エッチのテクニックを教えてくれた巨乳の女友達


高校1年の時だったが、夏休みにクラスメイトと夏祭りに遊びに行った。
その中には女友達も数人いたのだが、祭りが終わった後、その女友達Kに誘われ
友人の家に行くことになった。

そこにいったのは、友達のS(男)、クラスメイトのK(女)とR(女)とそれ
に僕だった。
お菓子を食べながら、世間話に花をさかせていたのだが、途中からエッチな話に
なってきた。
KもRも結構おっぱいが大きく、エロい体をしていた。
夏なのでみんな薄着をしていた。

「おっぱい大きいよな」なんて話をしていると、KがCカップ、RもCカップだ
と言っていた。
そんな話をしながら、上に着ているものをまくってブラを見せてくれたりした。
KもRも大人物のブラだった。
するとKとRが「興奮してきた?」なんてからかってきた。
Rが「テント張ってるよ」などといいからかう。
もうエロモード全開だ。
すると、初体験の話になった。
話によると、その場にいた僕以外はみんな中学で初体験を済ませているみたいだった。

話を聞くと、経験人数はKが5人、Rが1人、Sが2人だった。
僕が童貞だということを聞くと、KとRが「そうなんだ~」とからかうような感
じで言った。
Kが「じゃぁ、私が童貞奪ってあげるから」と言いながら、体を摺り寄せてきた

Kに「いろいろ教えてよ」というと、うれしそうにしながら「うん」と答えた。
Sがコンドームをくれたので、本気モードに入れた。
ほとんどKがリードをしてくれた。



キスをしながら、「もっと舌を出して」、そして僕の手を取ってKの体を撫でる
よう案内してくれた。
そして、お互い服を脱ぎ全裸になった。
KのCカップのおっぱいが形がきれいだった。
「おっぱい舐めて」と言われ、「もっとやさしく」「乳首をもっと!」「全体を
揉んで」などと指導してくれた。
そして、今度はオマンコ。ピンク色のきれいなオマンコだ。
「クリなめてね」と言いながら、「あぁ、」とあえぎ声を出し始めた。
そして今度はフェラチオをしてくれた。

「きれいなおちんちんっ」
そして、びんびんに立ったところでコンドームをし挿入。
すごい締まりのいいオマンコだ。
「もっと腰振って!」あえぎながらKが叫ぶ。
初めてだったので、すぐにいってしまった。
Kはコンドームを取り、精子をみた。
「すごい量だね!」と言いながら、中の精子を舐め始めた。
かなりの変態だ。

すると気がつくと、SとRが行為の真っ最中だ。
Rのおっぱいもきれいな形だ。
Kは裸のまま僕に抱きついた。
「大好き」といって僕にキスをしてくれた。
その日以来、K子と付き合うようになった。
高校時代はみんなKからテクニックを教わった。