オヤジが妹と風呂場でセックスしてんのを目撃しちまったwww


俺は高2の時、

夏から秋の季節の変わり目でした。

いつものように学校に行ったのですがだるくて、

サボって帰ってきました。

すると、親父の車が止まっていました。

親父は、その日は非番だったようです。

バレルといつものように口うるさく

怒られるので物音を立てないように

そっと玄関を開け家の中に入って行きました。

するとちょうど風呂に入っていたみたい

で安心して自分の部屋に行こうとし ました。

でも玄関には妹の靴があったんです。

学校のはずなのに?

て思いました。

そのとき俺は衝撃の事実を知ってしまったんです。

なんと親父と妹が一緒に風呂に入っていました。

妹、華(はな)はjcのくせして発育がよく明らかに大人の体つき。

しかも巨乳で大きなおっぱいフェロモンむんむんのjcでいわゆるフェロ中。

そこらの高校生よりも色気がある。

そんな妹と親父が密室に。

中で行われる事なんてひとつしかありません。

俺は信じられなかったけど物音立てないように盗み聞きしました。

「もっと上のほうも頼むよ」

「どう?気持ちいい?」

「あぁぁぁ」

音から想像するとどうやら親父のちんぽを胸で挟みパイズリしているようでした。

「くちゅくちゅくちゅくちゅ」

と泡立つ音が響いていました。

「ちゅっくちゅっ」

多分キスの音でしょう。

「今度は俺が洗ってやるぞ」

そう言うと、ザーーっとシャワーの音がし始めました。

「もっと大きく開いてごらん」

「くちゅくちゅくちゅくちゅ」

「あぁぁん気持ちいい」

親父が自分の娘のまんこにシャワーを当てて洗ってやってるみたいでした。

あまりにも衝撃的過ぎて目の前がくらくらしていると親父と妹が風呂から上がりました。

バレルと思いとっさに隣の部屋に隠れました。

親父と妹はお互いの体を拭くとそのまま親父の部屋に入っていきました。

まだ信じられない気持ちを持ちながら、親父の部屋は1階なので急いで庭に出てカーテンの隙間から続きを覗きました。

ベッドの上に横たわる妹。

上から覆いかぶさる親父。

親父は職業柄ガタイが物凄くいい。

筋肉ムキムキで身長も185cm近くある。

それに比べ、妹は巨乳のくせして身長は155cm程度しかない。

見るからに大男と少女だった。

2人はベッドの上で思い切り舌を絡ませながらディープキスをしていた。

妹の腕は親父の首にまかれ、夢中で激しいキスをしていた。

その間も親父のごつい指が妹のアソコを攻め、お互い舌を突き出して吸い合っていた。

「くちゅぐちゅっ

「ああぁぁんあっっ」

唇の間から、妹の喘ぎが漏れていた。

「ちゅっちゅっちゅっ」

やがて親父はだんだん下にさがってきて乳を揉みまくり、乳首を吸って舐めて噛んでいた。

「あんっっパパっあっっ」

それだけの攻めで妹は感じまくっていた。

親父はひょいっと小柄な妹の下半身を抱えるとマングリ返しの格好にした。

マンコはもろ見えだ。

あんなに発育が良い体つきのくせに陰毛はほとんど分からないくらい薄い。

ぶっとい指にぐちゃぐちゃ攻められたマンコは淫汁にまみれてびしょびしょになって光っていた。

そこへ親父は無言で尖らせた舌でクリを突付き、妹の淫汁をじゅるじゅる美味そうに吸っていた。

「じゅるっじゅるっじゅる

「いくっっパパっんっぁっだめっっっいくーーーんっ!!」

思い切り親父に舐められた妹は体を弓なりに仰け反らせあっけなくいってしまった。

「今度は膝をつけ」

休ませることなく親父は娘を四つんばいにさせ、尻の肉を大きく左右に広げあの部分は丸見えだった。

ぴちゃぴちゃ

「嫌っっダメっパパ、そんなとこ汚いよぉう」

「気持ちいいんだろう?もっとヨガリ声出せよ。

ホラっ」

親父はアナルもぐちゃぐちゃ舐め廻し、その間もゴツイ指2本が壊れるんじゃないかってくらいにマンコをぐちょぐちょに掻き回していた。

妹のマンコからは淫汁が大量に溢れとろとろとたれ流れていた。

思う存分jcの娘の体を堪能した親父に、今度は妹が奉仕した。

ベッドのサイドテーブルの引き出しからローションを取り出すとたわわな胸の谷間に塗りたくり、親父のちんぽにとろとろ垂らし始めた。

親父のちんぽは半勃ちの状態でもでかいのに、本勃起の状態になると20cmはあろうか、目を疑う大きさだった。

「やっぱりローションの方が石鹸より気持ちいい?」

ぬちゃっぬちゃっ妹は巨大な親父のちんぽをゆっくり挟み扱きあげ、乳に挟まれても余裕ではみ出した先っぽを唇で吸っていた。

亀頭を乳首に擦りつけ愛しそうにぬるぬるちんぽを扱いていた。

すると妹はたっぷりローションを口に含み始めた。

一瞬何をするんだ?っと思ったが、そのまま巨大な親父のちんぽを咥えはじめたのだ。

「じゅぽっじゅぽっじゅぽっ」

あまりにもちんぽがでかすぎて妹のあごが外れんばかりの迫力だった。

「華の口の中、すげえぬるぬるだぞ」

親父は感じまくり、一層ちんぽが膨れあがった。

妹の小さい口からはローションがつーっと糸をひきながたとろとろ溢れ垂れていた。

「もっといやらしく音を大きく立てて舐めてくれ」

じゅぽっじゅぽっじゅぽっよくもそこまで入ると思うくらい喉の奥深く迄咥え込んでいた。

睾丸も舐めまくり、蟻の門渡りを舐め上げると親父は

「うぉぉぉっっ!」

と腰をくねらせて感じまくり悶えていた。

「じゅぷじゅぷ」

妹のしゃぶるスピードが上がり始めると親父は妹の頭を抑え、夢中で口まんこにちんぽを突き刺し腰をふっていた

「ダメだっっっっ!」

絶頂の快感を迎えようとしていた親父は寸前でちんぽを引き抜いた。

「ぬらぁ~」

と口から糸を引いていて、青筋たてたちんぽは

「ビクンっビクンっビクンッ」

と脈うっていた。

再びベッドに横になった2人は激しくディープキスをしていた。

「あぁんっっ」

その間にも妹は親父のちんぽを自ら手に取り亀頭をクリトリスにこすり付け悶えていた。

親父は娘を、娘は親父を丹念に喜ばせあった後、遂に来るときが来た。

バックの体勢をとった妹は尻を高く突き上げぐちょぐちょに濡れ濡れのまんこは正面を向いていた。

「ねぇ~ん…パパのおちんちん早くちょうだい。

もうダメ。

早く華にに入れて~ん。

人差し指と中指でまんこを大きくパックリ開け親父の巨大にそそり立ったちんぽをせがんでいた。

淫汁をとろとろ垂れ流しながら実の父親にSEXを催促するその姿は本当に中学生か!?と思うほどありえないくらいエロイ姿だった。

すると親父はなぜかローションをまんこの中に大量に注ぎだした。

親父の愛撫でそれ以上無理なほど濡れまくっているのに。

よっぽどあのぬるぬる感が好きなんだろう。

「マジかよ!?避妊しねぇのかよっっ!?」

と思うが否や



「くちゅぅぅぅっっくちゅゅゅぅっぐちゅゅっっ…」

親父は入り口に亀頭をあてがいピンクの綺麗なぬるぬるのワレメに沿ってちんぽでなぞった。

そして次の瞬間

「ぐちゅゅゅゅぅぅぅぅっっ!!!!」

と一気に子宮の奥まで生ちんぽを突き刺した。

ありえないくらい物凄いエロさの挿入シーンだった。

中に注いだローションと淫汁が

「ぐしゅゅゅっっ!!」

と飛沫をあげまんこからどろどろと大量に糸をひき垂れ流れていた。

「いやーーーんぁっパパっっスゴイっっっーー!!」

妹は感じすぎで膝をがくがくさせながら悶えまくっていた。

「ぐちゅゅゅゅっぐちゅゅゅゅっっぐちゅゅぅぅっ…」

とちんぽが出入りするたびにローションが泡だち糸を引きながら、信じられないくらいエロイ音を立てていた。

「ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ」

「ぱんっぱんっぱんっぱんっ」

と淫音と親父の腰が妹の尻にぶつかりあう音が部屋中に響いていた。

妹の腰を力いっぱい引き寄せ夢中でちんぽを突き刺す親父はまさに獣だった。

獣と少女のSEX。

しかも実の父親と娘のエロすぎるSEX。

俺はどうにかなりそうなほど興奮しまくって覗いていた。

親父は相変わらずバックから突き立て乳を揉みまくり、ピンクの勃起したかわいい乳首をコリコリつまんでいた。

「あんっあん」

「にゅちゃっにゅちゃっ」

しばらくの間バックで交わった後、挿入したまま体勢をぐるっと回し対面座位へ。

まんこに巨大ちんぽが突き刺さったままの体勢変化は圧巻のシーンだった。

お互いの舌を吸い合いディープキスをし乳首をべろんっと舐めまくりながら、力いっぱい下からピストンし続けていた。

「あんっあんっ」

感じまくる妹、

「あっあっあっうっあっ…」

親父も相当感じているみたいであった。

まだ中学生のきつきつまんこだからそりゃ締め付けられて無理もないと思った。

そのまま親父は寝そべり、騎乗位。

俺の方からは見えなかったが、M字開脚のポーズで跨り自ら実の父親のちんぽを自分のあそこに突き立てている構図のエロさは想像以上だと思う。

そしてまた引き抜くことなく挿入たまま体勢をかえ背面座位へ。

今度は陰毛のほとんど生えていないピンクの初々しいまんこに巨大な青筋をたてたどす黒いちんぽが出入りしている物凄い場面を目の当たりにすることができた。

親父はピストンを休めることなく、それに加えクリトリスに手を伸ばし弄くっていた。

「ダメーーっっんっっ!!パパいっちゃうよーーーーんっっんっ!!」

「じゅぽっじゅぽっじゅぽっじゅぽっじゅぽっ」

まんこの中から垂れ流れたローションと淫汁が親父のちんぽをつたい濡らしていた。

ぬらぬら黒光りするちんぽは益々卑猥で、一層大きくみえた。

「ああぁぁぁっああぁぁっっっ…物凄いしまりだぞっっ!!!もっと締め付けてくれっっ!!」

「ぐちゅゅぅ…」

ちんぽの先まで引き抜き再び奥まで一気に突き立てる。

カリに引っかかれた小陰茎がビラビラしているところまで見えた。

休むことなく引き続き次の体勢へ。

2人とも横になり横差しの体勢でガンガン挿入しまくっていた。

「おおっっっ!!」

一心不乱に娘に突き刺す姿はもはや野獣以外には見えなかった。

そして娘も娘で感じまくって大きなヨガリ声を上げて悶えている。

「にゅちゅぅぅぅっぐちゅぅぅぅっぐちゅぅぅぅっぴちゃゃぁぁっ…」

更にあらわになった結合部にローションと2人の淫汁が絡み付いて糸をひきくちゃくちゃエロすぎる音を延々と立てていた。

「ぬるぅぅっ」

と親父がちんぽを引き抜くと、亀頭から妹の汁と親父の汁が混ざった白濁した液がドロ~っと雫を引いて垂れていた。

ぬらぬらと黒光りして糸を引いているちんぽは力を更に漲らせた感じでゆっさゆっさと揺れていた。

妹のまんこはひくひくと動いていた。

そして正常位の姿勢になると再びぐいっと引き寄せマングリ返しの格好にした。

「ぐちょぉぉっっ!!」

と躊躇う事無く娘のまんこに突き刺した親父は更に腰を持ち上げ

「どうだ?お父さんのデカイちんぽが華のぐちょぐちょのまんこにたくさん入ってるのが見えるか?うんっ?どうだ、気持ちいいか?華のぐちょぐちょまんこは気持ちいいぞっっ。

ほら、糸引いてるのが見えるか?いやらしいまんこだぞ。

親父はめちゃエロイポーズにさせてローションと淫汁が交じり絡みついた結合部をあらわに見せつけ娘を辱めていた。

「んんっっだめぇ~気持ちいい」

「ぐちゅっぐちゅっ」

お互いの舌と唾液を求め合い濃厚なディープキスをしながら親父は尚一層激しく腰を打ちつけ夢中でちんぽを出し入れしていた。

「ああっっっ!!」

「ぱんっぱんっぱんっぱんっぱんっ」

「ギシギシッ」

次第に腰だけの超高速ピストンになりベッドが大きくきしみだした。

パパーーダメっっもういっちゃうよ」

「ぐちょっぐちょっにゅちょっっっ…」

「はっはっいくぞっっっいくっっっダメだっっ!!口空けろ!!」

「ぬぽんっっ」

「ああ!」

どぴゅゅっっっどぴゅゅっいく寸前にまんこから引き抜いた親父はちんぽを娘の顔にもっていき、開けさせた口の中に大量の白濁したザーメンを注ぎ込んだ。

物凄い射精で、すさまじい量のザーメンが噴出していた。

顔中親父のザーメンまみれになった妹は昇天し恍惚の表情を浮かべながら舌を伸ばし精液をすくって舐めとっていた。

亀頭からまだ少しトロトロとザーメンが垂れている親父のちんぽを妹は自ら美味しそうにぺろぺろちゅぱちゅぱと舐めていた。

あれほどの長時間のSEXで物凄い射精をしたにもかかわらずちんぽは相変わらず青筋を浮かべ脈打ち、淫汁とザーメンでぬらぬら黒光りしていた。

濃厚なキスを始め2人でいちゃいちゃし始めたのを見て、俺は本当に2人が好きで愛し合ってるんだってのを感じた。

母親は10年くらい前に男を作って逃げた。

あまりにも親父が仕事ばかりで家庭をかえりみなかったせいで。

そして、いつの間にか実の娘と関係を持ち潤いを感じてきていたんだと思う。

正直いつから親父と妹がこんな関係になっていたのか全然気づかなかった。

親父はいつも風呂上りにビキニ一枚でうろうろしている。

それに妹が男を感じ始めたのかもしれない。

実際、このSEXで積極的に腰を振り押し付けていたのは妹だった。

そしてSEXの快感を覚え、フェロモンむんむんさせ色気づいてきたのかも。

俺は今の実の親子の信じられないくらいのエロSEXを見て外で3回もヌイてしまっていた。

世間から見ても普通の父娘。

だれもあんなすさまじいエロSEXをしている仲だとは思うわけがない。

こんなSEXを見せ付けられたんじゃそんじゃそこらのAVなんかでは物足りなくなってしまった。

かといって俺は全然妹に性的感情は抱けない。

いつまでも知らないフリをし続けて覗き見て楽しもうとおもっている。