、それで部屋を完全に2つに仕切りました。

先生「当日、部屋が足りなくて、この壁の向こうで男子運動部が着替えることになったんだ。君には前の扉専用の鍵を渡しておくから、男子たちは決して入れないし、もちろん君がこっちで着替えてることも言わない。それにこの透明な壁も、今から黒のカーテンを君の部屋の方に付けるから、男子達からは絶対に見えないから」

私が頷くと、先生は早速カーテンを取りに走って行ってしまいました。

9月の文化祭当日、その日はとても暑く、体のラインがはっきり分かる程にピッタリとした新体操用の私のレオタードは、出番が終わる頃には汗でますます貼り付いていました。

早速、着替える為に資料室の前の扉を鍵で開けて中に入ると、黒のカーテンで仕切られた向こう側から男子達の騒ぎ声が聞こえてきました。

(本当に、向こうで男子達が着替えているんだ・・・)
そう考えた途端、なんだか急に体がムズムズしてきました。

男子達は私のことを女神とか言って全然告白も何もしてくれない。
なのに2年の秋に修学旅行で沖縄の海に行ったときなどは、私がビキニ姿になった途端、学年中の男子達が犯すような目で私の体を見てきて、陰で私のおっぱいを触りたいとか言って騒いでる。

(男なら、もう少し強引に迫ってよ!)
そう思った私は、私の更衣室を男子達の目から隠していた黒いカーテンを勢いよく全開にしました。

向こうで着替えていた男子達が一斉にこちらを向き、固まります。
見るとそこには30人程の男子達がいましたが、偶然にも全員同級生でした。

私は彼らの驚き顔をよそに、まずその透明な板に顔を近付け、コンタクトを直す振りをしました。そして板に向かったままストレッチを開始したのです。

そうです、私は男子達に、これがマジックミラーだと思わせようとしたのです。
つまり私から見たらこの壁は鏡だけど、男子達から見たらただの透明な板だと。

この作戦は、この部屋が普段生徒は入れないからこそ実行出来ました。
そして私の作戦は見事に成功。いくら部屋を仕切ってても、天井付近は隙間が空いています。そこから男子達のヒソヒソ声が聞こえてきました。

「おい、亜紀さんがレオタード姿で立ってるぞ」「やば、超綺麗・・・」「てか彼女、俺たち見えてないのかな?」「これ、もしかしてマジックミラーなんじゃない?」

男子達がマジックミラーだと思い込んだのを確認した私は、板に向かってゆっくりとレオタードを脱ぎだしました。

普通はもちろん違うのですが、私は普段から乳首や下の割れ目を隠すため、下にヒモ状の服を着ていました。

説明が難しいのですが、全体が1本の細いヒモの輪っか状の服で、首の後ろにかけ、細いヒモが乳首と前の割れ目のみを隠す物です。
つまり男子達の目の前で、私はその姿になったのです。

向こうの男子達の声を殺した喚声が聞こえてきます。もう全員が、透明な壁にピッタリと張り付いていました。

私は胸を確認するような素振りを見せながら、少し揉んでみました。
男子達は凝視して鼻息が荒くなっています。大量の汗を、鏡を見る振りをしながらペーパータオルで拭いていきます。

顔はもちろん、そこから徐々に下にさがっていき、首筋、胸はまるで揉みしだく様に拭き、下乳も拭きます。胴体、お尻、そして一番蒸れている下の割れ目。


(ああ、男子達がこんなんにも私のことを凝視して、興奮してくれてる・・・)
見るともう全員の下半身が服やパンツの下で反応し、腰がピクピク動いていました。

ここまでくると私も興奮してきます。
それに、私のどちらかと言えばMの性格が後押しをし、ついに男子達の目の前で公開オナニーをしだしてしまいました。

恐らく資料を読む時に使用するのであろう小さめのクッション製の長椅子に、私の下の口が彼らに見える様に横になります。

そしてレオタードの下に付いていて、デリケートゾーンを隠していた細ヒモを思いっきり引っ張り、まず割れ目に食い込ませます。

「ああっ!」
当然その声は、天井付近の隙間から男子達にまる聞こえです。
ちょっと上半身を起こして体を壁に預け、下の割れ目をヒモ状の服の上から擦りながら、胸を静かに揉んでいきます。

「んっ、ああ、んんん」
声はわざと男子達に聞こえるように、表情はより気持ち良さそうに。
前の壁に張り付いている大勢の男子の大半が、服の上から自分の息子を触っています。

(ああ、男子達にオナニーを見られてる。恥ずかしい姿を・・・)
そしてついに、私は両方の乳首と下の口を覆っていた服を横にずらし、女体の中で最も隠さなければいけない2ヶ所を同級生の男子達に惜しげもなく晒しました。

壁の向こうでは男子達が生唾を飲み、腰をひくひくさせながら、まるで獣の様な目で私を凝視しています。

乳首を摘み、胸を揉み、目をより一層トロンとさせました。
さらに私は、男子達に見られながらのオナニーという状況のために既に濡れに濡れている自分のおまんこを、彼らに子宮までもが見えるくらい、両手で左右に思いっきり広げました。

開くと同時に左右に愛液が糸を張り、下からは大量に透明な液が溢れてきます。
(男子達の視線を感じる。皆、私のおまんこを凝視してる。いやらしい液が大量に溢れた、まだ誰にも見せたことがない私のおまんこを・・・)

起こしていた上半身を椅子に再び横にさせ、両足を椅子の上にあげ、産婦人科であそこを検査される時の様に思いっきり膝を左右に開き、愛液が溢れ続けるおまんこを彼らに見せつけます。

左手で胸を愛撫し、右手でまずはクリトリスを愛撫。
次第に指を増やしながら中に入れていきます。人差し指、中指・・・。

それらの手で見せつける様にわざと思いっきりおまんこを掻き乱し、腰をくねらし、体を痙攣させ、長い黒髪を振り乱しながらよがり続けます。

「ああ!ああん!いい、ああ、くっ。あひ!!」
喘ぎ声もより大きく、より甘美にあげ続け、あそこを愛撫する度に鳴ってしまう卑猥な音も、惜しげもなく男子達に聞かせました。

ぐちゅぐちゅ、ぴちゃっ、じゅぷじゅぷじゅぷ・・・。

脇の下から男子達を見ると、もう皆無意識の内に服の上から自分の息子を触りまくっています。中にはチャックから勃起したアレを取り出し、必死にしごいている人もいました。

そのうち、だんだんとおまんこの中がヒクヒクしてきました。
潮を吹く前触れです。私は難しいと言われている自分での潮吹きを、日々のオナニーで会得していました。

(吹いちゃう、吹いちゃう、男子達の目の前で・・・)
一瞬恥ずかしさが手を止めようとしましたが、私は今、前にある壁はマジックミラーの体でやっているのです。普段のオナニーを見せなきゃ意味がない。そう思い直し、一気にGスポットを攻め抜きました。

プシュー、シャーシャーシャー!

(ああ・・・)

「おおー、す、すげー」
私はついに潮を大勢の異性の目の前で吹いてしまいました。

男子達に向かって吹き出された私の潮は、彼らの歓声を誘い、また家でやるときとは比べ物にならないくらい大量に、そして勢いよく溢れ出しました。

下に潮を受け止める用で置いておいた私のレオタードは、後で絞ると、まるで雑巾の様に潮が溢れてきました。

しかし、「潮吹き=絶頂」ではありません。
私の体は、絶頂に向けてまさにラストスパートをかけていました。

大勢の男子達の目に晒されながらオナニーをするということは、まるで彼らに一斉に犯されてる様な感覚に陥るということでもありました。

(30本ものおちんちんに私は今囲まれてる)
今、男子達はどういう風に私を脳内で犯しているの?おっぱい?それともおまんこ?パイズリしてる人もいるのかも。口内射精は?

そんなんですから、これまた普段とは比べ物にならない絶頂の予感が体を支配してきました。

もはや大袈裟でも何でもなく、体は小刻みに痙攣し、甘い吐息が漏れ、顔は紅潮し、乳首は体験したことが無いほどに勃起し、身体中が汗ばみます。

「ああっ、あひっ!ああ、イク、イク、イク!!」

そう言った瞬間、椅子に上げていた両足で、体を大きくおまんこを頂点として下半身を思いっきり突き上げ、あらん限りに体を痙攣させ、絶頂を迎えました。


PAGE TOP