母は眠ったまま3人の男の童貞を奪ったのです


これは、僕が高3の秋の話です。
僕は高校の仲間2人と18歳になったばっかりでレンタルビデオでアダルトビデオを借りてきて当時は昼間は僕の家には平日は誰もいなかったので、仲間と僕の家で学校をサボって観ていました。
普通の女優のビデオはそれ以前も見たことはかなりあったので、その日は40代のいわゆる熟女モノのビデオを借りました。
その当時は、今よりも熟女がブームになってなかったので種類は少なくて僕たちが借りたものも内容はオーソドックスなSEXが映っているものでした。

ここでタイトルに結びつく出来事が起こってしまったんです。
当時はさすがにお互いの面前前でオナニーをすることが恥ずかしかったので抜くときは、僕の部屋の隣で交代で抜いていたんです。—–その部屋には、ベランダがあって、洗濯物が干してあったんです。

僕の家は僕が朝の8時に家を出て母が8時半ころに家を出て帰ってくる時間は僕が夕方の5時以降で母は4時までには大体、帰っていると言った感じで母が出かけてから帰ってくるまでは家には誰もいない状況でした。

しかし、その日には僕は一旦は学校に出かけて母がいなくなってから仲間と家に戻ってAV鑑賞していました。
ここで、偶然が重なって僕たちの性欲に火をつけてしまったんです。
たまたまその日はオナニー部屋に仲間が先に行ったんですが、僕は洗濯物がある事に気づいてはいましたが、まさかあんなものが干してあるとは思いもしませんでした。

「おい、来てみろよ」部屋に入った仲間が僕たちを呼びました。
行ってみるとそいつは真っ赤なレースで出来ていて胸からヘソのあたりまであるロングブラをつけて下半身には同じ生地で出来ていていかにもセットになっているような同じ色のガーターベルトと網タイツとTバックのスケスケのパンティーを履いていました。

それを見た、もう一人の仲間が、「お前、それどうしたんだよ?」と聞くと「博之のかあちゃんのじゃねーのか?ここに干してあったぜ」と言いました。

よく見ると、それ以外にも同じようなランジェリーが外からは見えないように、組み合わせで言うと5セット分ほどがまとめて干してありました。

仲間の一人が、「俺、こんなHな下着、実際には初めて見た」と言っておまんこが当たっていた生地の部分のにおいを嗅いでいました。
そして、なんとそいつは物干しからそれを取り、自分の勃起したモノに被せてしごきだしたんです。

パンティーの生地がちんぽ汁で湿っていくのが見る見る分かりました。
僕自身も母親がそんなランジェリーを着けているとは全く知りませんでした。
しかし、気が付くと3人ともお互いのオナニー姿を見られる恥ずかしさなど全く気にせずその母のものであろうパンティーでオナニーをしていました。

そして3人ともイッた後、3人のザーメンまみれのパンティーの処理など気にもせず仲間の一人が、「博之のかあちゃん。いっつもこんなの履いてSEXしてんのかな?」と言いました。

僕自身も気になって仕方がありませんでした。
普段の母の下着は風呂場の脱衣場のストッカーに入っていて家族それぞれがそこに自分の棚があってそこに入っているものだけだと思っていたからです。
なら、これらのランジェリーは何処にあったのだろうかと考えました。

すぐに答えは出ました。
確証はなかったのですが・・・それは両親の寝室のクローゼットです。
そこの中にはいくつかタンスがあって両親も僕がそんなところを空けることなど無いと思っていたはずだからです。

すぐに僕らはオナニーをした後の下半身裸のままでその場に向かいました。
その中のタンスをいくつか開けていくとありました。

干してあった以外にもたくさんのランジェリーが・・・しかも、それだけではありません。
男のモノの形をしたバイブや女王様のようなボンテージ、それに看護婦さんの衣装まで。
これだけならまだ実際のプレイの現場ではありませんが、それすら見てしまいました。

それらが入っていた引出しとは違った引出しに20数本のビデオテープがありました。
それらはアダルトビデオのような売られているビデオでは無く、明らかに生テープに何かを録画したものだと分かりましたが、タイトルがつけられていました。

「二人の愛の歴史」「淫乱妻のオナニー」「人妻の熟れたザクロ」などと、市販のアダルトビデオのようなタイトルが自筆で書かれていました。

そのときはてっきりアダルトビデオをダビングかなにかしたものだと思い、部屋で「淫乱妻のオナニー」を見てみると、なんと僕の母親がイヤらしいランジェリーを着けてカメラに向かって股を広げ、おまんこの部分が穴のあいているパンティーで自分のおまんこを「ああ~ん、ああ~ん、感じる~、ねえ、見て私のおまんこ濡れてる?」などと言いながらグチョグチョと音を立ててかき回していました。


表情は母ではなく、一人の女でした。
カメラ目線で僕を見つめ僕のちんぽをねだるようでした。

それ以外のテープも見ました。
もっとすごいものが映っていました。
なんと、カメラを父親が回して、その前で純白のガーターベルトにTバックのパンティーに乳首が丸見えのブラを着けてその上に看護婦の衣装を着けた母が父の回すカメラの前でそんな格好で父以外の複数の男とSEXをしているのです。

母はザーメンまみれになっていました。
それを見たもう一人が言いました。
「俺、博之のかあちゃんとやりてえ」「俺も」もう一人も言いました。
「なあ、やろうぜ」「俺、こんなの見たらもう、我慢できねえよ」

僕自身も変態と思われるでしょうが、そのときは母を「女」をして見てしまっていたので、同意してしまいました。
方法は一言で言う「×××」です。
実際に和姦でSEXなど出来るはずがありません。

仲間の一人のアイデアで計画は進みました。
その方法とは、そいつの婆ちゃんが夜は毎日睡眠薬を常用していると言うことなのでそれを使って母には気づかれずSEXをしておまんこを綺麗に元どうりに戻して気づかれないように元にもどすというものでした。

睡眠薬の方は一度使うと3時間は起きないそうです。
ですが、念のため2時間で終わらすということで計画しました。

実行の日は母が仕事が休みの平日にしました。
仲間を近所の公園に待たせておいて僕がうまく薬入りのお茶を飲ませました。
さすがに、ドキドキモノでした。
薬は見事に効きました。
10分後部屋に戻って見ると母は見事にソファーで寝ています。
どんなに揺すっても全く起きず、思い切って母のパンティーの上からおまんこを触って見ましたが全く起きません。

今でこそ薬の飲みすぎであの時起きなかったらどうしようと思いますが、当時の僕は性欲が先行して全く気にもしてませんでした。

そして、すぐに仲間を呼びに行き、母を担いで寝室のベッドに行き、母を一旦全裸にしました。
そして、僕たちがしたことは、それぞれが母を抱くときに好きなランジェリーで抱くということでした。

さすがに仲間も僕より先にやるのは悪いと思ったらしく、「お前が先にやれよ」と言いました。
僕は遠慮なく先に自分の好きなランジェリーを選んできて行為に及びました。
後の二人は僕が母を犯すところをビデオカメラで撮っています。

まずは先に母の足を持ち上げパンティーの上から母のおまんこを舐めまわしました。
すると驚いたことに寝ているはずの母が寝ぼけたような声ではありますが、「あ~ん、あ~ん」と喘いだのです。
僕らは一瞬、凍りつきました。
しかし、すぐに冷静になり行為を続けました。

母のパンティーを脱がすとおまんこかほんのりと暖かく濡れていました。
そして、母のおまんこを音を立てて舐めました。
寝ていても喘ぐ声は僕の下の動きが激しくなるにつれて激しくなります。
しかも、僕が今度は唇にちんぽを当てるとちんぽと分かっているのか、咥いついてきます。

眠っているので首を振ってしごくといった感じではないのですが、吸い付いてきます。
まるで、僕のちんぽの先からザーメンを吸い出すかのように。

そして、眠っている母の上に乗り69をしました。
次に挿入です。
なんと、その時の僕は童貞でした。
もちろん、僕以外の二人も。

僕は初めて女のおまんこにちんぽを刺し込みました。
しかも生で。
なんともいえない初めての感触でした。

ここでもビックリしました。
僕が腰を振って母のおまんこに突き刺すたびに母が「うっ、」と言って僕に抱きついてくるのです。
体はSEXをしていると感じているようでした。
そしてなんと僕は正常位で母の中でイッてしまいました。

そして他の二人も同じように母の体を愛しました。
さすがに他の二人はコンドームを用意してきていて母の外に出していましたが・・・そして、最後は3人一度に母を抱きました。

僕が母のおまんこを突き、もう一人が母の口に自分の物を差込み、もう一人は母に抱きつきながら母のおっぱいを舐めていました。
そのころに母はまるで起きている時と同じくらい「あん、あ~ん」を喘ぎ声を上げていました。

最後は母は3人ぶんのザーメンにまみれていました。
それから僕らは母につけさせたランジェリーを元に戻して母の体のザーメンやおまんこをウェットティッシュで綺麗に拭きました。
そして着ていた服と下着をつけさせて眠ったソファーに抱えてつれていきました。

信じられないかも知れませんが見事に気づかれずに成功したのです。
自分たちでも驚きでした。
母は眠ったまま、3人の男の童貞を奪ったのです。

母は今でも気づいていません。


PAGE TOP