男の人のおちんちんを咥えさせられている姿…


私が高1の頃です。
電車を降りて商店街を歩いて帰っていたら、
呉服店の前で男性の店員さんに声をかけられました。
「今、呉服の試着会をしているので見ていかない?」
私は興味もなかったので断りました。すると
「見るだけだから大丈夫だよ」としつこく言われました。
まだ高校生で、断る術を知らなかったので

「でもお金もないから買えないので…」と言うと

「ははは。買わなくていいんだよ。ただ着物を見てもらえればいいだけだから」と…

着物を見ればいいだけならと思い、店内へ入って行きました。

「これを着てみて」と着物を差し出されました。

「私、着物の着付けとか出来ないし…」

と言うと「大丈夫だよ。僕が着せてあげるから…」と言われました。

着ていた洋服をぬがされ、ブラとショーツ姿にされました。

「着物を着る時はブラジャーは取るんだよ」と言われ

ホックを外されショーツ一枚だけに。

恥ずかしくて胸を腕で隠していると肌襦袢を持って来て「袖を通してごらん」と言われました。

袖を通すという事は、腕で隠していた胸がさらけ出されるので「自分でします」と言うと低い声で「良いから腕を通すんだよ」と言われました。

とにかく怖かったので言う事を聞き袖を通しました。

肌襦袢のシワをのばしながら、私の胸をなでました。

肌襦袢からは乳首が透けて見えていて、それが鏡で見えるとすごくエッチな感じで、私のおまんこが濡れてきたのが自分でも分かりました。

すると、「着物を着た時にパンツの線が見えると美しくないんだ」と言われ、両手で優しくゆっくりとショーツを下ろされました。

全裸にさせられたのです。恥ずかしくて体をモジモジしていると「あれ?君のパンツ…見てごらん」と言われ、脱がされた私のパンツの濡れた痕を見せられました。

その人は、その濡れた痕の部分を指でなぞり
「ふふふ」と笑うと「綺麗だ。君は本当に美しい。本当に美しいよ」

と言うと、私の唇にその人の唇が重なってきました。

ディープキスでした。舌を入れられ、ネチャネチャ音が出ていました。

私のおまんこはキスだけで感じて濡れていました。

怖いと心の中で思っているのに体は全く違く反応をするのです。

立ったまま抱きしめられキスをされていると、下から手が着物の中に入って来て、太ももを触られました。

濡れているがバレたら嫌だ・・・・と思っていたので、体をモジモジさせてみました。

すると、せっかく着つけた帯をキスをしながら解き始めました。

とても乱暴に鼻息を荒立てていました。

帯が解かれると、キスをしながら押し倒されました。

私も声が漏れていました。今度は首筋をなめられました。

胸元がゆるくなり、おっぱいを揉まれ、乳首を吸われました。

その時には、私の体は熱くなっていました。頭の中で「何?これ?どういうこと?」と思っているけど、このシチュエーションに興奮している自分もいたのです。

抵抗するどころか、気持ちの良さに声が漏れていました。

「はぁ…ぁぁ…ぁぅぅ…」

乳首を噛まれたり、吸われたり、引っ張られたり。

チュパチュパといやらしい音が耳元に聞こえるだけで、おまんこからはまん汁が溢れるのが分かりました。


乳首への愛撫が終わると、私の太もものを持ち上げ、おまんこに顔を埋めて来ました。

「濡れてるよ…綺麗だよ…綺麗だよ…」と言われながら、クリトリスを刺激したり、割れ目の中に舌を入れられたりしました。

そしてまたキスをされ、おまんこに指を入れられてグジュグジュかき回されました。

「着物が…汚れます…」と言うと余計に指を激しく動かされ、ついに潮吹きをしてしまいました。

着物もビッショリ濡れてしまいました。

それでもその人はお構いなく、私のおまんこを弄ったり、舐めたり、吸ったりしていました。

しばらくすると私は体を起こされました。

私の目の前に、その人のおちんちんを出されました。
「舐めて…」と言われました。

私は男の人の物を口に入れたり舐めたりした事もなかったので、横に首を振りました。

すると私の頭をガシリとつかみ、がまん汁がついた先端を私の唇に当ててきました。

ゆっくり回して私の唇にたくさんがまん汁が付きました。

それでも私は嫌だったから口をつむんでいました。

そしたら、鼻を抓まれ息が出来ないようにされました。

必然的に口で息をするために口が開きました。

そこをめがけて、おちんちんを入れられました。

最初はすごく嫌でした。でも、ふと鏡に映ったこの光景を見ると、すごく興奮してしまいました。

着物がはだけて、おっぱいが見えて…体操座りみたいに座ってるから、

自分のおまんこが見えてて…髪はグシャグシャになって、

口から涎なのか分からないけど透明の何か液が光っていて、

男の人のおちんちんを咥えさせられている姿…

こんな興奮は初めてでした。

その人は私の頭をガッシリ掴んで前後に動かして、

私は舌を当てながらおちんちんをしごいていました。

その人も「ぉぉぉ…」と興奮した声を出していました。

しばらくすると、私の口から抜いてついに、私のおまんこに入れてきました。

もうすでにビショビショに濡れていたので、ずぶぶぶぶっと挿入されました。

奥深くまで入った時、すごく気持ちよくなりました。

勝手におまんこが締まりました。

その人は私のおっぱいをしゃぶりながら、腰を振りました。

声が出ました。信じられないくらい気持よかったです。

×××されているシチュエーション、着物というシチュエーション。

想像するだけで、頭の中が真っ白になりました。

バックで入れられた時は、アナルに指を入れられました。

騎乗位になった時も、はげしく胸を揉まれました。

最後は正常位でしましたが、「中に出さないで」

という私の願いを聞いて口の中で出されました。

精子を吐き出そうとしたら全部飲んでと言われたので、飲みました。

そして、おまんこに指を入れられ掻き回されました。

また気持ちよくなってきて声が出ました。そしたら指を抜かれました。

「したくなったらいつでもおいで。その時は、もっとすごい事してあげるから」と言われました。

家に帰ってからも、あの時の事が忘れられずオナニー漬けの日々でした。

でも、のこのこと行くことが出来ず、
結局1回限りの出来事で終わりました。


PAGE TOP