一目惚れした美少女が男子バスケットボール部の公式肉便器だったwww


好きな子が、肉便器と知った時の、
悲しみ+興奮ってなんとも言い難い。

高校の時の話なんだけど、
入学した当日に一人の美少女に一目惚れした。

そんな超可愛い女の子だったから、
当然モテるわけで、当時10代でウブだった俺は、
ブス=ヤリマン、美少女=清純で真面目な子って
いうイメージがあったわけ。

だけど卒業してからツレに聞いた話で
かなりへこむことになった

彼女の元カレがキャプテンで
イケメン&女好き揃いのバスケ部で
共有の女になってたんだ。

好きな子の名前はチエ。

元カレとチエは同中で中学んとき付き合ってた。

そいつは顔も頭もよくてスポーツも
できるモテ男だったから厨房の時に
すぐ別の女に乗り換えたんだけど、
チエは未練があったから同じ高校入って
二番でもいいからって言ってまた彼女にしてもらったらしい。

要はセフレ。

てかほとんど性欲処理器みたいなもんで
昼休みに男子トイレでフェラチオしたりしてたんだって。

(そういえばチエは昼休みに弁当も
食わずどっか行ってたから
何してんだろうって思ってた↓↓)

それからY(元カレ)は、
部活終わりにチエを部室に呼ぶようになった。

初めはみんな帰ったあとに部室でHしてたんだけど
段々エスカレートしてきて女好きの部員たちの前で
チエにフェラチオさせるようになった。

さらにはストリップもさせるようになって
何回 目かのストリップショーのときに
とうとう他の部員の目の前でオナニーまでさせた。

それまでは部室に、
呼ぶのはたまにだったんだけど
この頃になるとほぼ毎日呼んでたらしい。

チエは大学の学費のために家の近くで
バイトしてたんだけどそれを学校の近くの店に変えて
部活が終わる9時くらいまで、バイトしてまた学校に戻って
バスケ部の奴らを楽しませるっていう毎日だったみたいだ。

そんな日々が続いて、
Yはそれまで他の奴がチエに触るの
は許さなかったんだけど、
他の部員も我慢できなくなって、
Yも徐々におかしくなったんだろう。

紅白戦で一番点を取った奴に
フェラチオさせてやるってことになった。

でもそれだと大体いつも同じ奴だから
紅白戦で勝ったチーム全員にフェラすることになった。

そこまでくればもうエスカレートして、
肉便器になる準備は整っているもの。


本番は暗黙の了解で無しな感じだったんだけど
高2の夏の大会でめっちゃ活躍した奴がいて、
Yはご褒美にチエとやらせてやるって言った。

その日だけはみんな部室に入らず
そいつとチエのふたりだけでたっぷりやらせたらしい。

それからは本番のハードルも低くなって
練習試合で得点王のやつ、紅白戦で得点王っていう
ようになっていって結局チエはほぼ毎日セックスしてた。

それでもゴムは必ずつけてたらしい。

でも、ある日そいつの姉ちゃんのピルを
持ってきた奴がいてそれをチエに飲ませた。

それからは全員中出し。

たまにぶっかけたり、
ごっくんさせたりっていう感じだった。

ここまでくると残ってるのは
輪姦だけだった。

そんでバスケ部の連中は
高2のバレンタインデーに

「今日はみんなにプレゼントしろ」

って言って5人で姦したらしい。

基本的にはチエの体力を考えて
いつも1人だったけどその日から試合の日とかは
複数でやるようになった。

高3になって部活も終わって
受験勉強がはじまるとそういうこともだいぶ減ったらしい。

相変わらずYは男子トイレでフェラさせてたらしいけど。

この話をした俺のツレは
不細工だけど何かと目立つ奴で
バスケ部の連中とも仲が良かった。

だから高3のときのこいつの誕生日に
Yがチエとのことをばらしてツレにチエとやらせて
やったんだって。

こいつは前に俺の目の前で
チエのことを妄想しながら
オナニーしたようなやつだから
めっちゃうれしそうに語りやがった。

チエの巨乳のやわらかさ。

フェラの上手さ。

そして、万個の色と締まり。

挿入してるときのチエのあえぎ声。

そんで中出しの気持ちよさ。

チエの万個から流れる自分のザーメンの様子。

卒業するまで誰にも言うなって口止めされてたから
卒業式のすぐ後に我慢しきれない感じで俺に話してきた。

俺は入学当時からずっとチエが好きで
何度か告ったけどあっさりふられた。

デートに誘っても、
一緒に遊びにも行ってもらえなかったから
この話を聞いたとき、ショックで頭が真っ白になった。

ツレを殺してやりたくなった。

でも興奮してる自分もいて、
勝手に清純派だと思っていた女の子が
ヤリマンで陵辱されたと思うと自慰がこりますよw


PAGE TOP