レロレロと亀頭責め&手コキをしてくれる同級生のギャルwww


高校3年生の時に、
同じクラスの女友達にHな事をしてもらいました。

仮に美奈としておきます。俺のことはAで。

ちなみに美奈のスペックは身長160弱で
Bカップの美乳でチョイギャルが入っています

活発なJKで、学年で3番目に入る
美少女女子高生でした

暑い夏の日、俺は昼休みに
涼しい図書室で受験勉強に励んでいた。

しかし寝不足のせいで途中でウトウトしてしまった。

そして誰かに頭をツンツンされ目を覚ますと
そこには美奈と由美が立っていた。

「おはー
カックンカックンってなってたよw」

「おう、あやうく寝るとこだったわ。
てか2人ともなにやってんの?」

由美「図書室涼しいから涼みに来たんだ」

美奈「Aは勉強はかどってなさそうだねw」

「うるせーw」

そんな感じで3人で話していると
チャイムが鳴り5限の授業へ。

授業も終わり放課後、
帰宅しようかと思ったがどうせ家では
勉強がはかどらないことは
目に見えていたのでまた図書室に行くことにした。

図書室は7時位まで開放されているのだが
放課後なので誰も居なかった。

10分位勉強してると図書室の先生が
私用で今日はもう帰らなければならないと言い出したので
俺も帰ろうと思ったが帰る際電気を消して
残ってる他の先生に報告してくれれば
いいとのことなのでそのまま居座ることにした。

それから5分も経たぬ内に
図書室のドアが開いて美奈が入ってきた

「あーやっぱりいたー」

「あれ、美奈じゃん帰ってなかったのかよ」

「教室で友達と喋ってたんだけど
みんなバイトとかで帰っちゃってさ。
それでもしかしたらAがいるかなーと思って来てみたw」

「なんだよー邪魔しに来たのかよw」

「邪魔って失礼な、勉強おしえてあげようか?w」

「アルファベットを全部いえない奴に
習うことはないw」

「う゛~」

そんなこんなでまた話が
弾み勉強どころではなくなっていった。

色んな話をしたが途中で話題はエロい方にも。

「高3なのにまだ童貞だぜwやベーw誰か紹介しろよw」

「何言ってんの、欲求不満丸出しじゃんw」

「男なんてそんなもんよ」

そんな話をしている途中で
俺はある重大なことに気付いた。

美奈の水色のブラジャーがブラウスの
ボタンとボタンの隙間から
チラ見えているのだ

ここで半勃起

思い切ってここで俺は

「てかさ、お前ブラ見えてんだけどw
気になるっつーの」

「ちょっとー見ないでよーw
てか小さいから見ても得ないよ?」

「いや!お前は解ってない!
お前は男が皆巨乳好きだと
勘違いしている女の典型だな!
人によって大きさ、形等々好みのおっぱいがあるのだ!
ちなみに俺はBかC位が好みだな」

とおっぱいについてキモ熱く語ると

「えー!?そうなの?
大きいほうがいいと思ってた
てか俺の好みってw訊いてないし」

「で、美奈は何カップなのよ?」

「えーんーとねB…かな?でもブラはC!」

ここで全勃起

「それはまた僕の理想に
ピッタンコじゃないですか美奈さん」

「てかAってこんなにエロかったっけ?」

「俺はエロいぞw
てか最近受験勉強ばっかでさぁ」

「溜まってんの?w」

「そう!」

「そっかぁ…じゃちょっとだけサービスしてあげる」

そう言うと美奈はブラウスのボタン上3つを
開けてブラを一瞬だけ見せてくれた。

ここで我慢汁ダラダラw

俺は驚きながらも

「えー!超一瞬じゃん全然見えなかったよ」

と言うと、美奈は

「しょうがないなぁ、じゃあもうちょっとだけね」

と言い今度は結構長い間
ブラウスの中を見せてくれた。

「やべー美奈のせいで超勃ってきたんですけど」

「ちょっとー本当に欲求不満なんじゃん」

「なぁ、ちょっと触らしてよ?」



「言うと思ったwいいけどあんま強くしないでね」

そして俺は美奈のおっぱいをブラの上から揉みまくった。

初めて触るおっぱいの柔らかい感触に感動しつつ、
途中で欲が出てきて

「なぁ、生で触らして?」

と言うと、

「もうwA止まんないじゃん
てかここはマズくない?
人来るかも知れないし」

そこで俺達は場所を代えることにした。

と言っても図書室の今まで座っていた席から
一番奥の本棚の死角に移動しただけだ。

完全勃起しているため
移動しづらそうにしてるのを見られて笑われたw

そしてついに美奈のおっぱいと
ご対面することとなった。

水色の可愛いブラを上にずらすと
綺麗なお椀型で形の整った文句のつけようがない

おっぱいが現われた。

「あんま見ないでよ、恥ずいし」

「わりぃ超綺麗だから見とれちまった」

「ホント?なんかチョット嬉しいかも」

「触ってもいい?」

「うん…」

俺はもう夢中で触りまくった。

そのあと5分位触り続けていた。

「まだ満足しないの?w」

「一生触ってたいね」

「もうーしょうがないなぁ、
それそのままじゃ収まりつかないでしょ?
手でいいならしてあげるよ」

「マジで?」

恥ずかしかったがもちろん
性欲が勝り俺はズボンとパンツを膝まで下ろし
勃起したチンコを美奈の前に出した。

「なんか凄い出てるんですけどーw」

「美奈のせいだってw」

そしてついに美奈はチンコを手コキ始めた。

我慢汁が大量についているため
しごく度にクチュクチュという音とともに激しい快感が走った。

美奈の手コキは童貞の俺には
最高に気持ちよかった。

「はぁ、やべぇ美奈…気持ちよすぎ」

「あはッwA気持いいんだぁ?」

「美奈上手すぎだよ」

そう言って再び俺は美奈のおっぱいに
手を伸ばし両手でおっぱいを揉みながらしてもらった。

「液が凄いよーどんどん出てくる」

そう言って美奈がしごくスピードを速めてきた。

「ちょ、そんなに激しくしたらやばいって」

「やばいって?もう出ちゃう?」

「うん、そろそろ出るかも」

そして美奈は

「じゃあもうちょっとだけサービスしてあげるね」

と言い、舌を出して亀頭をレロレロ舐めて、
亀頭責め&手コキで激しくしごいてくれた。

その最高のサービスに俺はもう我慢できずに、
「美奈、もうそろそろイキそう」

と射精が近いのを美奈に告げた。

「いいよ出して」

「え?どこに出すの?」

「えーと…じゃあお口に出させてあげる」

この言葉に俺はさらに興奮が高まった。

美奈の口が亀頭を包み込み舌で
レロレロしながら先ほどにも増して
大きいジュポジュポという音を立てながら激しくしごいてきた。

「マジやばい…イキそう…あぁ美奈イクよ!」

そう言うと美奈はウインクして
了承の合図を送ってきた。

その瞬間俺は美奈の口内に溜まりに
溜まった精液をドクドクと流し込み、
美奈は精液を最後の一滴まで搾り取るように
すべて口で受け止めると

「チュポンッ」

という音を立ててチンコから口を離した。

すると美奈は「んん~」
といいながらバッグを指さした。

すぐにティッシュだとわかったので
持ってきてあげると口から精液を吐き出した。

「A出しすぎだよー
そうとう溜まってたんじゃん?気持ちよかった?」

「おう、最高によかった!
てか気持ちよすぎ!」

それから乱れた服を直しその日はそのまま帰りました。

冬なってからに美奈に大学生の彼氏が
出来たため本番まではできませんでしたが、
卒業までの半年間よく学校や公園などでペッティング、
手コキ、フェラなどしてもらいました

俺の大学受験を支えてくれたのは
美奈でした。

このチョイギャル入ったJKの美奈が
俺の性処理をしてくれて、
まさに女神のような存在だった